¥ 1,404
通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あさになったのでまどをあけますよ がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

あさになったのでまどをあけますよ 単行本 – 2011/12/2

5つ星のうち 4.8 33件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011/12/2
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,023

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あさになったのでまどをあけますよ
  • +
  • きょうはそらにまるいつき
  • +
  • はっぴぃさん
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 132pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「あさになったので まどをあけますよ」「やまは やっぱり そこにいて きは やっぱり ここにいる だから ぼくは ここがすき」

山間のちいさな村や、たくさんの人々と車が行き交うにぎやかな街、色とりどりの植物が生い茂る土地。それぞれの場所で、朝をむかえた子どもたちが、あたらしい一日のはじまりに窓をあけます。

朝、めざめて窓をあける、という何気ない日常と、窓の外に広がるあたりまえの風景。けれども、その日常のくりかえしの中にこそ、生きるよろこび、そしてたしかな希望があることを、そっと気づかせてくれる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

なにげない日々のくりかえし、そのなかにこそあるたしかな希望、生きることのよろこび、きみのまちははれてるかな。大気にみなぎる光と気配、風景の力を描く荒井良二のあらたな傑作。3歳から。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 32ページ
  • 出版社: 偕成社 (2011/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4032323801
  • ISBN-13: 978-4032323801
  • 発売日: 2011/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 28.8 x 21.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,879位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/1
朝窓を開ける風景が並んでいるだけであるが、その風景が何とも美しい絵本。
子供にたくさんの絵本を読み聞かせしているため、詳細な内容は忘れてもこの絵本の画の美しさは印象に残る。
このため、寝る前に子供に読み聞かせをすると、明日の朝が待ち遠しくなるような気持ちにさせられる。
こうした「美しい絵本」は子供にたくさん読んであげたいものだ。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
誰の参考にもならない超個人的なレビューです。
レビューでもないですが。
とにかく今日この本を偶然見つけて、そして泣いてしまいました。
特に何も期待していなかったのですが、
パラリパラリとページをめくっていきながら、なぜかガツンとやられました。
知らないはずなのに何故か強烈に覚えている風景が描いてあって、
行ったこともないのにどうしようもなくそこに帰りたくなりました。

荒井良二さんの名前は耳にしたことがあるものの、
今まで絵を見かけたりしても取り立てて足を止めて見入ったりすることもなかったんですが、
今日この本を見ただけで、荒井さんに「この本を描いてくれてありがとうございます」と伝えたくなりました。

私自身の子供にはまだ読んでいませんが、
私の子供にも毎日こんな美しい朝がきますようにと思いました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mintjam トップ500レビュアー 投稿日 2011/12/18
Amazonで購入
最近かわってきましたね、荒井さんの作風が。いままでだったらタイトルが
「ぼくのアーサー」とかになって、アーサー君という笑顔の太陽が
全国各地にやってくる。というような展開を妄想しちゃうんだけど、
もうそうはならないんだろうな。

「空の絵本」でもそうだったけど、空想で矯正された自分眼鏡をはずして、
裸眼で生の世界と向かい合っている感じを受けます。でも心の立ち位置は
いままでと変わらず、より太く大きなものになっている。
とかなんとか素人の立場で偉そうに書いてますが、要するに言いたいのは
素直にいいなあってこと。

朝っていいな。晴れてるっていいな。雨でもいいな。
ここに居られるっていいな。今を生きてるっていいな。
と素直に思えることがいいな。なんて世界をみせてくれる絵本です。

「スースーとネルネル」の後によむと、より劇的な変化を味わえます。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「あさになったのでまどをあけますよ  」
風景のなかによく見ると
小さな家の窓に子供が描かれています。

次のページでその子供の窓から見た朝の風景が
「やまはやっぱりそこにいて きはやっぱりここにいる
だから ぼくはここがすき」

そしてまた次のページでは別の風景の中に次の子供が
あさになったのでまどをあけますよ と窓からの風景が広がります。

とても穏やかで そしてこれから小さな瞳に映る世界のワクワク感も
合わせて絵本から伝わって来ます
ああ荒井さん、あなたはこんなにすてきな絵を描く人だったのですね
絵に惹き込まれると同時にちょっと泣けてきてしまうかも知れません
特に災害、地震や水害、津波などを経験してしまった方、
親しい人を亡くしてしまった方、辛い毎日を送っている方
そんな大人の読み手には、この絵本は特に効いてきます

美しく世界を肯定すること。
何があっても世界は毎朝更新され、残酷なまでに静かで美しい
あなたも ここがすきと言わなければいけない
辛くても幸せでもここで生きて暮らしていくんだ
そんなメッセージが本のむこうの神様から荒井さんの手を通じて<
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「はじまりの日」「せかいでいちばんつよいくに」「あさになったので
まどをあけますよ」の三冊で、中学三年生の朝の読み聞かせで読んで
きました。

2011年、東北での震災の年に出版されたこの本、ふるさとを想う気持ち
が、言葉にも、絵にも、強く出ています。「毎日がだれかの誕生日」である
ように、地球上のすべての場所がだれかのふるさとであるのだと、伝えて
くれる本です。

進学、人間関係と、もやもやする年代の中学生に「開けない夜はないよ」
との応援の気持ちもこめて読みました。

私にとっても、とても大切な一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す