中古品:
¥973
無料配送: 6月20日 - 22日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 ショップ高田
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ★中古のため、やや使用感はありますが、概ね状態は良いです★破れ書き込みは無く通読に問題ございません★ご注文いただいた翌日にゆうメールで発送致します(ポスト投函、追跡番号無し、日曜祝日お届け無し、北海道からの発送であることと、稀に郵便局側の配送遅延によりお届けまで1週間程かかる場合がございますのでお届け予定日は目安としてお考え下さい)★帯、付録、特典等の付属品につきましては記載がない限り付属しておりません★プロダクトコード付きの場合は使用済みとお考え下さい★品薄、絶版の商品については定価より高値の場合がありますことをご了承下さい★万が一説明と全然違う状態や別の商品が配送された場合は交換、返金対応させていただきます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


あさこ40歳。~私、生きてる!~ 単行本(ソフトカバー) – 2010/6/11

5つ星のうち3.7 8個の評価

価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥973
¥623
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いとうあさこ40歳にして処女作。「19歳で家出」「1200万円貢ぎ伝説」「無人島生活」などネタではなく本音で綴った初の自伝本。

著者について

いとう あさこ
1970年6月10日生まれ。東京都出身。「浅倉南、39歳!」のネタでブレイク。20代では男に貢ぎ、30代は「若手」芸人として下積みの日々。それでも明るく生きている彼女は、アラサー&アラフォー女性に勇気を与え続ける。マセキ芸能社所属。公式ブログ「チルチルミチルチル」http://ameblo.jp/ito-asako/

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 講談社 (2010/6/11)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2010/6/11
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 164ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4062163594
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4062163590
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 8個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
8 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年8月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2014年2月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年5月7日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年6月12日に日本でレビュー済み
殿堂入りベスト500レビュアーVINEメンバー
2010年6月14日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 イライラから(骨が)ギシギシへ?! ムキタマゴのようなあさこ様、新たなる旅立ち!
ユーザー名: EXPO'70、日付: 2010年6月14日
『ザ・イロモネア』において、「タッちゃん、南を病院に連れてって!!!」で100万円ゲットしたあの時。40歳記念ロンハーどっきり企画での、酔った時のどこか愛嬌ある姿。そして『ショーバト!』で披露した、小林明子「恋におちて -Fall in Love-」のピアノ弾き語り(ただしその歌声は、ちょっと酒焼け気味)……。
もちろん一視聴者として見てきただけではあるが、いとうあさこという女性は、オレのハートをすっかりわしづかみにしてしまっている。
どこがどう魅力的だとか、うまく説明はできないけれど、何故か目が離せない。
本書は、そんな彼女の処女作で、ネタ本ではなく自伝的な一冊。
40歳の誕生日発売を目標に、かなりの突貫作業で制作されたようだ。
大阪万博の年に生まれ、『8時だョ!全員集合』の観覧に何度も出かけたという子供時代のことから、今に至るまでの激動の半生を、真摯な姿勢で振り返ってくれている。
ラジオ出演などの際、“夜のお話”などをかなりぶっちゃけて語っておられるが、そのあたりの生々しい描写はなく、表紙のイメージそのままに、お子さんが読んでも大丈夫な内容となっており、そこはガッカリしたような安心したような、ちょっと複雑な気分(その辺の“ぶっちゃけ”要素は、飲み仲間である大久保さんとの対談のページにおいて、かなり補完されている)。
活字が国語の教科書のように大きく、新書に毛が生えた程度のボリュームのため、読書慣れしていない人でもそれほど時間をかけずに読み終えることができるはず。ただ、それは逆に言うとコストパフォーマンスがあまり高くない、ということでもあって、いかにムキタマゴのような奇跡の40歳・あさこ様の処女作とはいえ、☆は4つとせざるを得なかった。
なお、『全員集合』の会場で写したものなど、写真を多数掲載。4ページあるカラー口絵もキュートでいい。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年1月15日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告