中古品の出品:7¥ 4,928より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

あこがれ・大人は判ってくれない〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選1〕 [DVD]

5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 4,928より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ベルナデット・ラフォン, ジェラール・ブラン, ジャン=ピエール・レオー, パトリック・オーフェー
  • 監督: フランソワ・トリュフォー
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日本ヘラルド映画(PCH)
  • 発売日 2004/12/15
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006B9ZLI
  • JAN: 4988132698387
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 130,013位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

フランスを代表する映画監督、フランソワ・トリュフォーが残した珠玉のラブストーリー。大人の女性に憧れる少年達と、彼女の悲しい恋のゆくえを描いた「あこがれ」と両親の愛を知らない少年の悲しみと不安を描いた「大人は判ってくれない」の2作品を収録。

レビュー

監督・原案・脚本・台詞: フランソワ・トリュフォー 原作: モーリス・ポンス 撮影: ジャン・マリージュ/アンリ・ドカ 音楽: モーリス・ル・ルー/ジャン・コンスタンタン 出演: ベルナデット・ラフォン/ジェラール・ブラン/ジャン=ピエール・レオー/パトリック・オーフェー/アルベール・レミー/クレール・モーリエ/ギー・ドコンブル/ジョルジュ・フラマン
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 トノキングヘッズ VINE メンバー 投稿日 2007/7/22
アントワール・ドワネルものとして最初の作品であり、トリュフォーがリベラルな批評家から映画作家としての地位を確立した作品。
詩人で、「オルフェ」などの映画の傑作もあるジャン・コクトーも絶賛した。

アントワール・ドワネルはトリュフオーの分身ともいわれた登場人物で、まさにこの作品から、この人物像は青年期、そしてその後の人生を、トリュフォー映画の観客も、その映画の中で共にたどる事になる。
演じているジャン=ピエール=レオーの人生さえもオーバーラップさせ、巻き込んだこのような関係はめずらしい。
フェデリコ・フェリーニにとってはマルチェロ・マストロヤンニが思い浮かぶが、トリュフォーとレオーの関係は不思議な親子関係にも似て、レオーなしにはトリュフォーがこの自伝的な作品を撮り続ける必然性は生まれなかったかもしれない。

この映画でデビューしたレオーは、ぼくにも深く感情移入のできる稀なフランス俳優で、この映画での彼は、そのマスクといい、また特に演技指導から生まれて来たわけではないのだろうと思える、陰影のあるその表情は、映画を観た人の心に永くとどまる。
多くの男性にとっても、そんな普遍的な少年像としての原点、元型でもあるのではないだろうか。

この映画で少年の置かれている環境は、現在の日本の家庭崩壊と
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
フランス、そして世界を代表する映画監督フランソワ・トリュフォーの長編デビュー作であるこの映画は、「亡きアンドレ・バザンの思い出に」という献辞ではじまる。アンドレ・バザンという人は映画評論家であり、問題児だったトリュフォーを映画の場所に導いた人生の師であり、トリュフォーはのちに彼を「精神的父親」と呼んだ。大人に見放されて育ったトリュフォー少年が出会った、人生ではじめて心から信頼して尊敬できる大人、それがアンドレ・バザンである。しかし本作がクランクインをむかえた当日、悲運にもバザンは亡くなってしまったのである。バザンがいなければ、間違いなく映画監督トリュフォーはこの世にいなかっただろう。

この映画は『大人は判ってくれない』という邦題があてられているが、子供の気持ちを判って欲しい、というような主張は私にはほとんど感じられない。もちろんこの映画はトリュフォー自身の不遇の少年時代をモデルにしたものであるから、作者の意図を汲み取るのは比較的簡単なことだろうと思う。しかし、この作品から大人に対する怒りや憎悪という感情が果たして読み取れるだろうか?トリュフォーはおそらく個人的な感情だけで映画を撮ることを嫌っただろう。アントワーヌ役のジャン=ピエール・レオーに幼い日の自身を重ねたかもしれないが、なによりも映画を撮る喜びを一番に見出していたはずである。トリュフォーが子供に向ける眼
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
~受験が終わった大学1年の春に、札幌の古い映画館でリバイバル上映されてたのを、暇つぶしに観た映画だった。
本当の映画を初めて観た気がした。今まで観てた映画は、一体何なんだったのかと。
その日に3回も続けて見た。
ビデオも買ったし、DVDも買った。もう4、50回くらいは観てる。
決してストーリーがいいとか、社会的価値があるとか、制作者の主張~~が正しいとか、俳優が好きなのでは決してない。
映画だけがもちあわせている「スピリッツ」のようなものが、この映画にはある気がする。
言葉で表せば、「素敵」としか言えなくて、チープになるけど。
この映画を観たことあるなら、判ってくれると思う。
もし、まだ観たことないなら、一度は観て下さい。
つまらない映画100本観るよりはいいよ。
フ~~ランスの巨匠フランソワトリュフォーの処女作「あこがれ」と長編第一作目の作品「大人は判ってくれない」。
後の作品「野生の少年」「思春期」も少年が主役でストーリーこそ全く違うが、監督の子供に対する眼差しは、本当に暖かい。~
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
DVDの内容はデビュー作、短編(17分)『あこがれ』と長編第一作『大人は判ってくれない』のニ作品です。『大人は判ってくれない』には、すでに多くのレビューがありますので、短編『あこがれ』を中心に書きたいと思います。

トリュフォーの最初の作品は、短編『ある訪問』(1954年、撮影「ジャック・リヴェット」!!)ですが、トリュフォー自身はこれを習作とし、公にはしていません。したがって、その三年後1957年に制作された短編『あこがれ』(「ベルナデット・ラフォン」主演)が、本格処女作となります。

舞台は南仏の田舎町。降り注ぐ木漏れ日のなか、自転車で走るベルナデットの笑顔がはじけ、スカートが風にひるがえる、とても美しいオープニング。溌剌とした健康美あふれる、「べルナデット・ラフォン」は当時17歳。夫であった「ジェラール・ブラン」(恋人役)とともに出演しています。
少年たちはベルナデットにあこがれ、何かといたずらをしかけます。やがて季節は夏から秋へと移り、深い意味もなく書いた落書きが、彼らに苦い後悔の味を教えるラストシーンが待っています。(好奇心いっぱいな少年達の性の目覚めも!!!)

小品ながら原作小説の映画化というドラマ仕立て。後の『トリュフォーの思春期』をほうふつとさせる少年たちの自然な演技。また、コマ落とし、逆回転と
...続きを読む ›
4 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す