中古品
¥ 965
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あきらめない―脳梗塞からの挑戦 単行本 – 2004/9

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 966

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

脳梗塞という病魔から見事再起した西城秀樹、その「闘病」、「危機」、「家族」、「追憶」、「軌跡」、「教訓」彼の想いの全てをこの一冊に凝縮。秘蔵写真も満載でファンならずとも必読の書。

内容(「BOOK」データベースより)

厳しい闘病生活のなか絶望への歯止めになったのはいつも心に秘めてつぶやいていた、この言葉だった…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 270ページ
  • 出版社: リベロ (2004/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4576042092
  • ISBN-13: 978-4576042091
  • 発売日: 2004/09
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 379,956位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本のポピュラー歌手として確固たる地位を築き、他方で新しい家族を築く縁にも恵まれた著者に、突然降りかかってきた脳梗塞との闘い…。絶望から立ち上がってきた著者は、ひとりの、生身の人間として、その胸の内を素直に、克明に、温かくやさしい筆致で書きしるしています。また、闘病以降の経緯のみならず、自らのこれまで歩んできた道のりに関しての記述も。他者への思いやり・感謝の念、ストイックで真面目な側面がうかがえます。ひとの一生には限りがあるけれど、その一生を精一杯生きたい。困難に直面しながらも生きるすべてのひとに、手にしてほしい一冊です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 引きつけられるように一気に読んだ。感動で涙がこぼれた。だが、一度読み終わって、ハッと我に返った瞬間、何か複雑な想いが心をよぎった。何かが違う。何なのだろう? この気持ちは・・・ 私はそのあと、この本を開くことができずにいる。
 秀樹の歌への情熱、どん底から這い上がってきた努力と執念、そしてそれを支えたご家族たちの愛情・・・ どれもすごいと思った。些細なことで悩んでいる頭をブン殴られたような気持ちになる。そういう意味では、ぜひ多くの人に読んでほしいとも思う。
 もし、私が秀樹ファンではなく、もっと単純に読めた本だったら、普通に☆5つをつけられたかもしれない。だが、ファンとしては複雑だった。この本を書いた秀樹の気持ちを否定するつもりはないけれど、どうしてここまでさらけ出さなければならないの!? と思った。ここまで知りたくなかったし、(いくら正直なところであっても)聞きたくない言葉もあった。
 これは、同じ病気で悩んでる人のため? でも、こんなことは、秀樹がやらなきゃならないことじゃない。秀樹はこの病気の経験者である前に、歌手でありスターなのだ。もっと大切なことがある! 秀樹には、ただカッコいいロック界のスーパースターでいてほしい、永遠のヤングマンでいてほしいと思う心に、一抹の影がさしたようでもあった。それより、本当は、秀樹にはこんな闘病記など出版して欲し
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小学校時代から西城秀樹のファンだったので思わず買ってしまったのがこの本でした。

ご存知の様に秀樹は約3年前に脳梗塞で倒れました。この本はいわばその時の闘病記。ただ所詮は学歴(教養)ない一芸能人(スンマセン)の書いた物だけに文章の背景(時)が前後していて読みづらい部分もあれば、また家族の有難さは分かるが、それが必要な伏線で出てくるのならともかく、必要以上に出過ぎた為に闘病記としてのインパクトが少し欠けてしまった嫌いがある。

ただ、闘病記としてのインパクトは弱まってしまい、結果、脳梗塞と言う名の病の恐ろしさを伝えるには少し足りないが、幼少時代やデビュー当時のエピソードや写真も掲載されているので、秀樹を知るには結構楽しめる本ではある。

そう言う点においては秀樹ファンにはそれなりに楽しめる本であるが、秀樹に興味ない、もしくは脳梗塞と言う名の病について知りたいのであれば買わない方が無難かも?
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック