Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 280
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[冬城カナエ]のあかいくつはバレエに向かない 冬城カナエ短編集 (兎角堂)
Kindle App Ad

あかいくつはバレエに向かない 冬城カナエ短編集 (兎角堂) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 280

最大5%ポイントアップキャンペーンに事前登録しよう
2018/4/23 18時からのAmazonタイムセール祭りで、合計10,000円(税込)以上のお買物でポイントアップチャンス。タイムセール商品以外も対象に。(一部除く) 詳細を確認し、事前エントリーする

商品の説明

内容紹介

死んだヤクザの遺品は、きちんと包装されたバレエシューズ。彼はなぜそれを手に入れたのか、そして誰に渡すつもりだったのか──?

表題作「あかいくつはバレエに向かない」を含む6つの物語。
いがみ合う男女の淡い恋を描いた「海辺のみかん」や、大手流通会社社長の独白「遺言」。ハッカーとウィルスの奇妙な友情「1と0」。戯曲ゴドーを待ちながらに着想を得た「バスを待ちながら」そして「さがみ屋さんがいなくなった」は失踪した老婆を探すまちの物語。交錯する人と人との思いを描いた、切れ味鋭い短編集。

収録作品
あかいくつはバレエに向かない
海辺のみかん
バスを待ちながら
遺言
1と0
さがみ屋さんがいなくなった

著者略歴 (「公式サイト著者紹介情報」より)
1974年、埼玉県川口市生まれ。2003年よりWebサイト「しゃべるウサギ」で小説の公表を始める。Web上の各種文学コンテストや企画などで活動を続け、主に短編を得意としている。文章の特徴としては海外翻訳小説を彷彿とさせる、修飾の少ない簡潔な描写を好む。「人生、ケッコー楽しいんじゃない?」と思えるような小説を書くことがモットーで、ハードボイルドやノワールを好んで書くものの、エログロ控えめ、健全路線で創作活動を続けている。

公式サイト「しゃべるウサギ」
http://www.talkingrabbit.net/

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7991 KB
  • 紙の本の長さ: 97 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XD8PJ7R
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 260,917位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク