中古品
¥1
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


あえて英語公用語論 (文春新書) (日本語) 新書 – 2000/8/21

5つ星のうち3.6 8個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥1
¥1
お届け日: 12月5日 - 6日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

英語の専門家でもない私が、英語の本を書くことにしたのにはそれなりの訳があります。それは、英語を単に英語教育や英語行政の問題としてのみ捉えてはならない。それを、日本の世界との関係、少し大げさに言えば、日本の戦略の問題として考える必要がある、と思ったからです。しかし、その議論はまだまだ不十分です。なぜなら、英語論、英語公用語論は、なぜ提起されなければならないのか、またそれはどのような現状認識に基づき、どのような問題意識を踏まえたものなのか、を明確にしないまま議論が先行しているからだと思います。この本は、そうした議論の一助にしたいと考え、書いたものです。

登録情報

  • 発売日 : 2000/8/21
  • 新書 : 243ページ
  • ISBN-10 : 4166601229
  • ISBN-13 : 978-4166601226
  • 出版社 : 文藝春秋 (2000/8/21)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.6 8個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
星5つ中の3.6
8 件のグローバル評価
星5つ
20%
星4つ
20%
星3つ
60%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年6月3日に日本でレビュー済み
ベスト500レビュアー
2005年11月2日に日本でレビュー済み
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年1月24日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年5月6日に日本でレビュー済み
2003年2月2日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告