通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ご注文24時間受付中・迅速発送いたします( ^^) _旦~~★商品には、カバーに若干の傷や折れがある場合がありますが全体に比較的きれいで、本文ページにも書き込みや痛みがほぼなく、気持ちよく通読できる商品を全商品他店より安価で出品しております。商品コンディションや梱包、その他ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。折り返しご案内申し上げます。※尚、品質には十分に注意しておりますが万が一、説明外の不良があった場合は迅速に返金にて対応致しますので、ご評価前にご連絡いただけますようお願い申し上げます。創業36年の実績と親切・丁寧・安心の翔竹林書房を今後ともよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。 単行本 – 2014/1/10

5つ星のうち 3.3 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 43

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。
  • +
  • 定時帰宅。~「働きやすさ」を自分でつくる仕事術~
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【売れてます! 発売2週間で3刷決定! 】
「共感した」という読者の声も続々いただいております!

――「たかが仕事」でそんなに苦しむのは、アホらしいと思いませんか?――

「朝30分遅刻すると鬼のように怒られるのに、夜30分残業してもその残業代は払われない」(事務)
「給料がたくさんもらえれば、仕事のやりがいだって少しは感じられるかもしれない」(事務)
「『定時』はだいたい22時』(SE)
「就活中の学生には、業務時間内にメールを送るように指示されている」(営業)
「同僚が上司から『あいつはよく休む』と評価されていることを知り、自分はもう休めないと思った」(営業)
「ワークライフバランス否定派の先輩が、健康診断にひっかかって顔面蒼白になっていた」(SE)
「OG訪問をしたら、先輩女性社員の肌の荒れ方にびっくりした」(大学生)
「学生時代はほとんど勉強しなかった友人が、就職するなり『早く成長したい』とか言い出して、心配になる』(事務)

みんな、「働くこと」に悩んでいます。
「やりがい」って、そんなに必要なのでしょうか?
「お金のために働く」って割り切ることは、そんなに悪いことなのでしょうか?

本書では、大人気ブログ「脱社畜ブログ」の管理人が、みんなが心の中では「おかしい」と感じている
働き方をぶった切り、日本人にかけられた「社畜」の呪いを解消します。
「働くこと」に悩んでいるビジネスパーソンはもちろん、就活中の学生にもおすすめです。

内容(「BOOK」データベースより)

「たかが仕事」に、殺されたくない。これがぼくらの「脱社畜」戦争。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 167ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2014/1/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492223347
  • ISBN-13: 978-4492223345
  • 発売日: 2014/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 100,621位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本の正しい使い方はデスクにさりげなく置いておくことです。
うまくすれば残業代がもらえるようになります。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 他のレビューを書かれた方とは違って、私はブログは見ていないので、内容がどのくらい重複しているかは分かりません。また、「書き下ろし」かどうかという部分にもこだわりません。少しずらして考えれば、書籍化は、私のようにブログは見ない人間にも筆者の主張を伝える機会となったというべきかもしれず、その意味で肯定的に捉えることもできるでしょう。

 ただし、内容に関しては、他のレビューにもあるように、大変に軽く、日本の労働慣習が「宗教的な価値」をまとった「やりがい信仰」によってその非人間的な劣悪さを維持していると批判しているだけのもので、「ブラック企業」に関する幾多の書物にやがて埋もれていくしかないように思われます。

 左ページの上に載っている短いエピソード(?)には思わず笑ってしまうものも多く楽しいのですが、それがやがてそういった環境への新たな理解を生み出すところまで行かないので、面白いだけで終わってしまいます。
 
 十代後半の高校生や大学生に薦めるなら、もっと直接に日本の労働環境を論じた本と組み合わせて、「こういう批判もあるよ」と何冊かの一冊に滑りこますかどうか(この程度の内容なら、例えば谷本真由美『キャリアポルノは人生の無駄だ』(朝日新書)の後半部の方が力強いとは思うが)を考え、一方で山内太地『就活下克上』(幻冬舎新書)の誠実
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
面白いタイトルと軽いノリのイラストが目に留まり、読んでみた。

文章は読みやすい。図・表・挿絵も適切。スラスラ読めるし理解もできる。
一章は今の日本の雇用環境を異常を訴える内容。至極正論…だが
この手の話題に興味ある人なら既知のものばかりだろう。
二・三章はその異常な雇用環境を「社畜」に絞って説いている。
私個人は「社畜」なんてネットでたまに揶揄として見るくらいだが
そんな「社畜」という言葉が「これでもか!」とばかりに出て来る。
まぁ、ここで言ってることも一理はあるという内容。悪くは無い。

さて問題は四章の「脱社畜」。
では社畜にならない為には?社畜の状態から抜け出すためには?
一番知りたい部分が完全に内容不足。パワーもトーンもダウン。
よくありそうな「こういうときはここへ相談」と労組・支援団体・NPOを
紹介ということもなく、ただひたすら労働者に社畜にならない為の心構えを説くだけ。
今まで散々雇用環境・社畜の異常性を説いておいて心構えだけで何とかなるとは
とても思えないのだが。
一番私がコケたのは「自分の労働市場価値を把握し、高めよう」の部分。
そんなの10年以上も前から散々聞いてるよ、と。
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
他のレビューにもあるが、本書の主張はすべて著者のブログで読める。
(一部は東洋経済オンラインの記事でも読める)
著者のブログは経験に基づく真実味と高い知性を感じる文章で、私は一度にファンになった。

それだけにブログの希釈再生産でしかない本書は残念だ。
紙媒体で読みたい人には良いかもしれないが、Kindle版は完全に意味がない。
読みやすい文体になっていることとページ隅のオマケ語録だけでは1,000円払う価値はない。
ブログが面白いだけに、楽して金を得るために手抜き本を作ったのではないかと、あざとさすら疑われる。

こういうあざとさが見えると、せっかくブログで築かれた好感も徐々になくなってしまう。
次は金を出す価値のある本を出して欲しい。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本を一読して思ったことは、本書には「購入して後悔した」と読者に思わせるであろう要素がいくつかあるということです。このレビューではその要素について説明することで、購入後に後悔する人を一人でも減らせればと思っています。

第一に、本書の内容の多くはネットで目にすることが出来ることが挙げられます。具体的には著者が管理する「脱社畜ブログ」、そして著者が東洋経済オンラインで行っている「あ、"やりがい"とかいらないんで、とりあえず残業代ください。」という連載の内容がほとんどそのまま本書に掲載されています(厳密に読めば細かい違いはあったりするのかもしれませんが、少なくとも"ほとんど同じである"ということは自信を持って言えます)。本書は約160ページほどの本ですが、その内約80ページ(全4章の内、第1章の大半・第2章の後半・第4章の半分強)くらいの中身は「脱社畜ブログ」・東洋経済オンラインの連載にて目にすることが出来ます。

著者は脱社畜ブログの「あ、"やりがい"とかいらないんで、とりあえず残業代ください。という本を書きました」という記事で「今回の本は完全書きおろしです」と言っているので、もしかするとこれを受けて「この本には、脱社畜ブログとはまた違った話がなされているのだろう」と思った方がいるかもしれません。しかし実際はそんなことはなく、ブログと本の内容が重
...続きを読む ›
3 コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック