通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
%E3%80%94%E5%AE%B6%E7%B4%8B%E3%81%A8%E5%AE%B6%E7%B3%BB%E3%80%95%E4%BA%8B%E5%85%B8+%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2+%28%E8%AC%9B... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に多少の擦れ汚れ感が見られますが、他は特に問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

〔家紋と家系〕事典 名前からわかる自分の歴史 (講談社+α文庫) 文庫 – 1995/11/15

5つ星のうち 3.4 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,490
¥ 1,490 ¥ 223
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 〔家紋と家系〕事典 名前からわかる自分の歴史 (講談社+α文庫)
  • +
  • 日本の家紋大事典
  • +
  • 日本の家紋大全
総額: ¥5,486
ポイントの合計: 121pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自分のルーツはどこから始まり、家はどんな歴史を辿ったのか? 3万ともいわれる膨大な家紋のなかから、500の基本形をすべて網羅し、さらにその変形820点をプラス。巻末には読み方付きで家紋と名前の索引を収録。すべて日本全国の墓所をめぐって採集した家紋研究の第1人者による便利なルーツ事典! ※本作品は1997年、東京新聞出版局から刊行された『楽しい家紋』を大幅に加筆し、改題したものです。

内容(「BOOK」データベースより)

家紋の基本形500点、変形820点を掲載し、それらの家紋と密接な関わりを持つ家系の歴史・由緒を簡明に解説したもの。排列は家紋の形状別。巻末に五十音順の家紋索引、名前索引がある。索引語にはその読みを付す。―家紋の図案に秘められた約束ごとからすべてがわかる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 480ページ
  • 出版社: 講談社 (1995/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062561255
  • ISBN-13: 978-4062561259
  • 発売日: 1995/11/15
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 102,448位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
普段何気なく見ていた家紋でしたが、この本を読むといろいろなことがわかります。

・家紋の基本形とその種類、読み仮名
・その家紋を使っていた人(葵の紋は徳川など)
・基本系から派生した変形の紋

など。

この本に載っていない家紋もまだまだありそうで、他の本ではさらに多くの紋を載せているものもあるようです。

購入のきっかけは、自分の家の家紋である横木瓜(よこもっこう)のルーツを調べるため。
結果としては、日本で一番多く使われているもので、その説明を少し書かれています。

注意点は、基本形に対する説明書きはありますが、変形については図のみの掲載で説明書きはないです。
また説明書きの量は若干の違いはありますが、本が文庫本の大きさで半ページ分くらいの説明でまとめられています。
その点は、より詳しく知ることを目的にしている方には、少し物足りなさがあるかもしれません。

家紋の種類が多く、書籍としてまとめ上げるには限界があると思います。
まずは、どんなものがあるか知るということでは最適な本なので、大きな本屋さんなどで見ることもお勧めします。

家紋の種類と形のユニークさには驚かされます。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
仏壇の家紋表示や墓石の家紋表示に活用させていただきました。また家系の家紋についての歴史が理解でき大変参考になりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2009/9/20
形式: 文庫 Amazonで購入
帯に『家紋の図案に秘められた約束ごとからすべてわかる!』とあったんですがイマイチ期待外れでした。大抵、源氏(或いは平氏)支流(或いは諸氏)○○氏○○氏使用と紋の形の説明ばかりで疲れます。

でも、やっぱり知ってる武将の名前や家紋を見るとニヤニヤしますし紋だけ見てても楽しく紋のモチーフに関する

歌もたまにあって感心しました。

索引には読みがあるのに普通に紹介されてるのページでは読みがあったりなかったりで微妙に読めない名前もあったので

全部読みを振っといて欲しかったです。

(自分のは無かったですが)自分のルーツを知るのには良い一冊かも知れませんが

武将の家紋を調べるのは不適切。書いてある事は書いてありますが知りたい事と余りに的を得ず

マイナーな武将はわからないので戦国時代・戦国武将に絞った家紋の本が欲しいです。

.
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最近、父から自分の家の家紋を教えてもらい、家紋から先祖が農民なのか武士なのか知りたいと思って、買いました。

この本は家紋がどういうものをイメージして書かれたか、どういう意味を持っているかなどが知ることができます。

あとは、その家紋を使った人などの苗字(苗字だけ)も書かれています。巻末では、苗字から家紋を探すこともできます。

ただ、この本は、家紋の基本形が中心なので変形の家紋についての説明はありません。

自分の家紋は残念ながらありませんでした。しかも、自分の知りたいことは書いてなかったんでちょっと残念。

まあ、基本形はあるので、それをみて満足しました。

自分の家紋を見るだけと思って買った本なのですが、母の旧姓から家紋を調べたりして、なんとか自分の関わりのある家紋を調べたり、歴史の有名な人の家紋を調べて結構楽しめました。

苗字から家紋を探すとき、苗字でしか調べられないので、同じ苗字の人は、違う家紋なので確定しずらいです。あと、複数の家紋を持っている家柄もあります。なので、歴史の有名人の家紋は第三者の立場として、この本では探せない部分があります。

買う価値は自分は十分あると思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
softbankの会社エンブレムは坂本龍馬の引き両紋からだそうですが、当本か別の家紋の本で三巴紋の家紋の項に同家紋の勢力が弱まりやせ細った場合もあり、とありまた武士が落ちぶれて商家に家紋を売った例もあるらしくフランスのファッションブランドのルイヴィトンの、家紋がたくさん並んだようなデザインのハンドバッグ等は日本の家紋から、らしい当時ジャポニズムが流行っていたのかもしれないが、以前創価学会のエンブレムは鶴丸だったらしいが、JALとかぶるので創価学会側が変更したらしい、日本の缶コーヒーbossとドイツの紳士服メーカーbossも以前司法の場で争っていたが…
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告