この商品をお持ちですか?

【PS4】デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー 初回限定生産版「デジモン 20th Anniversary BOX」【早期購入特典】DLCが入手できるプロダクトコード付きマンガ喫茶「フーディエ」会員証同梱【Amazon.co.jp限定】主人公着せ替えコスチュームがダウンロードできるプロダクトコード配信

プラットフォーム : PlayStation 4
5つ星のうち4.2 14個の評価

在庫状況について
初回限定生産版
2) Amazon限定特典付ソフト
  • ・「デジモンストーリー サイバースルゥース」シリーズの最新作が登場! 2015年に発売され好評を博したのPS Vita用ソフトウェア「デジモンストーリー サイバースルゥース」の最新作。 現実世界と電脳空間の境界線が希薄になった近未来の東京を舞台に、 前作の事件の裏側で起こっていたもう1つの「冒険」が、 新たな主人公の視点で描かれる、サイバーパンクな育成RPGです。
  • ・ハッカーとなりデジモンと共に電脳空間のトラブルを解決せよ! プレイヤーは電脳空間で発生したAIを持つコンピュータウィルス「デジモン」を使役する新世代のハッカーとなり、 デジモンを集めて「育成」。より強力なデジモンへと進化させていくことで、 敵対するハッカーやデジモンたちの巻き起こすトラブルを解決していきます。
  • ・充実した新要素により広がる遊び! 本作では320体以上のデジモンが育成可能となり、 新たなデジモンやスキルにより「バトル」の戦略が広がると共に、 新要素として、シミュレーションで展開されるチーム戦の“ドミネーションバトル"や 電脳空間で発生するハッカー同士の“テリトリー争奪クエスト"などが追加。 さらにオンライン要素も強化され、遊びの幅が広がっています。
  • ・"サイバースルゥース“ シリーズの世界を、すべてこの1本で堪能できる! 前作「サイバースルゥース」を本編に収録。前作とのクロスセーブや前作プレイ特典も搭載。 前作未経験のユーザーもこの1本で「デジモンストーリー サイバースルゥース」シリーズを 満喫することが出来ます!
商品名に記載された配信特典のお届けについて:
本商品をご購入いただきますと、配信特典をご提供します。別途、 配信特典をお届けするためにメールが送信されますので、ご了承の上ご購入ください。


商品名に記載された配信特典は、商品の出荷準備中もしくは出荷が確認された後に、Amazon.co.jpからアカウントにご登録のEメールアドレス宛に、「ご注文に関するお知らせ」と記載された件名のメールでお届けします。Eメールの設定で、@amazon.co.jpからのメールを受信できるよう設定内容をご確認ください。携帯番号アカウントをご使用の場合は、ご注文前に携帯番号アカウントにEメールアドレスをご登録ください。また、アカウントサービスのメッセージセンターからも、配信特典をお届けするメールをご確認いただけます。なお、Amazon.co.jpからのメールで配信特典をお届けするのは、販売・発送がAmazon.co.jpの場合のみとなります(Prime Now、Amazon Fresh、Amazonアウトレットでのご購入には、配信特典のメールは送信されません)。販売元がAmazon.co.jpでない場合は、販売元にお問い合わせください。

CD・DVD・テレビゲーム・PCソフト お買い得ストア
タイムセール、キャンペーン、クーポン、在庫処分ワゴンセール、バーゲン品、廉価版など、お買い得商品がもりだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記: Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)、その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • PS4/PSVita: PlayStationのニューリリース、売れ筋ランキングなどは「プレイステーション特集」でチェック。新型PS4本体から最新ソフトラインナップムービー、期間限定のお得なキャンペーン情報まで。

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

登録情報

機種・種類:初回限定生産版  |  エディション:2) Amazon限定特典付ソフト
  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 梱包サイズ : 26.6 x 19.2 x 3.2 cm; 680 g
  • 発売日 : 2017/12/14
  • ASIN : B074N34W5S
  • 製造元リファレンス : 2200630033050
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 14個の評価

商品の説明

機種・種類:初回限定生産版  |  エディション:2) Amazon限定特典付ソフト

初回限定生産版「デジモン 20th Anniversary BOX」
1TVアニメサウンドエディション版ゲームソフト (全12曲) 2デジモンストーリー ビジュアルアート画集 3ハッカーズメモリー オリジナルサウンドトラックCD 4DLCが入手できるプロダクトコード付き暮海探偵事務所名刺 (ネクスエッジスタイル体型デジモン:デュークモン&アルファモン) 5描き下ろしデザイン 20th Anniversary BOX *数に限りがございます。無くなり次第終了とさせて頂きますので予めご了承ください。 *一部店舗では取り扱いのない場合がございます。詳しくは店頭にてお問い合わせください。 *画像はイメージです。実際のものとは異なります。 *内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。

早期購入特典
下記、DLCが入手できるプロダクトコード付きマンガ喫茶「フーディエ」会員証 1育成可能デジモンを2体追加「シスタモン ノワール&シスタモン ブラン」 2主人公着せ替え制服コスチューム 3ネクスエッジスタイル体型デジモン:オメガモンNX *画面は開発中のものです。実際のものとは異なる場合がございます。 *内容・仕様は予告無く変更する場合がございます。 *本特典は数に限りがございます。なくなり次第終了となりますのでご了承下さい。 *プロダクトコードをご利用いただく際には、ゲーム機本体をインターネットに接続する環境が必要になります。 また、Sony Entertainment Networkのアカウントが必要です。 *プロダクトコードには有効期限がございます。 *一部店舗ではお取り扱いのない場合がございます。詳しくは店頭にてお問い合わせください。 *本特典はパッケージ版初回生産分100%に封入されております。 *ダウンロード版にも特典は付与されます。付与期間は2018年1月12日 23時59分 (予定) までとなります。

型番 : 2200630033050


メーカーより


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
14 件のグローバル評価
星5つ
63%
星4つ
23%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
14%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年1月8日に日本でレビュー済み
機種・種類: 初回限定生産版エディション: 2) Amazon限定特典付ソフトAmazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月23日に日本でレビュー済み
機種・種類: 初回限定生産版エディション: 2) Amazon限定特典付ソフトAmazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月16日に日本でレビュー済み
機種・種類: 初回限定生産版エディション: 2) Amazon限定特典付ソフトAmazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月15日に日本でレビュー済み
機種・種類: 初回限定生産版エディション: 2) Amazon限定特典付ソフトAmazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月16日に日本でレビュー済み
機種・種類: 初回限定生産版エディション: 2) Amazon限定特典付ソフトAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 「サイバースルゥース」の完全版として見ると非常に良い
ユーザー名: もぐもぐ、日付: 2017年12月16日
前作『サイバースルゥース』は100時間以上プレイ済です。『ハッカーズメモリー』も本編ストーリーが終わり、ストーリー後のやり込みステージもひとまずはクリア。図鑑も310体を超えました。
今作『ハッカーズメモリー』には「サイバースルゥース」「ハッカーズメモリー」両方のソフトが入っています。「サイバースルゥース」の内容は素直に素晴らしいと言えるので、「サイバースルゥース」目当てで今作『ハッカーズメモリー』の購入を検討中の方には強くお勧めします。

ただし、「ハッカーズメモリー」はちょっと物足りなさや不満を感じる点もちらほらと。
「サイバースルゥース」単体なら文句のつけようもない評価ですが、「ハッカーズメモリー」も併せてとなると不満点も出てきてしまいます。デジモンの必殺技などに調整が入っている部分もあるため、「ハッカーズメモリー」単体で見るか「サイバースルゥース」の完全版として見るかで評価も変わってきそうです。

前作『サイバースルゥース』はvitaで発売された時にレビューしたので、ここでは主に「ハッカーズメモリー」の内容についてレビューします。
ストーリークリアまでは35~40時間くらいでボリュームは「サイバースルゥース」より少し少ないくらいでした。

【ストーリー】
ストーリーは前半かなりスローペースです。全18チャプターですが、チャプター10でヴァルハラ・サーバのアンダーゼロへ挑戦するあたりまではほとんどが伏線と主人公のハッカーとしての日常について描かれます。ざっくり言ってしまうと「何でも屋に依頼がくる→依頼をこなす」のお使いの繰り返しで、途中強敵と遭遇して謎が解けていくわけでもなく、謎が積み重なっていくだけ。チャプター10までのペースの鈍さ、盛り上がりの無さ、このあたりが「サイバースルゥース」に比べると退屈さも感じてしまいます。チャプター10までは「サイバースルゥース」と絡むこともほとんどなく、裏側を見れることもあまりなく。伏線を張ったり設定を理解させるためだとしてもチャプター10もいらなかったのでは、という気持ちが拭えません。ボリュームを出そうとして間延びしているように思います。
しかし、チャプター10からのスピード感と絶望はかなりのものがあります。チャプター11以降は現実世界が電脳空間に浸食されるようになり、ここからやっと「ハッカーズメモリー」のストーリーが本格的に動き出します。チャプター13からはサブイベントの依頼も怪奇現象が絡むようになり、「サイバースルゥースっぽさ」が出てきます。一気にどん底に突き落とされ、平凡な主人公はどんな選択をしていくのか。チャプター10が大きな転換点となり、お使いをするだけだった「モブキャラ」の主人公が「ヒーロー」の面も見せていくのは楽しめました。物語の終盤は登場人物のやり取りにぐっときて思わず泣きそうになったり、やっぱりこれは『サイバースルゥース』という作品の一部だ、と感じられたところも多かったです。
「ハッカーズメモリー」で扱われているのは「サイバースルゥース」では取り上げられなかった(掘り下げられなかった)部分で、記憶や精神データ、現実世界の自分と電脳空間の自分、本当の自分はどちらなのか?といったところに焦点が当てられています。内容は興味深かったですし、展開もデジモンならではで、エリカのことはプレイしながら主人公に感情移入してずっとがんばれ、がんばれと応援していました。「ハッカーズメモリー」は「サイバースルゥース」の脇役たち(フェイや伊達さん)の活躍がたくさん見られるのもなかなかおいしいポイントでした。
ただ、個人的にストーリー全体で「サイバースルゥース」>>>「ハッカーズメモリー」です。物語はどちらもとても満足できましたが、何度もやりたいか、といわれると「ハッカーズメモリー」は前半が面倒・・・と思ってしまいます。ですが「サイバースルゥース」のようなマニアックな内容はわりと控えめですし、主人公の周りもノキアのようなぶっ飛んだキャラが少ない(良くも悪くもあまり個性が強調され過ぎていない、現実にいそうな「普通の人」っぽさがある)ので、「ハッカーズメモリー」の方が取っつきやすいところはあるかもしれません。
私が一番盛り上がったのはアルカディモン戦。『デジモンアドベンチャー Vテイマー01』でネオが育てた恐ろしい敵、アルカディモンが「ハッカーズメモリー」に登場すると知った時は驚きと嬉しさで舞い上がりましたが、デジモンのデータを取り込んで成長していくあたりなどしっかり描かれていて、無理のない程度に再現度が高かったです。超究極体となったアルカディモンに太一とゼロが挑んだあの最終決戦。全てが0と1に分解されてしまうという設定が完全ではないもののきちんと汲まれていて、「どうやって倒せばいいんだ」と感じさせる圧倒的な強さ。太一の気持ちがわかったような気がします。こういったファン向けの要素もちゃんと盛り込まれていて良かったなあと思います。ちなみにブイドラモン時代にゼロを苦しめたスカルサタモンも育成可能デジモンとして出てきますし、ストーリーをクリアすればアルカディモンの育成も可能です。

※2017/12/16 チャプター18で電話のコール音が鳴り止まないバグがありました。バトルに突入、終了してもそのままだったので一度アプリケーションを終了し再起動したら直りました。

【グラフィック・ムービー・バトル】
これは「サイバースルゥース」「ハッカーズメモリー」共通です。グラフィックやバトルはvitaの前作『サイバースルゥース』時点で非常に高い完成度・満足度を誇っていたため、今回もデジモンのゲームの中ではかなり高いレベルで楽しめるゲームとしておすすめします。ただし、もともとvitaで発売された前作『サイバースルゥース』をPS4に移植した作品なので、FF15などのようなクオリティを見てしまうとどうしてもvitaレベルを抜け出していないな、と思います。vitaとPS4の違いでいうと、参考に比較画像をつけましたがPS4版はvita版より「線がくっきり」「文字が見やすく」なった程度。PS4でも登場人物がアップになるムービーでは粗さが出てきますし、プレイしていた時もオブジェクトが増えているなどは見つかりませんでした。
PS4版の方が綺麗なのは確かですが、あくまでも「元はvita」だと思っておかないと少し期待外れになりそうです。

【カスタムサウンド】
オプションでカスタムサウンドを設定すれば主人公の拠点やデジラボ、デジファーム、各バトルに曲を割り当てることができます。
設定はクリアしていなくても最初から可能で、下記のように歴代アニメの主題歌、挿入歌が揃っているので、思い入れのあるものから選べて楽しかったです。
「Butter-Fly」
「brave heart」
「ターゲット ~赤い衝撃~」
「Break Up」
「The Biggert Dreamer」
「SLASH!!」
「FIRE!!」
「With The Will」
「強ing! Going! My soul!!」
「Believer」
「ネバギバ!」
「WE ARE クロスハート!」
難点は出だしが調整できないこと。ノーマルバトルなどはある程度パートナーたちが育っていて相性がマッチしていれば必殺技一撃で倒せることも珍しくないですし、演出スキップをしていると開幕すぐ終わってしまうことも多く、イントロだけしか聞けないこともありました。ドミネーションバトルのような長期戦のバトルだと自然と気分が盛り上がって良かったです。

【ドミネーションバトル・テリトリー争奪戦】
ドミネーションバトルは3vs3の陣取りゲーム(同じマスに移動しようとすると各デジモン1ターンずつのバトル発生)です。シミュレーションゲームのようでシステムそのものは面白く、1vs1で戦うか、1人に対して複数人をぶつけるか、誰から倒すか、を考えて進めないとうまくいかないこともありました。失敗してもリトライは可能です。こういうバトルもありだとは思うのですが、なぜかクリアしても経験値が入りません。通常のバトルの何倍も時間をかけるものなのに、報酬が一切ないのは不満でした。
テリトリー争奪戦の方はキャラクターとの好感度イベントを見ることができます。人間だけでなくデジモンも連れて行くことができて、何度も同じ相手を連れ歩いているとどんどん好感度が上がっていく感じです。ちなみに、テリトリー争奪戦の「ダイナソー教」のリーダーを倒すと炎と光のビーストスピリットが手に入りました。

【マップ】
右スティック上下で視点移動(寄せ・引き)可能ですが、マップは基本的にvitaの前作『サイバースルゥース』をそのまま流用しているためぐるっと周囲を見回すようなことができません。しょうがないと思いつつちょっと残念。しかし、「アクセラレイト」(成熟期以上のウィルス種がPTにいることが条件)という新しいハッカースキルを使えば移動速度が上昇するため移動は快適です。ハッキングスキルは最初の方で全部解放されるので、該当デジモンさえいればエンカウントなし+移動速度アップ状態で走り回ることもできます。
それと、新規マップがあることも公式サイトで紹介されていますが、ここはあまり実感できませんでした。『サイバースルゥース』シリーズのマップは基本的に景色を楽しんだりするものではなく、良く言えばデジタル空間っぽい、悪く言えば四角形や円を組み合わせタイル状の床を敷き詰めているだけなので、どうしてもバリエーションを出しにくいです。「ハッカーズメモリー」でのみ訪れるステージなどは確かに新しいマップで新鮮味もありましたが、「これとこれは違うマップなんです」と言われても並べているパターンが違うだけで面白味はそこまで・・・という感じです。
そして、確認ミスでなければ「サイバースルゥース」の方には「アクセラレイト」がありません。後述のようにデジモンのパワーバランスをいじるなら、ここも是非追加して欲しかった。「ハッカーズメモリー」で慣れていると移動がガクッと遅く感じてしまいます。

【新規追加デジモン・既存デジモンの調整】
今まで「やっぱりいないのか」と感じていたようなデジモンたちが追加されています。70種以上の追加となる中で、マイナーチェンジ(同名だが種族やモードが違うなど)は今のところ見ていません。かなり頑張って追加しているのが感じられて、図鑑を見ていて「おお~すごい」と思いました。個人的に一番の喜びはドルモン系列の究極体にドルゴラモンが追加されたこと。これまではドルモンの最終進化はドルゴラモンかアルファモン、どちらかしか選べないことが多かったので、進化先に並んでいるのを見ると嬉しいです。
エアドラモン、シーラモン、モノクロモンなどの「デジモンワールド」で馴染みのあるモンスターに加え、10thのコアドラモン系(スレイヤードラモン・ブレイクドラモン)、20thのズバモン系(デュランダモン)、また「デジモンフロンティア」に登場した十闘士もアグニモン・ヴォルフモン系列は育成が可能です。
ほかにざっと挙げるとゴーレモン、ストライクドラモン、ツチダルモン、ユニモン、レアモン、ラプタードラモン、トリケラモン、グレイドモン、ディノビーモン、ゴッドドラモン、メギドラモン、カオスドラモン、アーマゲモン、タイラントカブテリモン、サングルゥモン、マタドゥルモン、グランドラクモンあたり(前作「サイバースルゥース」と被りがあったらすみません)。すごくマニアックなところまで揃えてきたなあ、という印象です。モードチェンジだとアルファモン:王竜剣、デュークモン:クリムゾンモード、ベルゼブモン:ブラストモードなどのファン歓喜なラインナップ。全種はいないようですが、ネプトゥーンモンやメルクリモンなどのオリンポス十二神族も追加されています。
また、新規追加ではありませんが才能の上限が前作の100を超えています。比較画像に添付したオメガモンの装備スロットが1から2になっているなど、パワーバランスの調整のためか既存デジモンにも細かな変更があるようです。オメガモンでいえばガルルキャノンが大きく変わっていて、前作では威力130の魔法攻撃だったものが今作は威力大の知力貫通攻撃になっている(!超強くなってます)という大きな変化がありました。PTを選別する際はこのあたりも考慮しておかないとガラッと変わっていそうです。

【クリア後要素】
「強くてはじめから」は前作同様で、デジモンやアイテムを引き継いだ状態から開始できます。「サイバースルゥース」「ハッカーズメモリー」どちらかのクリアデータがあればアイテムがもらえますが、あってもなくてもそこまで大きく難易度が変わるようなものではありません。むしろメインはデジモンを転送する方で、両方のストーリーをクリアするとデジラボでデジモンを転送できるようになり、いくらでも自由に送り合うことができます。今作『ハッカーズメモリー』ではマップ上でスタートボタンを押せばタイトルに戻るを選択できるので、セーブデータ選択画面で左右にカーソルを合わせることでどちらのデータでロードするか選べます。
クリア後に行けるようになるアビスサーバはレベル99まで育てた究極体でも苦戦する難易度(相性が悪いと成熟期の一撃で1/3ほど削られる)で、防御・知力貫通攻撃でないと普通にエンカウントするデジモンにもまともにダメージが通りません。新規追加デジモンの究極体に貫通必殺技持ちが多いことや、上述のオメガモンの強化も、アビスサーバを意識してのもののように思います。ただ経験値もお金もかなり稼げますし、「軍師のUSB」や「インテリニンジン」、デジモンメダルなどのアイテムがかなり落ちているので、金策やメダル集め、育成のステータス調整補助に向いています。また、「(主人公名)回想録①」などのアイテムを拾うと、PCのハッカーズメモリーの項目からムービーを閲覧できました。
アビスサーバは30階層まで行くとグランドラクモンが待ち構えていました。マスティモンやオメガモンズワルトのワクチンPTで何度か倒しましたが、行く度に復活しているので、もともと倒せないか他のサブイベントをクリアするなどで進むものかもしれません。

【早期購入特典】
「デジモンストーリー ビジュアルアート画集」はデジモンストーリーシリーズをずっと追い続けてきたファンにはかなり嬉しい内容です。画集となっていますが各作品の概要や登場人物の設定、デジモンたちのDS時代のグラフィックなどが細かく記載されていて、「うわー懐かしい!」とじっくり見てしまいました。こうして見ると「サイバースルゥース」がいかに革新的だったかよくわかりますね。「サイバースルゥース」の項目ではロイヤルナイツの集合絵や公式サイトのイラストも掲載されていて大満足です。
サントラには「サイバースルゥース」との被りなしで「ハッカーズメモリー」の16曲が収録されています。「HACKER'S DIGNITY」は盛り上がる場面でよく使用されていましたが、特に気に入った曲がなかったので全曲ではないようです。前作同様、おそらく(おそらくですが・・・)全曲収録のCDが発売されると思うのでそちらで良いかなと思います。
あと・・・「名詞」。所長の名刺、そのままです。裏にはプロダクトコードが書いてあるので大事なものですが、箱から出てきた時くすっと笑いました(笑)

長文失礼致しました。参考になれば幸いです。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月20日に日本でレビュー済み
機種・種類: 初回限定生産版エディション: 2) Amazon限定特典付ソフトAmazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月8日に日本でレビュー済み
機種・種類: 初回限定生産版エディション: 2) Amazon限定特典付ソフト
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月19日に日本でレビュー済み
機種・種類: 初回限定生産版エディション: 2) Amazon限定特典付ソフトAmazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告