¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/11

5つ星のうち 3.7 174件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 893

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)
  • +
  • Pen(ペン) 2016年 11/15 号 [ハリー・ポッター完全読本。]
総額: ¥2,624
ポイントの合計: 65pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

8番目の物語。19年後。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。
ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。
ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない “ハリー 一家の伝説" という重圧と戦わなければなりません。 過去と現在は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

闇はときとして思いがけないところから現れるのです。

内容(「BOOK」データベースより)

8番目の物語。19年後。『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない“ハリー一家の伝説”という重圧と戦わなければなりません。過去と現実は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

商品の説明をすべて表示する

出版社より


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 416ページ
  • 出版社: 静山社; 初版 (2016/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863893469
  • ISBN-13: 978-4863893467
  • 発売日: 2016/11/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.9 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 174件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 196位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
公式HPで告知されているように、この本は特別リハーサル版というエディションで、今後、原作者がこのシナリオに加筆した愛蔵版が出ます。
どうしても急いで本の内容が知りたい方はこれを購入してもいいですが、私は、この版は借りて読了し愛蔵版を待ちます。

内容は、「彼ら」の未来(と過去)に会えただけで★5つ、ただし雑な翻訳に-1、商売上の都合なのか、今後愛蔵版が出ることが大々的に告知されていないことで-1です。
特別リハーサル版と銘打ってはいても、今後愛蔵版が出ることも同じくらい告知されていなければ「だったらもう少し待って愛蔵版買ったのに!!」という人が続出すると思うのですが。
少しでも目先の売り上げをあげることが重要だと言わんばかりの販売方法には疑問を持ちます。
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sumsum 投稿日 2016/11/16
形式: Kindle版 Amazonで購入
もともと舞台化のための脚本ということは知っていたことと、この形式のものに慣れていることもあったので形式的な読みやすさ云々については特に感想もなく普通に読むことができました。
内容に関してはちょっとファンサービスしすぎかな?と思うところもあれど、一度終わった物語に付け加えるなら、これくらいあっても面白いなと思えるものでした。特に七部作の方では亡くなったキャラクターが出てきた時には思わず涙も出ました。

ただ、翻訳がひどすぎる!
ハリーポッターシリーズは小さいころから慣れ親しんできたのですが、今回は原文から入ったことも手伝って翻訳が特にひどいなと感じてしまいました。
誤訳はもちろん、キャラクターの個性(年齢、性別、性格など)を無視した言い回しや、古臭い表現、現実では使わなさそうな表現のオンパレード。最初の方に出てきた、『まってちょうだいの長太郎』なんて聞いたことがありません。
もともと誤訳や意訳のすぎる訳者だとは存じあげていましたが、ますますそれに磨きがかかったか?というほどの翻訳の酷さ。どうして訂正が編集部の方から入らなかったのかと不思議に思います。
ですので、日本語版としてのこの本の評価は⭐️1。
形式の読みやすさ以前に訳文の読みやすさが最低です。

こんなものを公式の日本語版として認めたくない、そう思ってしまいました。
コメント 329人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
オリジナルシリーズの時からそうでしたが、今回も翻訳の質が悪すぎます。日本語として筋が通らなかったり、意味がわからない文が多いです。

お話自体はとても面白く、ファンは満足できると思いますが、日本語版としての評価は低く付けざるを得ません。
コメント 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ... 投稿日 2016/11/11
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
早く読みたくてKindle版を購入したのですが、ト書きの部分の文字がずれていてとても読みにくいです。
読み仮名がついている箇所が全て右にずれていてガタガタ。確認してから出して欲しい。
こんな作りなら一晩待って本屋で買えば良かったと思ってしまいました。
内容と違うところで読む気が削がれます。
コメント 158人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
セリフを読みながらその舞台を想像出来るようでした。
脚本って言われても、脚本ってどんな感じ?小説みたいには読めないの?と思う人もいると思います。
イメージとしては学芸会の台本を読んでセリフ合わせをする感じです。誰もがやったことあると思います。

ーーーー

ハリー「ほら見てごらん」

ハリー、ホームの先を指さす。

リリー「ほんとだ!」
アルバス「わーい」

2人、駆け出す。

ーーーー

みたいな感じです。
好きな方は面白いと思いますが、ハリーポッターの小説が読みたい方には辛いです。
私は演劇も過きなのであえて購入しました。
コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あの“ハリーポッター”の息子アルバスにとって、父親は眩しい存在だ。
プレッシャーから反発する息子と、愛情が空回りする父親。
どこにでもありそうな家族の問題に魔法界を揺るがす闇の帝王復活の
危惧が絡み、事態は思わぬ展開を見せる。

ハリーとジニーの次男、アルバス・セブルス・ポッターがホグワーツに
入学する場面からスタートするこの物語。
おなじみの9と 3/4番線の光景は、ちょうど本編の最終場面でもあるから
懐かしい。
そのほかホグワーツ内のお馴染みの場所が舞台なので、ハリポタファンには
USJより楽しめるかもしれないが、ストーリーはややお手軽で、安易だ。
翻訳も申し訳ないが、あまりよろしくない。
読者層を小中学生を想定しているということなのか、大変ルビが親切だが
表現は難しい。
そもそも舞台脚本を年少の読者が読むとは思えないのだが…。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック