通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ) 単行本 – 2017/1/12

5つ星のうち 3.7 46件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/1/12
"もう一度試してください。"
¥ 1,490
¥ 1,490 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)
  • +
  • 最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)
総額: ¥2,192
ポイントの合計: 115pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

がん消滅の罠ー完全寛解の謎 [著]岩木一麻

苦痛さえコントロールできるなら、がんが一番いい死に方だといわれる。余命を宣告されてから死ぬまでの間に、いろいろと準備できるからだ。もっとも、だからといって、発がん性物質をもりもり食べる気にはならない。やっぱり、がんにはなりたくない。

がんで余命宣告を受けた時点でお金が支払われる生命保険がある。では、余命宣告を受けた後で、がんが治ってしまったらどうなるのか。岩木一麻『がん消滅の罠』は、そんな「もしも」を題材にしたミステリーである。

余命半年と宣告された患者の病巣が、生前給付金を受け取った直後に消えてしまう。それだけなら喜ぶべきことだが、連続して4人もとなるとおかしい。たんなる偶然か、それとも新手の保険金詐欺なのか? 患者を担当した医師・夏目と、友人でがん研究者の羽島が謎に挑む。

浮かび上がってきたのは、政財官界のセレブたちが治療を受ける怪しい病院の存在だ。しかし、がんを治したり再発させたり、そんなことが自由にコントロールできるのか。誰が? 何のために? 謎は深まるばかりである。

本作の魅力は、がん治療とトリックとをうまく結びつけたところにある。医療ミステリーであると同時に、謎解きを楽しむ本格ミステリーでもある。がんとは何か、転移や治療法などについても、登場人物の会話というかたちで解説される。最後の最後まで読者を安心させない。

第15回「このミステリーがすごい! 」大賞受賞作。この賞からは、医療ミステリーの旗手、海堂尊がデビューしている。新たなスターの誕生を歓迎したい。

評者:永江朗

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

選考委員絶賛、第15回『このミステリーがすごい! 』大賞・大賞受賞作!
・史上最高レベルの医療本格ミステリー。こんなとんでもない謎を正面に掲げるとは前代未聞、大胆不敵。(大森望)
・まったく見当のつかない真相。謎の設定がとにかく素晴らしい。(香山二三郎)
・最前線でがん治療に当たる医療現場が抱える今日的問題をテーマに、圧倒的ディテールで描く医学ミステリー。(茶木則雄)
・この小説の「売り」は「がん消失」の驚くべき企みとその真相だ。(吉野仁)

日本がんセンター呼吸器内科の医師・夏目は、生命保険会社に勤務する森川から、不正受給の可能性があると指摘を受けた。
夏目から余命半年の宣告を受けた肺腺がん患者が、リビングニーズ特約で生前給付金3千万円を受け取った後も生存しており、
それどころか、その後に病巣が綺麗に消え去っているというのだ。同様の保険支払いが4例立て続けに起きている。
不審を抱いた夏目は、変わり者の友人で、同じくがんセンター勤務の羽島とともに、調査を始める。
一方、がんを患った有力者たちから支持を受けていたのは、夏目の恩師・西條が理事長を務める湾岸医療センター病院だった。
その病院は、がんの早期発見・治療を得意とし、もし再発した場合もがんを完全寛解に導くという病院。
がんが完全に消失完治するのか? いったい、がん治療の世界で何が起こっているのだろうか―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 325ページ
  • 出版社: 宝島社 (2017/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800265657
  • ISBN-13: 978-4800265654
  • 発売日: 2017/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 745位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

末期がんで保険金の生前給付を受けた複数人が完全寛解というあり得ない独特な設定。かつ「このミステリーがすごい!」大賞作と聞けば、読んでみたくなる。
一読後の感想としては、良い点として、本書を構成する2つのファクターが巧みで秀逸なのは間違いないと感じた。①がん完全寛解のトリックと②家族関係のファクターである。特に最後の一言には「ああ、そう来たか!」と、ミステリーの最後のパズルがぴたりとはまる観があった。300ページを超えるが、一気に読める本だ。がんの知識もある程度得られる。
ただ、読後、主人公は誰だっけという気にもなった。複数の登場人物が星座のように囲む中でストーリーが展開していくので、その中で自分が感情移入しやすい人物の視点で読んでいくと読みやすいのではないか。裏返して言えば、視点の整理が小説として不十分かもしれない。

どうかなと思った最大の点は、これだけの大規模な企てを立てた当人の動機がどうにも不十分で説得力に欠けること。本書は著者のデビュー作らしいが、物語の構図やアイデアは秀逸だが、それを支える人間心理や人の業の描き方には申し訳ないが、まったく満足できず、不自然に感じる場面も多々あった。がん患者の心理についても同様だ。私の知る末期がん患者たちは、苦しみの中にあっても少ない平癒の可能性を信じ、耐えがたきを耐え努めて明るく生きている。完全寛解
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/2/16
Amazonで購入
P307に
「ごく初期のがんを発見し、
転移がないうちに…」という記述がある。

しかし「ごく初期なら、目に見えるがんをとれば
転移を防げる」わけではない。

がんは、どんな新鋭機を使っても
いまの技術では
数ミリ以上の大きさにならないと発見できない。

人間からみて「ごく初期」「超早期」でも、
発見できた数ミリの時点で
「がんの一生」でいえば、体内に芽生えてから
およそ5年から20年を経たシニア期。
1ミリの段階で、すでに
100万個のがん細胞が詰まっている。

これは国立がんセンターのHPにも
載っている、がん転移のキホンのキだ。

そして転移能力を持つがんは、生じたとたん、
0.1ミリ以下のときから
血液にのって全身をめぐり、
人間が発見したときには、とっくにあちこちに
転移を終えていることも、数多くの医学論文で報告されている。

2016年には権威あるイギリスの医学誌に、
「がん検診でがん死を減らせたという証拠は皆無」
という論文が載って、世界に衝撃が走った。

となると、本書のがん消滅理論は
机上の空論、と言わざるを得ない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私は「乳がん患者」
外科手術→抗がん剤→放射線治療→ホルモン剤と治療を重ねて来た。
医療系ミステリーも好きで、よく読む。
本作も、全体としては「秀逸な作品である、事に間違いはない」と思うのだが・・・
何とも読後感がよくなかった。
トリック(?)的な核になる部分は同じとしても、もう少し
別な方向性で描くことは、作者の選択肢には無かったのだろうか?
『自分は優秀だと思っている人間の思い上がり』
『人の命・人の人生を何だと思っているんだ!』
「死の恐怖と治療の苦しさの間で闘ってきた私」には
読後「しみじみ心が寒くなる」作品だった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何しろ文章に魅力がない。10ページも読むと飽きてしまい本を閉じてしまう。選者の吉野仁氏の「(前略)主要人物が集まりだらだらと会話するシーンが続くなど、話に起伏がとぼしく、ムダが多い。(中略)これで大賞受賞はないな、」という選評に一番共感した。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
人物描写や読後感については否定的レビューに部分的に賛同できる点もあったが、長編ミステリーの評価ポイントはやはり、残りページがどんどん少なくなっていくことが悲しくなる「あの感じ」ではなかろうか。

そういう意味では、『姑獲鳥の夏』をはじめとする京極夏彦氏の初期作品群に通じる「あの感じ」があった。勉強になるところも共通している。

ミステリーファンにはこの評価で十分ではなかろうか?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー