Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 575

¥ 289の割引 (33%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[イケダハヤト]の【電子版特典付き】まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)
Kindle App Ad

【電子版特典付き】まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書) Kindle版

5つ星のうち 3.2 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 575
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 146

商品の説明

内容紹介

東京はもう終わっている。人が多すぎる東京では仕事で頭角を現すのは難しく、少ない給料のほとんどは住居費などの「東京に住むための経費」に吸い取られる。おまけに子育て環境は酷く、食は貧しい。そんな東京に嫌気が差し、縁もゆかりもない高知県の限界集落に移住した著者は、家賃が8万円から3万円に下がり、収入は約3倍になり、自然豊かな環境で幸せに暮らしている。地方消滅という言葉があるが、人が少なく、ないものだらけだからこそ、地方には確実に儲かるのに未だ手付かずの仕事が無数にあるのだ。「東京」と「地方」の常識が変わる一冊。本電子書籍版には、面白いローカルメディアの秘密について綴ったコラムを限定特典として収録!

内容(「BOOK」データベースより)

東京はもう終わっている。人が多すぎる東京では仕事で頭角を現すのは難しく、少ない給料のほとんどは住居費などの「東京に住むための経費」に吸い取られる。おまけに子育て環境は酷く、食は貧しい。そんな東京に嫌気が差し、縁もゆかりもない高知県の限界集落に移住した著者は、家賃が8万円から3万円に下がり、収入は約3倍になり、自然豊かな環境で幸せに暮らしている。地方消滅という言葉があるが、人が少なく、ないものだらけだからこそ、地方には確実に儲かるのに未だ手付かずの仕事が無数にあるのだ。「東京」と「地方」の常識が変わる一冊。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2207 KB
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/1/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BUUQG9W
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 7,874位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
『まだ東京で消耗しているの?』 ブロガー、イケダハヤトさんの本。
都会暮らしから、高知の限界集落に移住し、ビジネスで成功した人。
少ない給料が家賃や生活費など「住むための経費」に吸い取られていた日々から脱却。
高知県の限界集落へ家族を連れて移住。

家賃は安いは、家は広いは、食べ物に酒は美味しいは。
最高の生活。
仕事ならネットがあればどこでもできる。
それに田舎と言えども、実情は人手が足りないので仕事は探せばいくらでもある。
ネットでなくともやっていける。

田舎は「ないものだらけ」というが、発想の転換で、「ないものだらけ」だからこそ新たなビジネスチャンスが転がっているのだ。

あぁーうらやましい!

僕も今すぐ田舎へ行きたい!
このネット社会、文章だって、ラジオだって、正直発信する場所などどこでもいいのだもの。

豊かな自然に囲まれて、仕事に集中できるなんて最高じゃないか。
田舎は閉鎖的、というけれど、今僕が住んでいる場所もさほど変わらない。
むしろ田舎の方が若者が足りていないからウェルカムムードらしい。

着目すべき点は、田舎では贈与経済が機能しているというこ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
東京で20年近く暮らし、Uターンして高知市在住です。
地元の人間として、ちょっと違うなと思うのは次の点です。

①車は必需品

高知市内に住めば車はいらない、と言いますが、
電車の路線は限られ、バスの本数も少なく、
市内でも公共交通機関で行けない(行きにくい)場所はザラにあります。
自宅・勤務先とも高知市内で、車通勤の人はむしろ普通です。
通勤が何とかなったとしても、休日に郡部へ遊びに行くとなればもう車が要ります。
(車を借りる手間、他人の車に同乗させてもらう気兼ねなど考えると・・・)
家族に小さい子供や年寄りがいればなおさらです。

市内は自転車が便利ですが、雨の多い地域です。
真夏に汗だくで自転車をこぐのも辛いです。

なお、こんな土地なのに高知はガソリン価格が高いと言われています。

②災害

将来、南海トラフ地震が必ず来ると言われています。
沿岸部は津波に襲われ、
イケダさんが住んでおられるような山間部も、
山崩れや集落の孤立化が起こると想定されます。
文中ではほとんど触れていませんが、
高知ではどこに住んでも罹災しますので、<
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
地方の良さが確かに改めて理解できる。しかしながら極端過ぎる説明故、著者が都内に対する怒りをぶつけてるように思えた一冊でもあった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私も東京で消耗して田舎暮らししてます。
書店でタイトルを見て、同じ人がいるのかと思わず買ってみました。
目次を見ると大体考えていることは同じですが、意義ありなのは、第2章の田舎のほうが圧倒的に稼ぎやすい-田舎に移住したら収入が3倍になったの部分。
著者はネットやブログなどでそうかもしれないが、何かの起業を考えて田舎に移住するならともかく、多数はとりあえず雇用されるほうから考えるのではないだろうか。
田舎は仕事がありません。 だから若い人は都会にいくのです。 
この本を読んで、そうか田舎のほうが稼ぎやすいのか、と思って移住したら大変です。

それから第3章の「地方では車が必需品だという真っ赤なウソ」。
これ自体がウソです。地方では市内に住まない限り、車がないと一日に数便しかないバス・電車を待って時間を無駄にしてしまいます。
ここを読むとやはり、「市内なら」、と書かれています。 ここはタイトルに「市内に住めば」と付け加える必要があるのでは?
「地方では市内に住めば、車が必需品だという真っ赤なウソ」だと、なんか、ぱっとしないか。。

などなど。。。
一応本として出版して不特定多数の人が読んで影響を与えるのだから、もうちょっと慎重に書いて欲しい。
それ
...続きを読む ›
コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover