Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 128 (15%)

Kindle 価格: ¥752

(税込)

獲得ポイント:
8ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[イケダハヤト]の【電子版特典付き】まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


【電子版特典付き】まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書) Kindle版

5つ星のうち3.4 54個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥752
新書 ¥864 ¥1
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

東京はもう終わっている。人が多すぎる東京では仕事で頭角を現すのは難しく、少ない給料のほとんどは住居費などの「東京に住むための経費」に吸い取られる。おまけに子育て環境は酷く、食は貧しい。そんな東京に嫌気が差し、縁もゆかりもない高知県の限界集落に移住した著者は、家賃が8万円から3万円に下がり、収入は約3倍になり、自然豊かな環境で幸せに暮らしている。地方消滅という言葉があるが、人が少なく、ないものだらけだからこそ、地方には確実に儲かるのに未だ手付かずの仕事が無数にあるのだ。「東京」と「地方」の常識が変わる一冊。 --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。

著者について

ブロガー。一九八六年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手メーカーに勤務。会社員生活を経験した後、三年目に独立。二〇一五年に家族で東京から高知県の限界集落に移住。ブログ「まだ東京で消耗してるの?」の月間閲覧数は約三〇〇万回。オンラインサロンを主宰するほか、『ビッグイシューオンライン』編集長も務める。『新世代努力論』『武器としての書く技術』、『仏教は宗教ではない』(アルボムッレ・スマナサーラ氏との共著)など著書多数。 --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。

登録情報

  • ファイルサイズ : 2223 KB
  • Word Wise : 有効にされていません
  • 推定ページ数 : 188ページ
  • 出版社 : 幻冬舎 (2016/1/29)
  • 言語: : 日本語
  • ASIN : B01BUUQG9W
  • X-Ray : 有効
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) : 有効
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 54個の評価
click to open popover