【特典生写真付き】ここにいたこと(初回限定盤)(D... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,350
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ポピンズ商店。
カートに入れる
¥ 1,480
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ワイエスプラザ★コンビニ決済OK★迅速な発送をいたします★
カートに入れる
¥ 1,480
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: よつば書房
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,400MP3アルバムを購入

【特典生写真付き】ここにいたこと(初回限定盤)(DVD付) CD+DVD

5つ星のうち 4.2 190件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,600
価格: ¥ 937 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,663 (74%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、萬屋シカロ商店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の AKB48 ストア

ミュージック

AKB48のアルバムの画像
AKB48のAmazonアーティストストア
408 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 【特典生写真付き】ここにいたこと(初回限定盤)(DVD付)
  • +
  • 神曲たち(DVD付)
  • +
  • 1830m(特典ポスター無し)
総額: ¥3,963
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/6/8)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD+DVD
  • レーベル: キングレコード
  • ASIN: B004185516
  • JAN: 4988003403270
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 190件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 4,972位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

AKB48 初のオリジナルアルバムついにリリース決定!

<初回限定盤のみ>
スペシャルBOX仕様 蜷川実花撮り下ろし超豪華フォトブック100P付
生写真1種ランダム封入(全14種)
「AKB48スペシャルプレゼント応募抽選券」封入


【CD】
ポニーテールとシュシュ/ヘビーローテーション/Beginner/チャンスの順番  他 新曲多数 全16曲
【DVD】
ポニーテールとシュシュ/ヘビーローテーション/Beginner/チャンスの順番 振付映像収録

*法人共通特典生写真が外付け添付されます


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
いきなり私事になるが、私はつい最近までは、アイドルとか嫌いだった

人は見た目に寄らないとか、見た目で判断するな!とか、さんざん偉そうにほざいていたくせに、私自身がアイドルに偏見を持っていたことは恥ずかしい限りだった

だが、それでも昔から、楽曲自体はJ‐POPの視点から良い曲もあると素直に認めており、TVや店内で流れているのを無意識に覚えて知らず知らず口ずさんでいることも多々あった
もう完全に商法とか世間のアンチの意見とか露出の多さとか、そういう表層的なものに囚われていただけだった

段々と一昨年くらいから中古でなら、J‐POP好きとしてはCDだけ買ってみても良いかなと思っていた私が完全にアイドル(AKB48)に振り向くきっかけになったのが、昨年12月に発売され、朝ドラ「あさがきた」の主題歌となり、この曲のセンターに抜擢された山本彩のソロVer.も印象的な『365日の紙飛行機』という名曲
初めて聴いた時から純粋に良い曲だなと感動を覚えたのだった

そこから私は視野をアイドル界までに広げて、「良い曲」を探し続ける日々であります

…というわけで、前置きが長くなってしまったが、やっと本文に入ります

05年に結成、06年にメジャーデビューしてから
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
わたしの場合、CDより振付DVDを目当てに購入しました。「神曲たち」では全ての曲がフルコーラスで入って、踊るメンバーもメディア選抜ではないにしろ、ダンスは十分見れるレベルのものでした。しかーし、今回の振付DVDは、全曲フルコーラスではなく、1人Ver.を任されたメンバーのダンスにキレがなさすぎる・・・。メディア選抜メンバーのダンスを何回も見ている人には、本当に残念な感じがするんじゃないでしょうか。動画サイトの素人の方がキレがあったりするかも。なので、自分が踊ろうにも参考にならなーい。しかもフルコーラスじゃないので、全貌がわからなーい。なんでこんな構成になったんでしょうか(涙)
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
CDの方は、どの曲を取ってもハズレはなく、私のように昨年からファンになった者でも、十分楽しめる楽曲が揃っていると思います。
AKB(単なる流行り)だからという理由だけで変な偏見をもって聴かないというのは、ちょっともったいないかなと思いますね。

AKBに限らず言えることですが、たとえそれがジャニーズであれ何であれ、いい曲はいいと言える、そんな大人でありたいと思ったりする今日この頃。

しかし!
今回の初回限定盤で楽しみにしていた振付DVD。
せっかく、このDVDを見て振りを覚えてみたいと思っていたのに、なんすか、これは…

主要メンバーでなかったことは、この際、しょうがないと諦めましょう。
私が許せないのは、振付DVDというなら、せめてちゃんと踊れる者を使うべきなのではないでしょうか?
特に頭にきたのは、どの曲とは言いませんが、一人ver.で収録されてるにも関わらず、リズムが取れていない、早い話が、まともに踊れていない者を使うなということです。
止まるべきところで止まることもなく、振りが流れてるし…
正直、こんなヘタっぴな踊りを見ながら、振りを覚えたいとは思えませんでした。というか、楽しみにしていたが故に、怒りすら感じましたが…

...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私は全くのAKBど素人です 前列の3人ぐらいしか分かりませんが、
ヘビーローテーションが聞きたくてこのCD買いました
この時まではAKBなんて単なる流行のアイドルとしか思ってなかったのですが
収録されているいろんな曲を聴いているうちにテンション上げてくれたり、前向きになれる曲の多いことにビックリしました。「チャンスの順番」などは自分とほとんどかぶっていて聞きながら涙ぼろぼろです。感動しました。
自分のテンション上げるのにいつも聞いています
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
AKB48についてはCDセールスが邦楽アイドルでは特出しています。
現在の音楽市場(CDが売れない)のなかでその売り方に対する批判のようなもの
も一部あります。
正直自分もこのアルバムを聞くまでは、ある意味「好きな人だけ買う」
(言い方は良くないですが楽曲が良くてではなくAKB48だから買う)という
ような状況だと思っていました。
しかしシングルは買ったことがありませんがこのアルバムは傑作です。

売れるからにはどんな曲でもいいという訳はなく、楽曲自体のレベルは高いです。
普段、邦楽アイドルの曲はほとんど聞きませんが驚きました。
アルバムの構成も見事で「1. 少女たちよ」からAKBワールドに引き込まれます。
後半の「12. チャンスの順番」から「15. ヘビーローテーション」の怒涛の進撃
そして「16. ここにいたこと」で締めるあたりはさすがです。
最後まで聞くとアルバム・タイトルが「ここにいたこと」である意味がわかります。
この曲を眼の前で歌われたらファンではなくとも泣けてきそうです。

彼女達の真面目さ、前向きな真剣さが伝わってきます。
そのような感情移入を聞くものに与えることが音楽の原点でもあるでしょう。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す