¥ 1,999
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【最新版】超不都合な科学的真実 ついに反重力の謎が... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

【最新版】超不都合な科学的真実 ついに反重力の謎が解けた! これが古代人が操る未知のテクノロジー《空中浮揚(反重力)》の正体だ 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/21

5つ星のうち 1.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/4/21
"もう一度試してください。"
¥ 1,999
¥ 1,999 ¥ 1,800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 【最新版】超不都合な科学的真実 ついに反重力の謎が解けた!   これが古代人が操る未知のテクノロジー《空中浮揚(反重力)》の正体だ
  • +
  • 高次元シリウスが伝えたい 水晶(珪素)化する地球人の秘密
  • +
  • 未来を救う「波動医学」  瞬時に診断・治療し、痛みも副作用もない
総額: ¥5,909
ポイントの合計: 100pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

石が飛ぶ!? 人体が浮く!?

ピラミッドの巨石は採石場からこうして空中輸送された!

チベットの僧は楽器の音と声で浮揚力を引き出していた!
これが世界初の「反重力解説書」だ!

エジプトのピラミッド、ストーンヘンジ巨石運搬のナゾ。

現代の最新技術を駆使しても難しいと言われるそれらを古代人は、どうやって行ったのか?

そこには反重力(空中浮揚)技術が大きく関わっていた!

科学ジャーナリストである筆者は、反重力に関する世界中の膨大な情報を分析し、ある共通の法則にたどり着く。

巨石に息を吹き込む椀状石、浮揚する僧侶を取り囲む火、上下左右に楽々と空中移動するナゾのプラットフォーム…。今、古代史ミステリー、最大の謎解きが始まる。

医療やエネルギーなど科学の闇を暴いてきた筆者が挑んだ最新にして最強のテーマは「反重力」。波動、振動、電磁場、フォース・フィールド…。ついに、重力コントロールの極意が明かされる!


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 302ページ
  • 出版社: ヒカルランド (2017/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864714843
  • ISBN-13: 978-4864714846
  • 発売日: 2017/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,827位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
1
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「謎が解けた!」というので期待して読んでみましたが、謎は謎のままのようです。
誰もが知りたいのは、具体的な反重力の実験事実でしょう。
これは今の地球の物理学が次元的に進歩するまで不可能なのでしょうか。
電磁場、振動数などが反重力に密接に関係してるだろうことは予想できますが、問題なのはその具体例を証明することです。
有名な「ハチソン効果」や、「クライン巻」コイルへの通電が反重力現象を示すという(セイケ効果)は、ロシアの研究でも指摘されたそうですが、そのことに関しては本書では一切触れられていません。
「異星人つながり」はあえて避けたのでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す