中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法 単行本 – 2008/5/22

5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人気セミナー講師による個人投資家のベストセラー、3年ぶりに新版で登場!

多くの人が資産を殖やそうと投資を始めますが、失敗するケースが後を絶ちません。日本の個人投資家が資産を思ったように殖やせないのは、リスクの取り方に問題があるからなのです。本書では著者の20年以上の投資経験のエッセンスを盛り込み、着実に資産を殖やす具体的方法をわかりやすくまとめました。

■ポイント1 戦略的な長期分散投資こそが、資産を守り着実に成長させる
本書では、資産を着実に殖やしていくために必要な要素、1マインドセット(心構え)、2セオリー(理論)、3ナレッジ(商品知識)をバランスよく学びます。個人投資家が勘違いしているポイントや陥りやすい失敗、分散投資の効果や長期運用戦略、個々の金融商品の特徴や選択のポイント、上手な使い方について充分に納得しながら、自分の資産設計戦略を立てて実際に運用が始められるように工夫してあります。またシンプルな仕組みづくりや、メンタルコントロールについても重視しています。

■ポイント2 投資リターンの80%は、アセットアロケーション(資産配分)で決まる
本書は基本的な投資理論に加えて、資産配分の決定方法までわかりやすく解説しました。それらを踏まえてリスク・リターンから考えた実証的な資産配分を提案しています。自分のリスク許容度にあった資産配分を考えることもできます。

■ポイント3 目標設定を行なうことで投資の成果は高められる
投資はやみくもにお金を殖やそうとしても長続きはしません。人生の夢・目標に必要なお金を数値化し、目標額と達成時期を明確にすることでモチベーションが高まります。目標へ向けての計画の立て方も具体的に解説しています。

投資に特別な才能は必要ありません。きちんと勉強しながら本気で投資を始めたい。大切な資産を守り着実に殖やしていきたい。そんな方におすすめする本です。

内容(「BOOK」データベースより)

資産を殖やそうと多くの人が投資を始めますが、失敗するケースが後を絶ちません。なぜなのでしょうか?年間50回以上の個人投資家向けのセミナーを通じて、皆様とお話させていただいているうちに、そこには共通する問題点があることがわかりました。本書は、誤った投資方法から脱却して、資産運用で成功するための方法を習得してもらうために執筆しました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: 自由国民社; 新版 (2008/5/22)
  • ISBN-10: 4426105102
  • ISBN-13: 978-4426105105
  • 発売日: 2008/5/22
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 443,374位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
旧版もそうでしたが、新版もお勧めです。
初心者の最初の一冊に最適ですが、
長期投資を長らくやってきた人にも役に立つ情報が一杯です。

特に、漫然とした投資になりがちな読者に対して、
計画を立て、それに向かって数値目標を設定して投資する手法は
初心者のみならずある程度投資を既に始めている人にも「はっ」と気付くものがあるかもしれません。

類書で漏れがちな外国債券、FX、海外ETF、コモディティなどの記述もしっかりしていますし、
「米国債券」「欧州株」「金」など、細かいアセットクラス別の過去データも充実しています。
(他の本ではよく「海外株式」「海外債券」など一まとめにされていたので使いづらい)

ただ、日本を重視しすぎる(※)、アクティブファンドの評価が良すぎる、
紹介している商品がマネックスのものが多い、
など問題点もあるので、その点は注意しましょう。

※日本在住の人は、年金・給料などで放っておいても日本重視になってしまうので、
 投資で日本を重視してしまうと日本がコケた時のリスクが高まります。
 星が5つではなく4つの理由はコレです。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
資産運営の入門書でありながら
自己啓発本のような内容です。
長期運用に有利な金融商品だけでなく、
さまざまな金融商品に言及されているのが
勉強になります。
その中からどの商品を具体的に運用すればよいのか、
10万円、100万円、500万円、1000万円
それぞれの運用金額に合わせた
ポートフォリオが組まれていてとても参考になります。

とはいっても、本書の内容は
現在の世界不況を反映していないため、
内容はいささか古いものとなっています。
さらに、著者がマネックス証券関係者のため、
どうしてもマネックスの商品が中心に紹介されているのが残念です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
目標・夢という目的実現のための手段として資産設計の重要性を謳う。
他の投資本との違いは、目標・夢を資産設計指針継続のインセンティブとして、それを起点として逆算して適確なアセットアロケーションを決めるといったところである。
本人の経験を織り交ぜながらの記述という意味で信頼に足り、構成についてもビギナーズクラス(内容薄いため)においては最適なものだと思う。

しかしながら、資産設計の手法から実際の運用またはリバランスまで懇切丁寧に教示しているものの、肝心なリスク対処への言及については下手に逃げている。当然、リスクを「科学的に」計測できないことはアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞受賞者を擁したLTCMの破たんなどで自明だが、この本の趣旨から外れるとはいえ、リスクの中身についてある程度検討しなければ無価値に近似する。

複利効果が期待できる長期運用を推奨しているが、昨今の世界的金融危機のように非伝統的ランダム性に因る思いもよらない爆発的なネガティブ効果が生じ、潜在成長率そのものが低空飛行する公算が大きい場合も「投資のチャンス」に当たるのだろうか。
「膨大な過去データに基づく詳細な分析」というが、各種市場の歴史的事実は実証主義に未だ全く応えられない。

この資産設計で想定の成果があったか
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一通り網羅されており、読み終わった後、カタログ、あるいは事典のように活用できると思う。
ただ、この本も、他の大多数の投資本と同様、「買うこと(投資する)」は書かれているが、「売ること(利益確定)」のことは全くと言って良いほど書かれていない。
リスク商品は定期預金ではないのだから、投資して放置しておけば良いというものではないと思う。
(著者の所属を考えれば、販売の立場で書かざるを得ないのは致し方ないとは思うが)
ときどきリバランスさえすれば資産が自動的に増えていくような印象を受ける。
「こういうときは現金比率を高くせよ」とか「こういうときは外貨資産の比率を減らせ」とかいう記述は必要だと思うが、いかがなものか?
円安のリスクばかり強調しているのも気になった。
「外貨は、持たないのがリスク」と言うが、為替の動向次第では痛い目にあうことはあり得るはず。
一般個人投資家の外貨投資では、為替が吉と出るか凶と出るかは半々だと思う。
著者は、1ドル120円でも130円でも、外貨に投資するのだろうか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告