¥ 1,080
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【新書版】『中核』~ロシア革命100年~ (マルク... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

【新書版】『中核』~ロシア革命100年~ (マルクス主義学生同盟・中核派 機関誌) 新書 – 2017/4/20

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/4/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

目次

第1部 1917年ロシア革命への道
【1】ロシア革命前史 ……………………………………………………………
クリミア戦争敗北とロシアの資本主義化/農奴解放令と結社「土地と自由」/ロシア資本主義の急速な発展/ナロードニキ運動と「土地と自由(第2次)」/労働運動の勃興/ツァーリ・ボナパルティズム権力の確立/ナロードニキ運動の瓦解と社会民主主義運動の形成/レーニンの闘いと『イスクラ』派/ロシア社会民主労働党第2回大会/党の分裂――ボルシェビキとメンシェビキ
【2】1905年革命の高揚 ~17年革命の総稽古 ……………………………
日露戦争の勃発/戦争の敗北にともなう社会的緊張の激化/「血の日曜日」事件/対馬沖海戦での惨敗と戦艦ポチョムキンの反乱/労働者代表ソビエトの結成/ソビエト運動の革命的意義/モスクワ武装蜂起と敗北/「1905年革命の総括」と党内闘争/ プラハ協議会
【3】第1次世界大戦下のレーニンの闘い ……………………………………
世界戦争の勃発/戦争にたいするマルクス主義者の立場/ドイツ社会民主党の歴史的裏切り/バーゼル宣言の精神を堅持したレーニン/ロシア参戦後のボルシェビキの闘い/ボルシェビキのベルン会議/ツィンメルワルド会議

第2部 二月革命~十月革命の激闘
【1】帝政打倒の二月革命からボルシェビキが多数派へ ……………………
二月革命前夜/女性労働者を先頭に/始まった兵士の決起/ソビエトの「命令第1号」/「二重権力」状態の発生/亡命中のレーニン、帰国を決意/レーニンのロシア帰国/レーニン「4月テーゼ」/臨時政府の反動的本質の露呈/4月テーゼ路線でのボルシェビキ全党の獲得へ/ボルシェビキの急速な台頭/7月闘争の大爆発
【2】プロレタリア革命に勝利したロシア十月 ……………………………
反革命の始まり/第6回ボルシェビキ党大会/コルニーロフ反乱と失敗/両首都ソビエト、「労働者権力樹立」を決議/レーニン、武装蜂起=権力奪取を提起/ロシア十月革命の勝利/ソビエト第2回全国大会

第3部 レーニン主義の理論的核心(レーニンの思想)
【1】機関紙と党組織論 ~『なにをなすべきか』 …………………………
なぜ『なにをなすべきか』を学ぶのか/機関紙活動と党建設/レーニン主義組織論と理論闘争/革命党とその役割/「党と労働組合の生きた関係」
【2】帝国主義戦争との闘い~『帝国主義論』 ………………………………
第1次世界大戦とロシア帝政/戦争の本質をとらえきった『帝国主義論』/第2インターの崩壊と社会排外主義/どのようにしてそれと闘うべきか?
【3】プロレタリア独裁国家へ ~『国家と革命』 ……………………………
階級社会と国家/国家の「死滅」と暴力革命/プロレタリア革命の核心問題/資本主義から共産主義への移行/ロシア革命における労働組合の役割
【4】マルクス主義 ~労働者自己解放の思想 …………………………………
労働者階級の力への無限の信頼/『共産党宣言』の忠実な実践/レーニン『ストライキについて』から/武装蜂起―権力奪取の決断/労働者階級の解放をつうじて全人間の解放へ/資本主義社会の全面的転覆/分断をのりこえて団結すること/レーニン主義を継承し21世紀革命へ


1917年10月25日(ロシア暦)、人類史上初のプロレタリア革命であるロシア革命が勝利しました。ロシア革命は、労働者が社会の主人公として、第1次世界大戦を止めた偉大な闘いでした。ロシア革命から100年たった今日、すでにソ連スターリン主義は崩壊し、左右のあらゆる陣営から「マルクス主義、共産主義は終わった」「労働者はもう勝てない」という批判がなされています。しかし本当にそうでしょうか?

本書は、マルクス主義学生同盟・中核派の2017年春期全国学生理論合宿の基調報告をもとに、その後かなりの加筆を加え、このたび機関誌『中核』として発行されました。
構成は、「第1部 1917年ロシア革命への道」「第2部 二月革命~十月革命の激闘」「第3部 レーニン主義の理論的核心(レーニンの思想)」と三つに分けました。
本物のマルクス主義を甦(よみがえ)らせ、レーニンとレーニンが率いたボルシェビキ(ロシア社会民主労働党)―ロシア労働者階級の闘いから学び尽くす内容にしたつもりです。とくに第1部と第2部は、ロシア革命前史から17年ロシア革命を網羅(もうら)する時代背景とその下でのレーニン・ボルシェビキの実践です。第3部は、『なにをなすべきか』『帝国主義論』『国家と革命』などレーニンの主要な著作の理論的核心をまとめています。全体をとおして、極力わかりやすい叙述にしたつもりです。貴重な写真も多数掲載しました。

ロシア革命とレーニンの闘いから学ぶ意義は、「労働者階級に社会を変える力がある」という確固とした事実であり確信です。ソ連スターリン主義が破壊した労働者階級の自己解放思想=真のマルクス主義を復権させよう! 青年・学生は21世紀革命に立ち上がろう!

出版社からのコメント

新書版166㌻でハンディ、価格も1000円(本体)でお手ごろです。
この1冊で、1917年ロシア革命がどのような時代状況と情勢の中で、どのように闘いとられたのかがよくわかります。
とくに、17年の二月革命から十月革命の過程は固唾(かたず)を飲む展開で、読者を一気に武装蜂起=革命勝利まで引っぱっていきます。二月革命は女性労働者を先頭に闘いとられたこと、レーニンが4月の初めに亡命先のスイスからロシアに到着して以降のすさまじい活躍、その路線のもとでボルシェビキがソビエト内少数派から急速に多数派になっていくこと――これらキーポイントが簡潔にしかも感動的に描かれています。また十月の武装蜂起=権力奪取においてレーニン・トロツキーがどのように労働者の底力を解き放ったのかもよくわかります。逆に、革命的指導部を持ったときに労働者階級は無限の力を爆発させ、天をも衝く勢いで決起していくことを強く実感させられます。
「あまり時間はかけられないけど、この際ロシア革命について是非知りたい」――こういう人にうってつけのベーシックな1冊です。


登録情報

  • 新書: 166ページ
  • 出版社: 前進社 (2017/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4881392662
  • ISBN-13: 978-4881392669
  • 発売日: 2017/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,929位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ロシア革命までの歴史とロシア革命とレーニンの思想が3章に分かれてて読みやすかったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ロシア革命や共産主義とは何かを理解する上でとてもわかりやすかったです。
私は10代の時に3・11原発事故を経験し、それから社会問題に興味を持ち、デモに行ったりするようになりました。その後、NHKのテレビで幸徳秋水が日露戦争の時から戦争反対で声をあげていたことを知り、共産主義に興味を持ちました。
ロシア革命というものの影響力ゆえに、ロシア革命を非難したり、消極的に評価する本やネットの書き込みは多いですが、本書は、ロシア資本主義の出発から整理してロシア革命を追っていく第1部から始まっており、ロシア革命がどういう時代にいかに闘われたのかが、よく理解できました。
とりわけ、1905年革命の敗北から大弾圧の時代があり、そこから10月革命に上り詰める過程は、3・11から6年が経ち、苦闘する人々も多い中で現代に通じる教訓があると思います。
また、第2部のレーニンの理論の面では、レーニンの党組織論を書いた「なにをなすべきか」をあつかったところが良かったです。厳格な党組織論がのちのスターリンにつながったという見方も多いですが、そうでないことがわかりました。
そして、本書を書いているが中核派の学生同盟ということで現在も運動する人が書いているというのもほかの本との違いだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
引き込まれてしまって、あっと言う間に読めました! 自分、ロシア革命については昔何冊か読んで知っているつもりでしたが、今回の中核派のロシア革命紹介を読んで、全体をもう一度つかみ直すことができました。レーニン『帝国主義論』には「平易な概説」(わかりやすく全体像を説いたもの)という副題がついていますが、今回の中核派の新書版は、ロシア革命についての「平易な概説」のような感じがしました。それに水準も高いです。中核派の学生のみなさん、今後とも理論と実践でがんばってください。応援してます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ロシア革命100周年ということでいろいろ本がありましたが、中核派の学生が書いたというところに興味をもってこちらを選びました。
当時の人々の運動が細かく書かれていて、情景を思い浮かべながら読めました。また、その革命の流れと同時に『なにをなすべきか』『帝国主義論』『国家と革命』の本のエッセンスが書かれているところも興味深く読ませてもらいました。読みやすく、おもしろかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す