Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 270
ポイント :
3pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[菊池寛]の【復刻版】菊池寛の「満鉄外史」―満鉄マンの物語 (響林社文庫)

【復刻版】菊池寛の「満鉄外史」―満鉄マンの物語 (響林社文庫) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2016/7/2
¥ 270

紙の本の長さ: 422ページ

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【復刻版の原本】
この電子書籍は、以下の書籍の版面を複写し、シミ、ヤケ、活字のかすれ等をできるかぎり修正し、読みやすくした復刻版です(版面固定型)。
 菊池寛「満鉄外史」(原書房 昭和41年9月10日発行)
※ 端末によって見え方が異なる場合があるほか、復刻版の版面イメージの確認のためにも、無料サンプルをダウンロードし、確認の上でご購入下さい。なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをお勧めします。

【解説】
 満鉄は、日露戦争後に設立された国策会社である南満州鉄道株式会社のことだが、本書は、その経営を通じて満洲開発に尽した満鉄マンの物語である。
昭和16年(1941年)に発刊されたものだが、筆者の菊池寛は、序文で次のように述べている。
「『満鉄外史』は満洲新聞社の依頼により、満鉄の歴史を興味本位に書いたものである。私は満鉄にとって、あまり縁故のない一門外漢である。だから、その資料は、主として文献に依り、その補助として、満鉄と苦楽を共にした老満鉄マンの談話を聞いて見た。だから、専門的な鉄道経営史としては一読の価値がないかも知れない、しかし満鉄人の感情史・心理史として、又一頃流行った『満鉄ロマンス』として、又読物「満鉄物語」としては、間然するところ無きを信ずるものである。私が局外者であるだけに、いろいろな史実・挿話の撰択に於ても、割合公平であり得たと想うのである。」
 そして、当時の満鉄総裁だった大村卓一は、大筋次のように趣旨の序文を寄せている。
「満鉄は、明治40年(1907年)4月、日露戦争の戦塵いまだ消えやらぬ大連の地に営業を開始した国策会社であった。創業当初は、700キロに過ぎなかった鉄路は、昭和16年には1万キロを超え、社員も20万人を数えるに至った。この満鉄会社の驚くべき膨張発展の歴史は、それ自体が近代満洲史であると同時に、おそらく和蘭、英国の東印度会社史或はシベリヤ鉄道史に優るとも劣るまじき、近代東洋史をいろどる最も多彩にして主要なる部分であろうと信ずる。
然るに、この満鉄史に就いては、従来多くの書物がありながら、その大部分が、例えば「満鉄十年史』或いは『満鉄三十年略史』の如く、会社が自ら録したるものか、又は会社の必要に即して書かれたるもの多く、他より会社を批判し、又は興味ある読物として一般人に悦び読まれる種類のものは、全く見当らなかった。」
夏目漱石が、中村是公が総裁だった時期に訪問した際に感じたように、満鉄には上下を問わず自由闊達な気風が横溢しており、意思決定も全員一致を旨とし、かつ迅速であった。内地とはまったく異なる組織風土が、満鉄と満洲の発展を支えたと言われている。しかし、やがて、政友会が利権化しようとする動きも露骨となってきた。満鉄マンたちはこれに激しく抗するも、押し切られる局面もあったが、その非を社会に訴えて指弾するなど、その抵抗がその後の政治家や政党の干渉に対する抑止効果となった。
菊池寛は、歴史を描くにも、常に人間に焦点を当てて活き活きと描く作家だが、本書もまたそのスタイルで描かれている。

【お薦め】
響林社文庫の「漱石の満韓紀行―(附)幻の大連講演、新聞寄稿」

【ご参考】
響林社文庫の目録は、響林社HPの左サイトの「響林社 kindle電子書籍」欄をご参照下さい。作家、テーマごとに整理しています。なお、各書籍欄で、「現在取扱いできません」との表示がされますが、実際にはKindleのショップで販売しています。また、ショッピングカートは使用できません。これらは、物販用のツールを目録用に使用しているためで、電子書籍には適用できないことによるものです。ご諒承下さい。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 175807 KB
  • 紙の本の長さ: 422 ページ
  • 出版社: 響林社 (2016/7/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01HVZRYRS
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 108,827位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover