通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
【廉価版】封印された日本の秘境 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

【廉価版】封印された日本の秘境 ペーパーバック – 2012/5/26

5つ星のうち 2.8 6件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 【廉価版】封印された日本の秘境
  • +
  • 封印された日本の村
  • +
  • 封印された日本の離島
総額: ¥1,698
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

旅行代理店やガイドブックではわからない、本当の秘境へ潜入!
★立入禁止の巨大廃墟島・軍艦島 ★あやしい雰囲気がただよう青木ヶ原樹海 ★毒ガスに覆われた「地獄」という名の秘境 ★山奥のワケありの廃駅・旧東青山駅 ★鎖だけが便りの崖っぷち「鎖場」を行く耶馬溪 ★死者が集まる?霊山・恐山
旅行代理店やガイドブックではわからない、本当の秘境へ潜入命がけでも行きたい! 単行本分に最新ネタを追加した「特別版」です! など、全国でも指折りの秘境の奥深くに潜入。

内容(「BOOK」データベースより)

命がけでも行きたい本当の「秘境」。立入禁止の巨大廃墟島、あやしい雰囲気の青木ヶ原樹海、毒ガスに覆われた「地獄」秘境、山奥のワケありの廃駅…全国でも指折りの秘境の奥深くに潜入。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 224ページ
  • 出版社: 彩図社; 特別編集版 (2012/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883928624
  • ISBN-13: 978-4883928620
  • 発売日: 2012/5/26
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 555,930位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルと目次を見て購入。
他の方が書いておられるように、一般の方が執筆されたような文章でしたが、読みにくくはありません。

ただ舞台となってる場所が「封印された」とはいえないところ大半です。
軍艦島をのぞき、努力すれば到達できる場所が舞台となっています。
一連の「封印」シリーズが好評なためこのタイトルにしたのでしょう。

とはいえ、それは大きなマイナス要素ではありません。

★を二つにしたのは、その注釈の過剰な多さ。
一ページに1〜2つの※印がついていて、最初はそのつど欄外に目を通していましたがあまりに数が多すぎる。
文中の「コンパス」に※がついているため、欄外に目をやると「100均ショップで購入」という注釈、
「え?これっていちいち注でかかないといけないかな?」そう思いながら読みすすめます。
ちがうページでは「空腹」という文字に※、欄外には「なんだか、もう定番となってきた」とある。
仲間内のエピソードなど、注釈にしなくてもいい内容が大半です。見なきゃいいのですが、
読んでいると気になって結局欄外を見てしまう。

それがほとんどのページで、延々と続きます。
ただ読むだけなのに、目の動かし方が通常の読書と
...続きを読む ›
2 コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
書店で平積みしていたので手に取った。秘境マニアではないが、軍艦島と別子銅山をとりあげていたので買った(550円の廉価版だから気楽に)。
軍艦島は秘境ではなく天気さえよければ観光できることになっている。数年前にトライしたのだが波が高く、近くまでいったが上陸できなかった。この本を読むと、不法上陸であり禁止区域まで潜入したところをみれば「秘境」といえるだろう。そうか、こういう状況なのか、と案内になっている。
別子銅山も行きたかったところだが、なかなか行けない。筆者は苦労して歓喜坑に行ったが、住友の社員研修が行われているのだから別ルートもあるようだ。
「秘境」も「秘湯」もブームになっているが、到達するのにちょっぴり困難程度でも、「秘境」といってもいいだろう。筆者が進むルートは「探検」だね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
近年の「廃線ブーム」に始まる、「廃村」、「廃道」、「廃墟」、そして「秘境」といった、一連のシリーズ書籍の刊行ラッシュには正直うんざり気味なのだが、まだそれらに手を出したことがない入門者には比較的入りやすい1冊ではないだろうか。
「封印された」とあるけれど、実際には足を運ぶのが難儀至極なわけではないし、本書を読んで現地訪問を思い立つ読者がいたとしてもそれほど大きな危険はないと思えるからだ。
紹介記事を読んで実際に足を運んでみたら遭難しましたなんていうのでは洒落にならない。
「身近」と「秘境」は相反する言葉だが、程よいあたりで折衷したと取ればさして気にはならない。

それにしても、最早日本国内には本当の意味での「秘境」というものは存在するんだろうか。
現在のブームのさらに上を行くコアな内容の“国内”秘境探検と言ったら、「尖閣諸島」や「硫黄島」、「沖ノ鳥島」くらいしか残っていない気がする。
その内にこれらの島々も突撃ルポが刊行されたりして。そうなったら別の意味で問題になりそうだ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック