¥ 2,722
  • 参考価格: ¥ 3,024
  • OFF: ¥ 302 (10%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【大活字本】高村光雲の「幕末維新懐古談(上)」 (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

【大活字本】高村光雲の「幕末維新懐古談(上)」 (響林社の大活字本シリーズ) オンデマンド (ペーパーバック) – 2016/4/27


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
オンデマンド (ペーパーバック), 2016/4/27
¥ 2,722
¥ 2,722 ¥ 6,048
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

『幕末維新懐古談』は、仏師・彫刻家の高村光雲によるものです。幕末に生まれて教育を受け、明治に生きた文化人で、その回顧談がそのまま江戸から明治への時代風俗の記録になっていて興味深いです。
光雲は、「1852年に江戸下谷(現・台東区)に町人兼吉の子として生まれる。1863年(文久3年)から仏師の高村東雲の元に徒弟となる。明治維新以後は廃仏毀釈運動の影響で、仏師としての仕事はなく、輸出用の象牙彫刻が流行したために木彫も衰え、光雲自身の生活も苦しかった。そのような中で光雲は木彫に専念、積極的に西洋美術を学び、衰退しかけていた木彫を写実主義を取り入れることで復活させ、江戸時代までの木彫技術の伝統を近代につなげる重要な役割を果たした。」(ウィキペディア)


登録情報

  • オンデマンド (ペーパーバック): 364ページ
  • 出版社: 響林社 (2016/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865740511
  • ISBN-13: 978-4865740516
  • 発売日: 2016/4/27
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,140,996位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。お線香 ご進物用