【国内正規品】レーザー式 ゲーミングマウス Ste... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,960
21pt
通常配送無料 詳細
発売元: world product
カートに入れる
¥ 6,980
70pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: J&J. trading
カートに入れる
¥ 6,980
通常配送無料 詳細
発売元: ETAG ONLINE

【国内正規品】レーザー式 ゲーミングマウス SteelSeries SENSEI [RAW] Rubberized Black 62155

5つ星のうち 3.8 48件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,980
価格: ¥ 6,919 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,061 (23%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでSIMカード実質無料 2 件

残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:19¥ 6,919より
  • 接続方式:有線 / 認識方式:光学式 / ボタン・ホイール機能:ボタンまたはホイールあり / ボタン数:6 / ホイールボタン数:1
  • シリーズ名:STEELSERIES SENSEI RAW
  • カラーバリエーション:あり / 色:ラバーブラック


ストアリニューアルセール開催中(8/31まで)
ゲーミングPC デバイスストアのリニューアルOPENを記念して、対象のゲーミングデバイスが表示金額より最大20%OFF。 詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報

  • レジで10%OFF対象。割引きは決済時に行われます。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 5,000円以上まとめ買いでSIMカード実質無料! 詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【セール情報】:ゲーミングPC デバイスストア リニューアルOPEN&セール開催中!最大20%OFF。8月31日まで。詳細はこちら

  • 保証範囲:各商品のメーカー規定に準じる(国外使用の場合、保証対象外となる可能性があります) / Manufacturer’s warranty policy will be applied. Overseas usage are mostly not covered by manufacturer’s warranty.

  • SOHOストア:  ビジネス・オフィスに必要なアイテムを多数ラインアップ。期間限定のお買い得情報も。SOHOストアへ。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 【国内正規品】レーザー式 ゲーミングマウス SteelSeries SENSEI [RAW] Rubberized Black 62155
  • +
  • 【国内正規品】SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005
総額: ¥7,973
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
ブランドSteelSeries
商品重量322 g
梱包サイズ5.3 x 17 x 20 cm
メーカー型番62155
カラーRubberized Black
商品の寸法 幅 × 高さ17 x 20 cm
OSMicrosoft Windows 2000, Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Mac OS X
  
登録情報
ASINB007N6HS3G
おすすめ度 5つ星のうち 3.8 48件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 - 2,868位 (ベストセラーを見る)
発送重量340 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2012/6/27
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

レーザーセンサ搭載ゲーミングマウス

Amazonより

シンプルにパフォーマンスの本質のみを追及したゲーミングマウス。

   Sensei[RAW]はオリジナルのSteelSeries Senseiから骨格部分を厳選した製品です。
   対戦相手を打ち負かす事に的を絞ったパフォーマンスの本質のみを追求したモデルです。

■THE SENSEI [RAW]
   最初のマウスのリリース以来、マウス製品には日本語にインスパイアされた製品名が使われています。
   SteelSeriesのマウスはパフォーマンスに重点を置き、主にトーナメントスタイルのゲームプレイを想定し開発されてきました。
   Ikariは「怒」を、Xaiは「才」を表わすように、このような製品名が続いています。
   Senseiは私たちの道場のグランドマスター(師匠)として存在しています。
   Sensei[RAW]はマスターの中核となる部分のみを形にした製品です。
   対戦トーナメントグレードのコンポーネントと明確な意図を持つSensei[RAW]は、対戦相手を打ち負かす事に的を絞ったパフォーマンスの本質のみを追求したモデルです。

■SIZE AND WEIGHT
・重量: 90g
・高さ: 38.7mm
・縦幅: 68.3mm
・横幅: 125.5mm



■BUTTONS
   1. 左サイドボタン1
   2. 左サイドボタン2
   3. 左クリック
   4. 右クリック
   5. スクロールホイール/ミドルクリック(押し込み)
   6. CPIトグル
   7. 右サイドボタン1
   8. 右サイドボタン2



■ADVANCED MACROS
   SteelSeries Engineソフトウェアにより、長く、高度なマクロでも本体に記録することが可能になりました。
   マクロにはキーストロークや正確なタイミングが記録でき、それを複数のプロファイルに保存することができます。
   この機能をどう使うかはあなた次第です。(ゲームプレイのルールを守った上で、慎重に調整を行って下さい。)

■BEST-IN-CLASS TECHNOLOGY
   最先端のレーザーセンサーの採用により、安定した確実なパフォーマンスを実現しました。
   SteelSeries Senseiは10.8メガピクセルのHDイメージを秒間12,000フレームの速さで処理することができ、秒速150インチの動きも捉える事が可能です。

■Rubberized Vs. Glossy
   SteelSeries Sensei[RAW]Rubberizedは手の汗を心配するゲーマーのため、手汗に抵抗力のあるコーティングを使用し、激しいゲームセッション中でも非常に優れたグリップとソフトなフィーリングを提供します。
   SteelSeries Sensei[RAW]Glossyは光沢のあるブラックコーティングで、独特なグリップ感と手触りです。
   滑らかな見た目と感触を好むプレイヤーには理想的なモデルです。



■PLUG, PLAY, WIN
   Senseiの使用にあたりソフトウェアをインストールする必要はありません。
   デフォルト設定によって全く問題なく操作が出来ます。
   SteelSeries Engineにて高度なカスタマイズが可能になり、例えばCPIセッティング、ボタンのカスタマイズ、LEDの明暗度、イルミネーションモードなどSensei [RAW]はSteelSeries Engine technologyによりサポートされます。

■LIGHT‘EM UP
   輝かしいホワイトイルミネーションにはいくつかのモードを設定する事が可能です。
   :固定、スローパルス、ミディアムパルス、ファーストパルス
   イルミネーションの明暗も暗め、中間、及び明るめに設定することができます。
   また、イルミネーション自体を好まない方は全てのイルミネーションをOFFにすることも可能です。

   複数のプロファイルを使用するユーザーにはもう1つ大きなメリットがあります。
   プロファイルごとに明るさの設定が可能なので、プロファイルを切り替えても
   今どのプロファイルが適用されているのかがすぐに分かります。

SteelSeries マウス比較表

SteelSeries Sensei マウス 62150SteelSeries SENSEI [RAW] Rubberized Black 62155SteelSeries SENSEI [RAW] Glossy Black 62154SteelSeries KANA Black マウス 62030SteelSeries KANA White マウス 62029SteelSeries Kinzu v2 PRO EDITION BLACK マウス 62016SteelSeries Kinzu v2 PRO EDITION RED マウス 62025SteelSeries Kinzu v2 PRO EDITION SILVER マウス 62020
センサー方式レーザー式レーザー式レーザー式光学式光学式光学式光学式光学式
ボタン数88866444
サイズ縦125.5 x 横68.3 x 高さ38.7 mm縦125.5 x 横68.3 x 高さ38.7 mm縦125.5 x 横68.3 x 高さ38.7 mm縦124 x 横64 x 高さ37 mm縦124 x 横64 x 高さ37 mm縦117 x 横64 x 高さ117 mm縦117 x 横64 x 高さ117 mm縦117 x 横64 x 高さ117 mm
重量102g90g90g72g72g77g77g77g
動作CPI(DPI)値1 - 5700 CPI (ダブルCPI使用時 5701 - 11400)90 - 567090 - 5670400 - 3200400 - 3200400 - 3200400 - 3200400 - 3200
LED イルミネーション1680万色設定可能ホワイトホワイト×××××
LCD 背面液晶×××××××
32bitARMプロセッサー×××××××
本体カラーシルバーブラックブラックブラックホワイトブラックレッドシルバー
表面加工メタリックラバー光沢プラスチックマットプラスチック光沢プラスチック光沢プラスチック光沢プラスチック光沢プラスチック


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
購入して約一年ほど、FPSやMMO等で使ってきました
その間、他のマウスもいくつか試してきましたが、最終的には、このマウスに落ち着いています

このSENSEI RAWが最も優れている点は、この形状だと思います
私は、長い間左右対称型のマウスを使ってきたため、右手専用あるいはその逆のような形状のマウスは、どうも馴染みませんでした

馴染まないだけで、決して他のマウスで結果が出せないというわけではないのですが、どんな持ち方をしても安定した操作が出来るこの形状はベストだと思います

その他の点においては、最高とは言えませんが、まあ無難、といったところでしょうか
例えば、クリックは特に可もなく不可も無く、まあ多くの使い方では不満の無いものでしょうが、高速タップや反応速度でこれを越えるものも少なくありません
キーバインドやマクロの登録はソフトウェア処理のため、ゲームプロテクトの設定に依存するという点も場合によってはマイナスになりますし
センサーの特性も、センサー位置が真ん中よりも若干下に配置されているため、他のマウスから変えるとレスポンスが悪い印象もあります

そして、これは長期間使ったことで出てきた問題ですが、表面のラバーコーティングが劣化して、ベタベタしてき
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
SS社のrival100、ribval無印を使っていました。この二つもかなり良かったのですが、senseiRAWは私の手に完璧に合うものでした。
このシンプルな形状と艶消し加工が、手のひらに吸い付くようにフィットします。FPSなどでは今まで以上に精確トラッキングできるよなり、ヘッドショットを叩き込める機会が増えました。
欠点を上げるなら、マウスコードが硬いことでしょう。しかし、それを踏まえても良いマウスだと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Senseiとの比較を織り交ぜたレビューとなります

通常のSenseiとRawの違いは

・通常版102gに対しRawは90gであること
・センサーが微妙に異なること(要らなかった高DPIが使えなくなっただけですのでこの点は全く問題無いです)
・表面のLEDがRawでは白色のみとなっていること
・Rawでは底面のLCDが無くなっており、マウス本体だけで設定を行うことが出来なくなっていること
・オンボードで設定出来るプロファイルが、5個から1個へと減ったこと
以上の点が挙げられます

(良い点)

・軽くなったため、より使いやすく感じた
・触り心地はしっとりとしており、持ちやすさもこちらのほうが上と感じた
・コストが安くなっている
・プロファイルの登録は1個のみだが、DPIは2つ登録できる為便利
(悪い点)
・引っかき傷などがついてしまうと少々目立つ
・本体だけで設定できない為、結構重いと評されるSteelEngineを使う必要がある
・安いといっても現状ではどう考えても高い(AmazonではよくSenseiが7500‾8000円程度で売っています)
・デフォルトのソールはS
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
steelseriesから新しいマウスがでたので購入。
一ヶ月Qck Heavyと飛燕SOFT Mの上でFPSで使ってみたレビューを書きます。

握り心地は平均的な手のおおきさであればフィットする
XaiやSENSEIとなんらかわりはありませんが、
こちらはラバー加工されているので
つまみもちなどのすべることを気にされる持ち方ならGlossyのほうをオススメします。

しかしこの大きさで非常に軽い(90g)という点は評価できます。

クリック感もXai・SENSEIとほとんどかわりはないかと。
ただしサイドボタンは出っ張りがへって少し押しにくくなっています。

ホイールはよくとまってくれて使いやすいです。

デフォルトのソールはすべりにくいです。
自分はPuretrak Perfectglide for Xaiにはりかえて使ってます。

感想をまとめると

・価格を6000円代前半までさげてくれたらSENSEIや他のマウスからの乗り換え先にも安心してオススメできる
・自分は予算に余裕もあったので買って損だとは思っていないむしろ満足している

と自分からの感想はこんなものでしょうか。
予算に余裕がある方でしたら購入されてみてはいかがでしょうか?
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー