おすすめ商品の読み込み中

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
現時点では、おすすめはありません
ショッピングを続ける
購入するには、
サイズを選択してください

左のオプションから選択してください

ゴールドジム(GOLD`S GYM) パワーグリップ プロ 3710 【初心者~プロ対応】 握力の補助 鍛えたい部位の集中トレーニング 懸垂 ラットプルダウン デッドリフト シーテッドローイング 【ゴールドジム正規品 ゴールドジムトレーナー愛用】

5つ星のうち4.5 1,056個の評価

価格: ¥7,521 ¥12,716
プロモーション情報 【まとめトク】日用品はまとめておトクに! 1 件
  • 【まとめトク】日用品はまとめておトクに!
    まとめトク!いつものお買い物、まとめておトク! 食品・飲料、お酒、ペット用品、ドラッグストア、ビューティー、ベビー&マタニティ、キッチン雑貨、ホビー用品、オフィス用品からカー用品まで、いつものお買い物をまとめて買うとおトクに。現在開催中の"まとめトク"キャンペーンを一挙ご紹介。詳しくは 特設まとめトクページへ 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.
サイズ: サイズを選択
サイズを選択
この選択に基づいて他のオプションを更新しました
種類: Amazon.co.jp限定
Amazon.co.jp限定
この選択に基づいて他のオプションを更新しました
パターン: 単品
単品
この選択に基づいて他のオプションを更新しました
  • 手首の太さ目安: Sサイズ16cm、Mサイズ18cm、Lサイズ21cm
  • プロ仕様:数多くあるトレーニンググリップの中でも、最も多くのトップアスリートが使用するプロも納得のパワーグリッププロタイプ
  • 装着:テープ式で簡単に着脱可
  • 用途:バーベルやマシンを使用したトレーニング時に握力をサポートするトレーニングアクセサリー
  • 特長1:プル系(引く)トレーニングでは鍛えたい身体の部位に力を集中でき、プレス系(押す)トレーニングではグリップの本体部分が滑り止めの役割をはたします
  • 特長2:左右同時にセットできるので、トレーニング中の時間ロスも軽減、初心者から上級者まで幅広く愛用できます
もっと見る
最大5,000ポイント還元

サイズ: S(手首の太さ約16cm)  |  種類: Amazon.co.jp限定  |  パターン: 単品      プロモーションは、サイズ/種類/パターンに応じて変わる可能性があります。

  • まとめトク!いつものお買い物、まとめておトク! 食品・飲料、お酒、ペット用品、ドラッグストア、ビューティー、ベビー&マタニティ、キッチン雑貨、ホビー用品、オフィス用品からカー用品まで、いつものお買い物をまとめて買うとおトクに。現在開催中の"まとめトク"キャンペーンを一挙ご紹介。詳しくは 特設まとめトクページへ 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 商品の情報

    詳細情報

    登録情報


    カスタマー Q&A

    カスタマーレビュー

    5つ星のうち4.5
    星5つ中の4.5
    1,056 件のグローバル評価
    評価はどのように計算されますか?

    この商品をレビュー

    他のお客様にも意見を伝えましょう

    上位レビュー、対象国: 日本

    2018年12月19日に日本でレビュー済み
    サイズ: M(手首の太さ約18cm)種類: 通常品パターン: 単品Amazonで購入
    58人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2018年12月16日に日本でレビュー済み
    サイズ: M(手首の太さ約18cm)種類: 通常品パターン: 単品Amazonで購入
    カスタマー画像
    5つ星のうち4.0 男性はMサイズです!(Sはかなり小さい)
    ユーザー名: shamoko、日付: 2018年12月16日
    メーカーの説明通り、普通の男性であれば絶対にMサイズを勧めます。
    トレーニング初心者の私の場合で、170cm70kgの普通の腕の日本人男性ですが
    手首の一番細い部分をメジャーで測ってちょうど16cm、Mサイズでぴったりでした。
    参考までに、Mサイズ着用時の画像を載せておきます。

    他のレビューでは、なぜか「Sサイズにしとけばよかった・・」といった内容が
    かなり目立ったので実は当初Sサイズを買ってしまったのですが、騙されました。
    Sサイズはかなり小さいので細めの女性用といった感じで、
    私の場合はマジックテープがギリギリ届くけどかなりキツかったです。

    なお、ちょっと値段がお高いですが
    製品の使用感は非常に良いので満足しています。
    このレビューの画像
    カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
    カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
    52人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2019年11月18日に日本でレビュー済み
    サイズ: M(手首の太さ約18cm)種類: 通常品パターン: 単品Amazonで購入
    カスタマー画像
    5つ星のうち5.0 SサイズとMサイズを検証
    ユーザー名: NOFAP、日付: 2019年11月18日
    パワーグリップのサイズ問題、ちょっと腹が立つことがあったので徹底的に分析する事にしました。
    結論から言うと私の手首17cm(腕と手の境目)、Mサイズが最適です。Sではきつすぎます。

    こちらのレビューからMサイズを注文しました。その後たまたま見かけたサイトに以下のサイズ表記があり、
    慌ててSサイズに変更しました。しかし以下の表記明らかに誤りでした。ご注意を。

    サイト表記では遊びの部分を入れると許容サイズが変わる。
    Sサイズ:製品サイズ 手首の太さ16㎝ → 許容範囲 19㎝~24㎝ 無理です。
    Mサイズ:製品サイズ 手首の太さ18㎝ → 許容範囲 21㎝~26㎝ 無理です。
    (多分Sで15-18cm Mで17-20cm くらいが限界でしょうか)

    パワーグリップと手首が接着するウレタン部分は縦が5cm(写真参照)この部分、腕に巻いた際には上下が同じサイズではなく、下から上に向かって広がっていきます。

    従って腕と手の境目から腕側に5cm下がった位置が上記の下の位置になります。
    そこがメーカーが記すサイズでそれぞれS16cm / M17 cm
    上記の上側の腕と手の部分がおおよそ、S17.5cm / M19.5cm

    Sだとこのレビューでも書かれている手首17cmの人はかなりきつくなり、私は巻いていて手首がうっ血したり、痛いので気がそちらに行ってしまい、少し集中を欠く結果になりました。マジックテープをゆるめにしても他の方も指摘の通り、ゴールドの刺繍が有る部分が頑強なため、設定以外の位置で折り返しても余裕を作ることができにくいです。教養範囲が極端に小さい。

    Mだと指1-2本が入り緩めかなと思いきや、手首に違和感なくつけられました。因みに写真にあるようにウレタン部分を重ねる事が可能ですが、重ねるのは片手だと難しく、結構手間になります。

    メーカー推奨の手首サイズは実は上記のS16、M18ですが、これは手首から4-5cm肘側に下がった位置のサイズが適正サイズになります。実際に使用した際には重さに引っ張られて多少手首側にずれていきますので。

    人によって手首から肘に向かって太さが同じであればさして問題はないのですが、大概の方は肘に向かって腕が太くなっていくと思います。

    という事で手首から5cm肘側のサイズを測りそこが16cmだったらS、それ以上の方は迷わずMサイズで宜しいと思います。他の方もゴールドジムにと問い合わせたら指が1-2本入るくらい余裕がある方がいいということでした。

    最後にやはり手首回り17cmの人にはSもMも 少し中途半端なのかもしれません。

    製品は最高です、以前使用していた安い品は半年でベロ側の糸がほつれ、1年で使用不可になりました。
    後、金具がウレタンの上から手首にあたり痛かったりしましたが、こちらの製品は完璧です。持っていて愛着も湧き、早めに買っておけばよかったと思いました。
    このレビューの画像
    カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
    カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
    30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2018年11月16日に日本でレビュー済み
    サイズ: S(手首の太さ約16cm)種類: 通常品パターン: 単品Amazonで購入
    カスタマー画像
    5つ星のうち5.0 筋トレが捗ります。
    ユーザー名: hiro、日付: 2018年11月16日
    筋トレを続けるうちに、やはり狙った筋肉に効率よく効かせるためには、こういったアイテムも必要だと感じ、最初は布のベルトのみのタイプを買いましたが、手首に食い込んで痛く、すぐに使わなくなりました。しばらくして、こちらを購入しました。
    結論は『買ってよかった』です。
    たいした重量も扱えないのに、こんな仰々しいのは恥ずかしいかとも思いましたが、ジムの雰囲気ではまったくそんなことを考える必要はありませんでした。
    みんな、人のことは気にしていないようですし(笑)
    懸垂、デッドリフトなど、背中のトレーニングでその効力を発揮してくれます。
    急に重量が挙げられるようになったりするわけではありませんが、握力や腕力に頼らなくなるので、回数をこなすことができ、また、背中にしっかりと効かせることができるようになった気がします。

    サイズはSサイズを購入
    手首の太さは16センチです。
    他のサイズを付けたことがないので使いやすさなどの比較はできませんが、とりあえずSサイズについてトレーニング上の問題はありません。
    強いて言うなら、手首を巻くベルトが短いので、いちいち金具から全部外さなければならず、装着する時も金具を通すのがスムーズにいかなくて面倒だったりする時があります。
    このレビューの画像
    カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
    カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
    31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2020年12月2日に日本でレビュー済み
    サイズ: S(手首の太さ約16cm)種類: Amazon.co.jp限定パターン: 単品Amazonで購入
    カスタマー画像
    5つ星のうち3.0 ★確実なSMサイズ判断の為に。
    ユーザー名: ミズノ、日付: 2020年12月2日
    【 確実なサイズ選び 】 
    購入時、サイズ選びに迷いますよね。何故ならレビューの判定が両方存在するから。
    検証した人も居るようですがレビューがイマイチ理解不能でした。
    SかMかで迷った私の意見と写真で納得して頂けると思います。

    私の手首は16cmなので、Sを購入。
    結果、キツ過ぎました。
    製品実物を測ったところ、手首に巻きつける部分の長さは、手側=18cm、前腕側=14cm。
    つまり、手首に巻きつける部分は円錐状となっていて、前腕にかけ狭くなり手首が14cm以下の方でなければキツ過ぎとなります。

    SMサイズで迷っている方に私の投稿した画像も見て頂き、適切な判断からサイズを選択し購入していただければ幸いです。
    このレビューの画像
    カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
    カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
    19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2017年12月12日に日本でレビュー済み
    サイズ: M(手首の太さ約18cm)種類: 通常品パターン: 単品Amazonで購入
    28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    ベスト500レビュアーVINEメンバー
    2018年9月6日に日本でレビュー済み
    サイズ: S(手首の太さ約16cm)種類: 通常品パターン: 単品Amazonで購入
    21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告
    2019年7月11日に日本でレビュー済み
    サイズ: M(手首の太さ約18cm)種類: 通常品パターン: 単品Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )Amazonで購入
    カスタマー画像
    5つ星のうち5.0 トレーニングギア三種の神器が一つ。
    ユーザー名: VINUSHKA、日付: 2019年7月11日
    ハードコアなマッチョ(鈴木雅選手)の画像と、『プロ』の商品名と、お高めな価格設定。
    初心者は手を出しにくい商品かと思いますが、初心者にこそ手に取ってほしい商品ですね。
    その道の一線級にも選ばれる良質な商品です。

    私にとって、ウエイトトレーニングをする上で必須とも言えるトレーニングギアの一つです。
    使っている種目としては…
    懸垂、ラットプルダウン、ワンハンドロウ等ロウ系のプル(引く)系の種目。
    他には、サイドレイズ等レイズ系種目、ダンベル、ハンマーカール等などにも使えます。
    特に背中の種目、肩のレイズ系種目には効果抜群です。

    このパワーグリップはどういったギアかと言うと…
    摩擦力の高いゴムのヒダをバーベルバー等に巻いて上から握ることで、最小限の握力で保持することが出来るというものです。
    商品説明ではプレス系にも使えるとありますが、私はプレス系の種目には使いません。

    基本的にウエイトトレーニングは、部位を狙ってトレーニングをします。
    このギアにより握力を補助することで、より目的部位を意識しやすくなります。
    また、握力が先にへばる、ということがなくなります。
    例えば懸垂だと、グッとバーを握る必要はなく、バーに巻いたパワーグリップの上をちょいと手で覆う程度で保持できてしまいます。
    体感で握力の使用度合いは半分以下になっていると思います。
    (握力を鍛えたい場合は、別個に握力を鍛える種目を加えた方が『ついでで鍛える』より遥かに効果的です。)

    似たような原理で価格も安いリストストラップ(リストラップとは違う)は、パワーグリップより保持力は高いですが、セッティングがこれより少し手間。
    基本的にパワーグリップを使います。
    頑丈さ・保持力はリストストラップの方が上回るので、初心者がビクともさせることが出来ないぐらいの高重量のデッドリフトで使っています。

    ちなみに、このパワーグリップは6年使いました。
    汚いですが画像を載せておきます。
    手前が週2~3の頻度で6年使用したパワーグリップ。
    GOLDS GYMの刺繍は色あせ、金属部表面は錆び、手首周りのウレタンは少し破損し、生地の一部がめくれています。
    マジックテープや力がかかる部分の破損がないのでまだまだ使えます。
    コレ、かなり丈夫です。(さすがに今回入れ替えます。)
    ゴムのヒダは使用につれて湾曲していき、使いやすい状態になっています。

    新品は触って比較するとわかりやすいですが、ゴムにコーティングがしてあるのでツヤツヤしています。
    保持力は7割程度。
    使っていくうちにゴムのヒダが変形していき、ツヤツヤが取れ摩擦力が増し、保持力が強固になっていきます。
    使い始めは少し慎重に使った方がいいですね。
    サイズは、私は手首周り17.5㎝でこのMサイズの18㎝がちょうどいいです。

    ★個人的にトレーニングの三種の神器は
    ・パワーグリップ(本商品)
    ・トレーニングベルト
    ・リストラップ
    プラスでトレーニンググローブはあった方がいい。
    トレーニンググローブは、神器のパワーグリップ、リストラップに干渉しないものを選びます。
    このレビューの画像
    カスタマー画像
    カスタマー画像
    11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
    違反を報告