通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付です。2016年8月25日 第5刷発行になります。本書に目立つきずなく良品です。書き込み・線引き・マーカーありません。アルコール消毒後、丁重に防水梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛 (新潮選書) 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/27

5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/5/27
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 732

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛 (新潮選書)
  • +
  • 中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)
総額: ¥1,922
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

百年前、英・仏・露によって結ばれた秘密協定。それは本当に諸悪の根源なのか。いまや中東の地は、ヨーロッパへ世界へと難民、テロを拡散する「蓋のないパンドラの箱」と化している。列強によって無理やり引かれた国境線こそが、その混乱を運命づけたとする説が今日では主流だ。しかし、中東の歴史と現実、複雑な国家間の関係を深く知らなければ、決して正解には至れない。危機の本質を捉える緊急出版!

内容(「BOOK」データベースより)

百年前の「秘密協定」は、本当に諸悪の根源なのか?いまや中東の地は、ヨーロッパへ世界へと難民、テロを拡散する「蓋のないパンドラの箱」と化している。1916年、英・仏の協定によって地図の上に無理やり引かれた国境線こそが、その混乱を運命づけたとする説が今日では専らだ。しかし、中東の歴史と現実、複雑な国家間の関係を深く知らなければ、決して正解には至れない。危機の本質を捉える緊急出版!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 141ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/5/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106037866
  • ISBN-13: 978-4106037863
  • 発売日: 2016/5/27
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,257位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 古舘 健 トップ100レビュアー 投稿日 2016/9/27
Amazonで購入
こんにちは、古舘 健です。

先日、ご紹介した「使える地政学 日本の大問題を読み解く (朝日新書)」に、<ISは原因ではなく結果である。では、何が原因かというと、第一次世界大戦中のサイクス・ピコ秘密協定(一九一六年)にある。>という項目がありました。*参考「(P49)使える地政学 日本の大問題を読み解く (朝日新書) 佐藤優」

それからニュースをみても「サイクス=ピコ協定」が原因だ、と思うように私はなっていました。そこでより深くサイクス=ピコ協定について知りたい、と考えていたところ本書を見つけました。

しかし、著者の考えは違っていました。中
...続きを読む ›
5 コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
サイクス=ピコ協定について書かれた本ですが、サイクス=ピコ協定がどう結ばれたのか、なぜ暴露されたのか等、それ自体を深く知りたい方には役不足になるかと思います。
サイクス=ピコ協定にまつわる諸問題、てとこです。
初心者に良いのかな。。。
アラブの春やセーブル条約、ローザンヌ条約などの単語が出てきますが、それらが一体何なのかは明確には書かれてませんし、アラブの春も何なのか説明がなされていないので、ある程度中東の知識がなければ頭の中で話の整理がしにくいです。
自分は最近になって中東などの勉強を始めて、なるべく初心者に分かりやすいものをとこの本を手に取りましたが、文は確かに読み易さはありますが、上記した単語などは何の事やら分からず、スマホで調べながら読み進めました。ただ全体の内容はページ数と文字の大きさからすると濃いと思います。トータル141ページと少ないわりに、文字の大きさは読みやすいものなので。ギッシギシに言葉が詰まったものではないです。
自分は難民問題からこの言葉に辿り着いて、大まかな全体像を知りたかっただけなので充分でした。単語は同じ条約などが出てくるので、一旦調べれば問題ないです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
最近の日本では、西欧植民地主義の負の遺産が中東地域の混乱をもたらしている、と言う見方が多く、その事を示す言葉としての”サイクス・ピコ協定”が一種のマジックワードと化している、と著者は述べる。各民族・集団の事情を無視して無理な線引きにより地域を分断した事が現在の混乱の元だ、と言う言説である。”サイクス・ピコ協定”は、オスマン帝国崩壊過程で第一次大戦中に英仏の間に結ばれた、双方の勢力圏を確定した秘密協定である。しかし、これはそのまま実現した訳ではなかった。ロシア帝国が崩壊し、新たに成立したソ連がこの協定を暴露し、さらにギリシアやイタリア等も現地勢力と結びつきながら、権益確保を狙った。そこで、1920年に結ばれたセーブル条約では、さらに細かく各勢力の主張を受け入れた分割案を考案した。その地図が示されているが、アナトリア半島とその周辺を11の勢力圏に分割するもので、ある意味では現地の事情をより反映した分割案といえなくもない。しかし、この案がもし実行されていたとしても、国家としてとてもではないが成立し得ない部分が露出して、更なる戦争を招いたと思われる。この案に反対して、トルコ人の民族運動がケマルらにより指導されて、戦争を行いながら勢力を拡大していった。その結果、1923年に結ばれたローザンヌ条約でアナトリア半島全体がトルコ共和国として独立する。この体制は、オスマン帝国の崩壊過程で西欧列強が自...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 本書でいう「呪縛」には2通りの意味がある(と思う)。
 1つ目は、中東の混乱を現にもたらしている複雑な歴史的要因による「呪縛」。
 2つ目は、我々一般人が「中東の混乱の原因=サイクス=ピコ協定」と思い込んでいる「呪縛」である。(まあ、読者としては、「国民国家とは関係なく国境線が決められているという意味でサイクス=ピコ協定を『象徴的に使うのは可』だろう」とは思う)
 本書は1つ目の呪縛解説の導入部(本書は連続刊行予定の「中東ブックレット」シリーズの第1冊という位置付けらしい。)であるが、読み終えた頃には、2つ目の呪縛からは解放される。

 1つ目の呪縛を端折って言えば、第一次大戦で崩壊したオスマントルコの戦後処理を列強がうまくやれなかったということである。そのため、クルド人はトルコ、シリア、イラン、旧ソ連に分散しているし、オスマン末期のアルメニア人強制移住も民族居住地の複雑さに拍車をかけている。
 高校の歴史の授業では、「英国の3枚舌外交」(サイクス=ピコ協定、フサイン=マクマホン協定、バルフォア宣言)を習ったことは憶えている。しかし、本書を読むと、第1次大戦中の1916年のサイクス=ピコ協定が地域紛争の種を播いたことは否定できないものの、歴史的に見れば「ほとんど実現しなかった協定」であり、20世紀以降のクルド人問題や中東
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す