通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★送料無料★迅速発送★表紙に少々のスレ・傷みが見受けられますが 中身は書き込み・目立つ傷など無くきれいな状態です。Amazon配送センターが責任をもって、迅速かつ丁寧に商品管理、梱包、配送を行いますので安心してご購入いただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

【中国版】サブプライム・ローンの恐怖 (幻冬舎新書) 新書 – 2011/9/29

5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

北京だけでも売れ残り不動産12兆円。
インフレ抑制も限界!
2012年、ついにバブル崩壊。

2011年、中国政府は毎月のように金融引き締めを実施しているが、
インフレが収まる気配はない。

一方で、雇用者数の8割を占める中小企業が金利上昇により銀行から融資を受けられず、
倒産ラッシュが勃発。

金融引き締めの手綱を緩めれば食料価格が跳ね上がり、
中国全土で暴動が勃発するため、中国政府はもはや手立てがない状態だ。

リーマン・ショック後に約48兆円(4兆元)の財政出動をし、
壊滅的な先進国の輸出を支えた中国は、その副作用でまさに自爆寸前。

中国が内包する矛盾だらけの経済の実態を暴く。

内容(「BOOK」データベースより)

2011年、中国政府は毎月のように金融引き締めを実施しているが、インフレが収まる気配はない。一方で、雇用者数の8割を占める中小企業が金利上昇により銀行から融資を受けられず、倒産ラッシュが勃発。金融引き締めの手綱を緩めれば食品価格が跳ね上がり、中国全土で暴動が勃発するため、中国政府はもはや手立てがない状態だ。リーマン・ショック後に約48兆円(4兆元)の財政出動をし、壊滅的な先進国の輸出を支えた中国は、その副作用でまさに自爆寸前。中国が内包する矛盾だらけの経済の実態を暴く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 209ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2011/9/29)
  • ISBN-10: 4344982347
  • ISBN-13: 978-4344982345
  • 発売日: 2011/9/29
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 874,343位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
本書は産経新聞等にチャイナに対し、常に厳しい視線を投げかける石平氏が書いたチャイナ経済行き詰まり論である。なぜチャイナの経済が行き詰るのか。それは、ひとつには政府が進める強引な経済成長優先主義の結果もたらされた膨大な、あまりにも膨大な通貨の膨張の結果、不動産がバブル化し、終息の見通しの無い悪性インフレに経済が陥り、富が一部の権力者に集中する一方、大多数の庶民には年金も社会保険もなく、格差が天文学的レベルにまで拡大しているというものだ。1978年を基準にするとチャイナのGDPは92倍になったが、広義のマネーサプライは705倍に膨らんでいるという。これでインフレが起きないわけがない、不動産バブルが起きない訳がないというのが石平氏の見立てだ。

チャイナ経済の大きな特色は、チャイナという国は税金を集められない国で、本来、儲からないからこそ国が税金を投入して実施すべきインフラ整備の多くが「儲かります」という間違った前提の下、収益事業として国営企業や第三セクターによって実施されているという点だ。本来、インフラと言うものは儲からないし、基本的にタダで国民に使用させる類のものだ。だから日本ではガソリン等に高い税金を課し、道路特定財源として年間5兆4千億円を集めて、市道・国道のような一般道路の整備を行っている。これとは別に、国際的に見てもかなり高い高速道路料金を設定し、年間2兆
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
これまで、色々中国の情報は、耳から聴いたり
本を見たりしていましたが、
同書は、中国を知り尽くした人物が
中国の現状を、しっかりと伝えており、
日本にいるだけではわからない日本の姿を
克明に伝えています。
中国不動産バブルが崩壊すると一体どうなるのか?
そういったことを考えたい方や
これから中国進出を検討している方は
必読の1冊です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
2011年10月24日の中国国内新聞が報じたところによると、北京市朝陽区内の一部不動産物件は
10月に入ってから価格が2割も急落し、上海市内でも価格が三分の一に暴落する物件があった。10月
3日の新華通信社記事が「年内に全国の不動産価格の暴落」を予言している。要するに中国の不動産バブルの
崩壊が既に目の前に迫ってきているが、今から一年前に「2011年に中国バブル崩壊」と予測した日本国内
の唯一の評論家は、すなわちこの本の著者である石平氏だ。経済の専門家でもない彼がどうしてこれほどの予測が
出来るのかといえば、本書を読めばよく分かると思う。中国の国内事情に精通する彼は、実は経済の専門家も
顔負けの実証的手法を使って中国の経済問題に深く切り込んでいるのである。中国経済の抱える根本的矛盾を
突いた鋭い一冊である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/4/1
形式: 新書
 この本は、大きく前半(125ページまで)と後半(126ページ以降209ページまで)に分かれています。前半は中国経済の危うさについて、後半は多発する民衆暴動と軍事大国化する中国について書かれています。

前半部分については、主に次のようなことが書かれています。
(a) 中国はインフレが高じており民衆(特に貧困層)の生活を圧迫しており不満は暴発寸前の状態にある。
(b) 以前から中国経済は、過剰なマネーサプライ環境のもとで、内需が弱く外需と投資に頼っていた歪な経済構造があった。最近の物価高を抑制するために金融引き締めが行われたことで、中小企業の多くは続々と廃業に追い込まれている。製造業は衰退している。
(c) もともと不動産への投機体質があったところに、リーマンショック後の著しい金融緩和と投資は不動産等への投機を呼び起こしており、バブルがはじける危険性が極めて高い。
 このような指摘は以前からあることで、特段目新しい部分は少ないですが、中国経済の危うさを再認識する意義は大いにあるでしょう。

 後半は、盤石にみえる中国共産党の施政が意外に危うく、民衆のエネルギーを制御できなくなりつつあることがよくわかる内容となっています。また、軍事大国化する中国の軍部が独断で動いており、文民がコントロールしきれていない危
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー