通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
『珈琲飲み』: 「コーヒー文化」私論 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【amazon専用在庫・帯付き・第1刷】書き込み・切り抜き・折れ無く良好な商品です。発送は専門スタッフにて除菌クリーニング後、迅速に防水用のビニールで梱包し、封筒に入れてゆうメールで通常2日以内に発送致します。年中無休で土日祝日も発送致します。万が一、商品に不備がございましたら返品・返金対応させて頂きますので、安心してご利用下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

『珈琲飲み』: 「コーヒー文化」私論 単行本 – 2014/9/19

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 2,215

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 『珈琲飲み』: 「コーヒー文化」私論
  • +
  • カフェと日本人 (講談社現代新書)
総額: ¥3,413
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

うかつにも…… 珈琲に、夢中になってしまった。美味しい珈琲を探し求め、全国の珈琲店をめぐり歩く。やがて、職人が淹(い)れる作品のような珈琲を、いつか自分の手でも、と思いつめ、店で修業するにいたる。やがて、市販の豆では飽き足らず、生豆を仕入れて自家焙煎を始める。やがて、コーヒー農園に渡航しさえする。やがてとやがての間で、次々と浮かぶ謎――「美味しいとは?」「一杯の価格の基準は?」「喫茶店の始まりは?」……。珈琲に、うきみをやつした実体験をもとに、「コーヒー文化」の妙味を、洒脱(しゃだつ)に紹介する。

内容(「BOOK」データベースより)

美味しい珈琲を探し求め、全国の珈琲店をめぐり歩く。やがて、職人が淹れる作品のような珈琲を、いつか自分の手でも、と思いつめ、店で修業するにいたる。やがて、市販の豆では飽き足らず、生豆を仕入れて自家焙煎を始める。やがて、コーヒー農園に渡航しさえする。やがてとやがての間で、次々と浮かぶ謎―「美味しいとは?」「一杯の価格の基準は?」「喫茶店の始まりは?」…。珈琲に、うきみをやつした実体験をもとに、「コーヒー文化」の妙味を、洒脱に紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 382ページ
  • 出版社: 洛北出版 (2014/9/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4903127214
  • ISBN-13: 978-4903127217
  • 発売日: 2014/9/19
  • 梱包サイズ: 19.1 x 13.3 x 3.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,098位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、著者がコーヒーを好きになったきっかけ、マニアになっていく過程、
コーヒーの専門的基礎知識が紹介されています。

ただし、コーヒー好きであれば誰もが経験することが、若干自慢げに書かれています。
マニアの自慢にしか感じられませんでした。

また、本書の著者は、「深煎り、点滴抽出」が好みのようで、かつ、自分で焙煎もしています。
これまた、王道のコーヒーマニアの多くが辿る途でしょう。
しかし、本書を読んでいて目新しいことは殆どありませんでした。
こうしたマニアックな世界については、嶋中労の『コーヒーに憑かれた男たち』が読み物としてはおもしろいでしょう。

本書には、しかも、「〇〇はダメ」、「〇〇はおいしくない」といった独断的な主張が多いです。
例えば、ありがちなことですが、スペシャルティコーヒーの流れは嫌いなようです。

もちろん、日本の古いコーヒー文化に関して調査されたようで、おもしろかった部分も少しありました。

要するに、既にコーヒー好きの人としては、「そんなこと知っている」という内容ばかりで、逆に、
コーヒーにハマっていない人からすれば、「マニアック過ぎでついて行けない」と感じると思います。

本書がコーヒーのすばらしさを伝えているとは思えません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書に書いてあることは、主流ではない。
しかし、現在の業界の意向、作り出された流行に影響されていない内容である。

本屋に行けば並んでいる、多くの珈琲の本。内容は、まるでT型フォードのように似通っている。
その中で、この本の内容は異質である。

スペシャルティ・ニュークロプが正義とされるこの時代に、あえてエイジングを扱う。
カップオブエクセレンス上位入賞豆が至高とされるこの時代に、ルアックを扱う。
生豆の品質が第一とされるこの時代に、焙煎と抽出も重要度において同列だと主張する...etc
しまいには、現在の流行は、業界にとって都合が良いように、意図的に作り出されたものであると言ってしまう。
文脈からは、現在の流行に対する俯瞰と反抗心を感じ取れる。

どちらが正しいかという問題ではない。
主流・流行に対する反論書というだけで価値がある。
主流が支持されれば、流行がより確固たるものになる。
反論が認められれば、文化の多様化に繋がる。

私は著者を知っているし、話したこともある。 この本を、大分贔屓目に見てしまう部分があると思う。
だが、例え著者を知っていなくても、この本の出版には感銘を受けただろう。
現在の業界の中では、少数かつ異端な内容であるから、出版には村八分にされる危険が伴うからである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Sam 投稿日 2014/12/15
形式: 単行本
著者になんどかお会いしたが、私の持って行くコーヒーには決して及第点をくれない。
街の喫茶店のコーヒーにはもう興味をもっていないらしい。
しかし私にはそこに至る著者の道のりがなかなか面白かった。
普通の専門家がたどる道をたどりつつ横道に逸れて、次々に楽しいことを発見した人だと思う。
これからも、コーヒーをはじめとする嗜好品の流行や経済効果について、社会学的なアプローチで持論を展開してもらいたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2015/9/29
形式: 単行本 Amazonで購入
状態評価通りの商品が届いたので
よかったです!!!!!!!!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
珈琲に興味のある人にとっては 大変面白く読みごたえのある本だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告