Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[幕内 秀夫]の『玄米正食批判試論』―『粗食のすすめ』の原点・幻の連載復刻―

『玄米正食批判試論』―『粗食のすすめ』の原点・幻の連載復刻― Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/2/14
"もう一度試してください。"
¥ 540

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

幕内秀夫氏のベストセラー作品『粗食のすすめ』の原点・幻の連載復刻!!

【特別収録】「20年後のあとがき」より一部抜粋―

この原稿は、二十数年前、伏見治療室を主宰している、鍼灸按摩マッサージ師の伏見起樹氏が発行していた『ヒーリング・マガジン』に連載させていただいものです。
反響があまりにも大きく、勝手にコピーされ続け、私の手を離れたところで議論されることもありました。その後もコピーされ続ける現状をみて、そのままにしておくわけにはいかないと考え、数年前、伏見氏に協力いただき、インターネット上から「原文」を消去させていただきました。

しかし、この二十数年の間にも、さまざまな民間の食養法(食事療法)が登場しては話題になり、消えていきました。消える際には、必ず犠牲者が伴っていることが話題になることはほとんどありません。

最近は、「糖質制限食」がブームになっています。
 本書のテーマである、「玄米正食(菜食)」とは正反対の主張です。それらを紹介した書籍を読んだことがある方は、気づいたと思います。玄米正食と同じで、いくら読んでもその根拠がわかりません。

糖質制限食を提唱する人たちのほとんどが、子どもたちや思春期の女性さえも、継続してもいい食生活だと提案しています。そこに非常に危険性を感じています。
これから先、実践者が増えたとき、どれほどの犠牲者が出るのか、その際も「真面目」に実行した人、あるいは自分では食べ物の選択ができない子どもたちだということになるのでしょう。

過去の繰り返しで犠牲者が出るとわかっていながら、その時を黙って待っていていいのか?
同じ過ちを繰り返してはいけない。
今だからこそ、玄米正食の「教訓」を多くの人に知って欲しい。その思いで、今回、復刻版を発行することにしました。その意味で、内容は古くなっている部分もありますが、あえて、原文を訂正せずに発行させていただくことにしました。これは、何度も繰り返されてきた問題だと言うことを知っていただきたいからです。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 784 KB
  • 紙の本の長さ: 61 ページ
  • 出版社: クリーク・アンド・リバー社 (2014/2/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00IFURYJC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 48,589位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぶひ 投稿日 2014/2/20
Amazonで購入
幕内秀夫氏の講演会も何度か参加し、著書も多数読ませて頂いていますが、それらよりも(失礼ですが)ごく初期に書かれたこの書籍がもっとも腑におちるというか、納得できる内容でした。
いろんな食事療法がありますが、どんな療法でも良くなる人もいれば、良くならない人もいます。病気が良くなる療法があったとしても万人がずっと続けていい療法かといえば、そうではないのでしょう。それで良くなる人はたしかにいます。それは否定できない真実です。
ここではマクロビオティックを例として挙げていますが、どんな療法も一時的には良いがずっと続けるには危険性があることを示しています。
だからと言ってどんな療法も、「極端になりすぎずほどほどがいい」というのも違うと。
病気をなおすためには、極端なことも必要かもしれません。例として飲尿療法のお話が出てきます。バカバカしいか?。そうではない!
新たに書かれたあとがきには最近話題の糖質制限のお話も。構造は一緒です。一時的には良くなります。目の前にある危機(失明など)を回避するためならやるべきかもしれません。ただそれをずっと続けるのは危険かもしれないし、一般化して誰にでも勧められるものではないのでしょう。考えさせられます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover