中古品
¥750
通常配送無料 詳細
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 ブリエ書房
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 帯なし。外観中身ともきれいです。書き込み等もありません。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


『歯は臓器だった』100人の証言集 -歯は命とつながっていた- (静岡学術出版KOS九州口腔健康科学センター証言集新書) 新書 – 2008/6/8

5つ星のうち1.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥750
¥400
お届け日: 8月7日 金曜日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

村津 和正(むらつ かずまさ) KOS九州口腔健康科学センター所長 NPO日本歯臓協会理事長。歯学博士 1954 年大分県生まれ 九州大学歯学部卒業。同大学院博士課程修了。米国テキサス大学生命医学研究所留学。九州大学歯学部付属病院文部教官助手、同予防歯科医局長、同大学健康科学センター講師(併任)、佐賀県保健環境部健康増進課長補佐(技術補佐)を歴任。九州大学健康科学センターで、歯科に内科的視座を融合させた日本で最初の健康外来歯科口腔内科の立ち上げに参加。そこで歯と病気の密接なつながりを発見し更に医学的な知見と臨床経験を加えて、「歯は臓器であり、中枢である」と結論づけ、歯科治療に内科的な視座を取り入れた「歯臓治療」を確立した。 現在では「歯臓器説」に基づく全身的な視座からの真の歯の健康を達成することによって、結果的に原因不明の難病やさまざまな不定愁訴や心身の異常が改善することを6000 例を超 える臨床例で確認している。そのため、安易な歯科治療に警鐘を鳴らし、歯は他の臓器同様、削ったり抜き去ったりすること自体が危険すぎるのではないかと唱えている。そして「虫歯菌根絶」の必要性を強く訴え、「歯は臓器、歯があるのが当たり前の社会」の達成を広く呼びかけている。 著書に「歯は臓器だった」「歯は中枢だった」「え!まさか」(いづれも(株)KOS刊)、「歯は命とつながる臓器」「歯はウソをつかない」((株)三五館刊)など多数ある。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち1.0
星5つ中の1
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
100%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2010年12月20日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告