Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 200
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小林 健]の『検証の旅:ピラミッドの石はレーザー光線で切っていた?』<エジプト・ギリシャ> 検証の旅 海外編シリーズ
Kindle App Ad

『検証の旅:ピラミッドの石はレーザー光線で切っていた?』<エジプト・ギリシャ> 検証の旅 海外編シリーズ Kindle版

5つ星のうち 3.8 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2013/8/5
"もう一度試してください。"
¥ 200

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

『ピラミッドの石はレーザー光線で切っていた?』

世界的な彗星探索家であり、類まれな臨死体験者である木内鶴彦氏と共に、
世界を股にかけた温故知新の旅を繰り広げるフォーラムソラ。
地球の謎に迫りる「検証の旅」海外編,第一章。
<エジプト・ギリシャ>

本書は、「フォーラムソラ」の誕生経緯、
そして現代よりずっと進んだ太古の世界が存在しているならば、
もしかするとそれは、今を生きる私たちのお手本になるのでは?
という思いから始まった、「検証の旅」の話へと続きます。
臨死体験で見た不思議な世界。
宇宙の視点から見た地球の存在。
これからを生き抜くために、私たち人間が気づかなくてはならないこと…。
日本はもちろん、地球上には先人の残したメッセージが各地に存在します。
本書がそのメッセージのひもとき役となり、
先人との語らいのガイドブックになればと思います。
そして、自分のなかにある常識や壁を超えるためのきっかけとなれば、
とも思います。
この11年間の「検証の旅」をもとに、
地球と共に生きるあなたのためにこの本を書きました。

【目 次】
●はじめに
●本書をご覧になる際の注意事項
●第一章:地球で生きるためのキーワードを探す
 ・「フォーラムソラ」を設立したわけ
 ・彗星捜索家ってなんだ?
 ・死んでも意識は存在する?
 ・月が1万5千年前にやって来た
 ・0.001%の可能性に向けて動き出す
 ・第一回フォーラムソラを2名で開催
 ・ソラの旅は、地球が舞台
●第二章:木内鶴彦×小林 健
 ・私の見てきたことは、歴史学では常識外のこと。
 ・エジプトに行ってまず見てもらいたかったのは…、
 ・空中を移動する「フライング・ソーサー」で石を運ぶ。
 ・ピラミッドが造られたのは…、
 ・ピラミッドを造った目的は、医療のため。
 ・ピラミッドはもともと、底辺の長さが…
 ・スフィンクスは本来、狛犬のような姿をしていたはず。
 ・倭人たちは、聖なる山に生えていた「菊」を…
●第三章:エジプト、ギリシャを検証する
 ・太古の時代、高度な文明は実在したのか
 ・旅の訪問地
 ・ピラミッドはどのようにして造られたか
 ・石を柔らかくする技術があった
 ・レーザー光線技術があった?
 ・古い時代ほど巨石を使っていた
 ・ピラミッドを造ったスーパーテクノロジー
 ・ピラミッドの地下にはプールがある?
 ・倭人のルーツはエジプト?
 ・シンボル
 ・狛犬のルーツを発見?
 ・夜空を飾る獅子座とスフィンクス
●次回、検証の旅は…
●フォーラムソラ定例会について
●あとがき――緑の世界を次世代へ

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2085 KB
  • 紙の本の長さ: 100 ページ
  • 出版社: フォーラムソラ出版; 1版 (2013/8/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00ECHSGNK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 11,530位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

科学的に分析して、論理的にエジプト文明を語る本かと思いきや、根拠となるのは著者が褒め称える木内さんの臨死体験からくるもので、木内さんという人に対する神格化のための本であるという印象を強くお受けしました。そもそも木内鶴彦って誰や?という疑問と本文で強調するほど観測に困る彗星の発見に成功したのであれば、Google検索で発見者として本人の名前が一件もヒットしないのはなぜでしょう。
そもそも臨死体験で世界の全てがわかってくるようであればこの世界には何千何万もの宗教団体が出来ていないといけないかと思うのですが。
結論的に言うと、興味本位では読んで見てもいいかもしれませんが、基本的には一読の価値すらない本だと思います。突っ込みながら楽しみたい方はどうぞ。ただしオーナーライブラリーでね。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
書籍のタイトルと高評価に釣られて購入しましたが、とんでもない内容でした。
結論の根拠が全て臨死体験を基にしており、しかも他人からの伝聞となっています。
1ページ目からその雰囲気は充分に伝わりますので、購入を考えている方は無料サンプルを確認してからの方が良いと思います。

不自然な満点評価の連続は、同じ宗派のお仲間でしょうか・・・。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 メタラー 投稿日 2014/3/3
こんなに胡散臭い本は久しぶりに読みました。私のように物事を疑って見るタイプの人間にはとてもおすすめできません。始終つまらない妄想にしか感じられませんでした。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ピラミッドは高い文明によって作られたとする説を聞いたことがあります。
そのような内容に関する本かと思って購入しましたが、確かにそのような内容でした。
しかし何故にこのようなあやしげな内容になってしまうのか。

科学とはまず仮説があって、次にそれを検証する、という流れになります。
その仮説の根拠が臨死体験によるものであっても一向にかまわないのですが、その検証がなされていないことが問題だと思います。
確かに、木内氏、筆者をはじめ、フォーラムソラのメンバーの方々は、検証の旅と称して世界各地を回っておられますが、検証というよりも、仮説からさらに想像力を広げているだけのように思われます。
また、その想像の根拠として、伝承や神話なども出てきます。

物理学、数学による学術的検証が必要ではないでしょうか。
例えば、
15000年前に彗星が地球にやって来て、大量の水と天変地異をもたらした後、月になって残った、
古代エジプト人が「フライング・ソーサ」という飛行物体を使用しており、その飛行原理が「内部がプラズマの原理で無重力になっている」、
等、つっこみどころ満載です。
月の話で、昔観た宇宙戦艦ヤマトの映画を思い出しました。

とは言え、それほ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
何万年も前、現代と比べて非常に発達した時代があったのだと思う。ピラミッドはそのころのもので、人を癒すための施設とのこと。昔からお墓ではないとは思っていたが、この本に目を通して何となく合点がいきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
話は面白いが正直言って半信半疑でした。
それと電子版の作りは、元々のインターフェースが、日本の文庫を意識した設計のためか、違和感があります。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
今日の科学技術を超える内容の記事に、読者は色々な反応をするでしょう。
ピラミッドを作る際の現代の科学技術を超えた技術に、「本当かな」と思うのも無理ありません。
しかし、現代の科学技術のレベルでは、宇宙の真理について、ほんの一握りしか解明できないのと言うのが実状です。
私達の知り得ないことが多々あるという前提でこの本を読むと大変面白い。
木内氏の神秘体験を聞き逃しにせず、それを検証してみようという著者の好奇心、冒険心からスタートした経緯は興味深いものがあります。
太陽系惑星の大変革の時代、平成の大遷宮の今年にベストタイミングの出版です。
木内氏がイメージした「緑の大地の地球」に向けて人類の生き方を問う書物です。
広く多くの人に読まれよう、お薦め致します。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
驚いた。
ピラミッドはどうやって作られたか、と言った話は随分昔からテレビ等々で検証実験が行われていることは記憶に残っていた。しかし、大きな石を木の船に積んで運ぶとすぐに沈むなんて当たり前のことが見逃され、石を下方から乗せていくということがこの本によっていかに不合理なことであったかがわかる。
古来の建造物がいかに高度な技術によって作られたかがわかる好奇心を煽ってくれる楽しい一冊である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す