この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

『新約聖書』の「たとえ」を解く (ちくま新書) 新書 – 2006/11

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 21,138 ¥ 203
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『新約聖書』の中で、イエスはさまざまな「たとえ」を通して、人々に働きかける。しかし、なぜ「たとえ」を使うのか?それらの「たとえ」にはどのようなメッセージが込められているのか?「隣人愛」や「善行」、そして「人間の平等」などの問題について、「福音書書記者」たちの立場や思惑も考えあわせながら、史的イエスの真意をさぐり、『聖書』の複雑で豊かな世界を案内する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/隆
1957年生まれ。ストラスブール大学プロテスタント神学部博士課程修了。神学博士。千葉大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 251ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2006/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480063307
  • ISBN-13: 978-4480063304
  • 発売日: 2006/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 84,649位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ib_pata トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/11/14
形式: 新書
これまで加藤先生は新約聖書全般に関する概説のようなものが多かったのですが、今回は解釈の冴えといいますか、驚きの解釈をみせてくれます。例えば有名な「良きサマリア人」の物語。普通は「隣人愛を実践しましょうね」という意味に解釈されてきました。しかし、本当にそうなの?と加藤先生は静かに解釈を進めるのです。

だいたい、イエスがこのたとえを話すキッカケとなったのは、律法学者の「何をすれば、私は永遠の命を受け継ぐでしょうか」という問いかけです。しかし、この「受け継ぐ」は一人称単数なんだそうです。普通、ユダヤ教というのは共同体としていかに救われるかを追求してきました。しかし、この律法学者は自分が救われることが中心的な関心事であり、そうした場で語られた「たとえ」なわけです。イエスは逆に「どう聖書を読んできたのか」と問いかけますが、律法学者の答えは「全力をつくして神を愛し、隣人を愛することだ」というものでした。その文脈で考え、さらに「良きサマリア人」の直後に置かれている、これまた有名な「マリアとマルタのエピソード」を考えると、実はイエスが云いたかったのは「神を全力で愛することと、隣人愛のどちらが大切か」という問題で、神を全力で愛することが、隣人愛よりも上だということかもしれない、というんですね。こうした例を「放蕩息子のたとえ」「宴会への招待のたとえ」「種まきのたとえ」などでも読ませてくれます。
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『聖書』の中の逸話はしばしば断片として独立した形で取り上げられがちです。

しかし、本書はある逸話を前後の文脈の中において解釈を試みています。

また、マタイ、マルコ、ルカといった共観福音書の中の逸話の比較を行い、

各共観福音書の性格を浮き上がらせています。

加藤氏の野心作だと思いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
イエスは、招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づいて、彼らにたとえを話された。
「婚宴に招待されたら、上席に着いてはならない。あなたよりも身分の高い人が招かれており、あなたやその人を招いた人が来て、『この方に席を譲ってください』と言うかもしれない。そのとき、あなたは恥をかいて末席に着くことになる。招待を受けたら、むしろ末席に行って座りなさい。そうすると、あなたを招いた人が来て、『さあ、もっと上席に進んでください』と言うだろう。そのときは、同席の人みんなの前で面目を施すことになる。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」
また、イエスは招いてくれた人にも言われた。「昼食や夕食の会を催すときには、友人も、兄弟も、親類も、近所の金持ちも呼んではならない。その人たちも、あなたを招いてお返しをするかも知れないからである。宴会を催すときには、むしろ、貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい。そうすれば、その人たちはお返しができないから、あなたは幸いだ。正しい者たちが復活するとき、あなたは報われる。」(新共同訳聖書ルカによる福音書14章7節ー14節)

加藤隆教授は言う:招待することが「指導下に置く」ということを意味するならば、と。この理解にたって教授は「貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人」と
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 「パラボレーであるたとえ」という観念が、新鮮だった。「パラボレーであるたとえ」の特徴は大きく分けて二つある。一つは、物語性があること、もうひとつは、異常な要素が含まれていることだ。この要件を満たす「たとえ」の一つに、隣人愛をとく「サマリヤ人の話」がある。加藤氏によれば、半殺しにされたユダヤ人は、昔の日本における「村八分」の状況に立たされていたのであり、このユダヤ人を先に通った二人のユダヤ人が助けようものなら、この二人もまた、半殺しにされたユダヤ人と同じ憂き目を見ることになる、……要するに、サマリヤ人が半殺しにされたユダヤ人を助けたのは、「村八分」のユダヤ人とかかわろうが、異国人である彼は、なんら身の危険にさらされはしなかったからなのだ。このような著者の見解に触れると、たとえ自分もまた、「村八分」の憂き目に遭おうとも、半殺しにされた同胞を助けることこそが、真の愛だったのではないか、という考えが頭に浮かぶ。もっとも、それは、人間には出来ないことのように、私には思われるのだが。
 話が飛ぶが、太宰が何度も繰り返し語った話に、難破した水夫の話がある。この話は「惜別」において「周さん」が語った「譬話」として登場している。この「譬話」にもまた、物語性があり(難破した水夫が、燈台守一家の幸福なひと時を守るために命を落とす)、異常な要素(難破してしがみついたところが、灯台の窓ぶちである
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告