この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

『信長』『三國志』からSF世界まで 長野剛 人物イラストレーションワークス 大型本 – 2006/3/28

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 7,000

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

CG全盛時代に油彩で描かれた圧倒的スケール感と精緻なる筆致!躍動するあの英傑たち。歴史人物イラストの第一人者・長野剛初の作品集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

長野/剛
イラストレーター。1961年生まれ。東京都出身。1984年、日本大学芸術学部美術学科油彩科卒。デザイン事務所勤務、グラフィックデザイナーを経て、1988年よりフリーイラストレーターとして活動。主に書籍のカバーイラスト、ゲームパッケージイラストを手がける。日本出版美術連盟およびソサエティ・オブ・イラストレーターズ/N.Y.会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 95ページ
  • 出版社: コーエー (2006/3/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4775804332
  • ISBN-13: 978-4775804339
  • 発売日: 2006/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 29.4 x 21 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 178,620位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
長野氏の作品は、その大半がキャンバスに油彩で描かれたもので、
迫真の写実性や美しさは、その“こだわり”から生まれてくるのです。

本書で紹介されている作品は次のジャンルに大別されています。

World1 戦国〜近世日本の群像
World2 中国古代の英傑たち
World3 ミリタリーと近現代肖像
World4 新たなる領域へ

130点を超える作品は、いずれもCGでは再現できない
精神的な美しさ、昂揚感が漲っています。
本書には掲載された書籍のカバーも添えて掲載されていますが、
制作における制約をものともせず、
単独の作品として十分に鑑賞に堪えうる完成度に目を見張ります。

経済的な余裕と御縁があれば、是非長野氏に描いてもらいたい人物がいます。
勿論、夢のまた夢ですが…
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 パッケージイラストが、ほとんどであるためか、人物の群像が基本となっている。イラストとしては、もっと作家性を前面に押し出した作品を多数描いて欲しい作家だと思いました。作家性を前面に押し出した作品だと発表の機会が失われ、仕事としても収入に繋がらないと思われ、難しいと思いますが、その当たりは光栄ががんばってバックアップして欲しいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック