新品の出品:5¥ 3,072より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,400MP3アルバムを購入

「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと」 オリジナル・サウンドトラック Soundtrack

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:5¥ 3,072より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 大友良英,Sachiko M ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2015/3/11)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 70 分
  • ASIN: B00TIXVHIO
  • JAN: 4988002687916
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 283,010位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. LIVE! LOVE! SING! ~Band version
2. インビジブル 2B
3. 見えない世界の中で考える
4. つぐみ
5. LIVE! LOVE! HIP HOP!
6. ゲート
7. タイムトラベル A
8. フェローズ
9. 空き瓶と見えない世界 10. GIGつもり
11. LIVE! LOVE! SING! ~Improvisation version
12. LIVE! LOVE! ROCK!
13. タイムトラベル B


商品の説明

内容紹介

特集ドラマ「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと~」
2015年3月10日(火) NHK総合テレビ22:00オンエア

作:一色伸幸
音楽:大友良英、Sachiko M
出演:石井杏奈/渡辺大知/木下百花/柾木玲弥/前田航基/津田寛治/皆川猿時/二階堂和美/ともさかりえ/南 果歩/中村獅童 ほか

私たちにしか見えない景色がある
2010年、阪神・淡路大震災の15年特集ドラマとして制作され、その後映画化され数々の賞を受賞した「その街のこども」。あれから5年。
東日本大震災をドラマとして初めて扱った「連続テレビ小説『あまちゃん』」を経て、演出家井上剛と音楽家大友良英が再タッグを組み、神戸と福島という2つの被災地を結ぶ若者たちの旅を通して震災後の「現在」を描く、2015年春最大の話題作。


「このアルバムは、間違いなく自分のこれまで作って来た作品の中でも最高のものだ」(大友良英)
大友良英とともに音楽を手がけるのは、即興音楽家として国際的に活動し、近年では作曲者としても活動の幅を広げるSachiko M。2人が音楽制作にあたって行ったのは神戸から福島への旅を描くドラマ同様、神戸と福島を結ぶ音あつめの旅。
福島の「FTVジュニアオーケストラ」や、神戸の「音遊びの会」なども参加し、その風景に寄り添う音たちを集め、気配を表現した音の記録。福島で育った大友が震災後に感じてきた様々な感情と向き合う音楽ができたという作品は、自身で「このアルバムは、間違いなく自分のこれまで作って来た作品の中でも最高のものだ」と断言するほど。
ドラマでは使用されないトラックも含めた、ドラマの世界観にインスパイアされた大友良英とSachiko Mの、サウンドトラックを超えた音楽ドキュメンタリー的作品となっている。
また、今作はインストだけではなく、脚本の一色伸幸作詞、Sachiko M作曲の、劇中でも強い印象を残す歌楽曲「GIG つもり」も収録される。

メディア掲載レビューほか

神戸で生まれた奇跡の歌「しあわせ運べるように」(作詞・作曲:臼井真)を巡る物語を描いたNHKドラマ『LIVE!LOVE!SING!~生きて愛して歌うこと~』のオリジナル・サウンドトラック。音楽は、大友良英、Sachiko Mが担当。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
阪神淡路大震災の15年後を苦しくも優しく描いた「その街のこども」、東日本大震災を現在進行形に辛いながらも楽しく描いた「あまちゃん」、この2作品に携われたNHK井上剛プロデューサーと作曲家の大友良英先生は、今回この二つの震災を結びつけるドラマを作られました。それぞれ違う脚本家さんの作品なのに、なぜかそこに流れる空気には統一感が有り、震災で傷ついた心への暖かなメッセージになっています。俳優さん達のリアルな気持ちを作品に反映させる演出と、それを大きく包む縦横無尽な音楽たちがこのチームの魅力です。

放送前から論議を巻き起こした「GIGつもり」の歌詞を不快に感じられるとすると、脳天気過ぎると思います。このドラマでこれでもかと映し出される被災地の風景は、絆なんていう言葉を簡単に吹き飛ばしてしまうものです。自分は楽しくも鋭い歌詞に、気持ちをえぐられてしまったという感じでした。

このチームでの次回作は必ず作られると思いますので、それを楽しみに待ちたいと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告