通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
「3時間切り請負人」が教える! マラソン<... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「3時間切り請負人」が教える! マラソン<目標タイム必達>の極意 (SB新書) 新書 – 2015/11/17

5つ星のうち 4.1 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 280

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「3時間切り請負人」が教える!  マラソン&lt;目標タイム必達&gt;の極意 (SB新書)
  • +
  • マラソンは3つのステップで3時間を切れる!  運動経験のない50歳のおじさんがたった半年で2時間59分 (SB新書)
  • +
  • マラソンで自己ベストを出したいなら、全力で走るな! (新書y)
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「圧倒的な実績」
「これまでの常識が覆された」
「ただいま実践中です」

――など、早速、大反響!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎「嫌な練習・辛い練習」はしなくていい!

マラソンの常識に逆行する<新常識>で、実は目標タイムをすんなり達成できる

ミズノランニングクラブの監督を務める著者は、
「サブ3(3時間切り)請負人」と呼ばれています。

「ペースアドバイザー」としてレース中、
ペース配分や給水・補食のタイミングなどをアドバイスしながら、
市民ランナーを目標タイム達成に導く活動を25年にわたり続けています。

これまで延べ300人をサブ3に導いてきました。

「サブ3請負人」と呼ばれていますが、

「サブ3.5(3時間30分切り)」
「サブ4(4時間切り)」
「サブ5(5時間切り)」
「サブ6(6時間切り)」

――と、あらゆる目標タイムのペースアドバイザーを務めています。
本書でも、あらゆる目標タイムの達成法を紹介しています。

著者自身、市民ランナーとして50年近く走り続けており、
フルマラソンの完走は150回、サブ3は60回以上経験しています。

そんな“プロフェッショナル市民ランナー"の指導法は、

■「キツイと感じたら練習ではない」
■「イヤな練習は絶対にしない」
■「マラソンの練習は15㎞までで十分」

――など、苦しくなければ記録は伸びないと思い込んでいる
世の市民ランナーの常識をことごとく覆します。

45年にわたって書き続けてきた詳細な練習日誌をもとに、
それぞれの目標タイムを達成するための考え方、
練習プログラム、レース本番の戦略に至るまで、
レベル別に手取り足取り伝授します。

◎目次
序 章 「サブ3請負人」と呼ばれて
第1章 嫌な練習・辛い練習はしなくていい
第2章 基礎的な走力の高めかた
第3章 苦しまないで走力アップ
第4章 15kmまでの練習でサブ3
第5章 ランニングが楽しくなる方法
第6章 目標タイム別<福澤式>練習プログラム
第7章 分割練習のすゝめ
第8章 練習はひとりで、レースは集団で
第9章 30kmの壁を乗り越える術
第10章 「走る」を支える「食べる」の基本
第11章 自己タイ狙いで自己ベストのレース攻略
第12章 目標必達! 黄金のペースメイク

出版社からのコメント

走歴50年近く、フルマラソン完走150回、
3時間切り(サブ3)60回以上で、
これまで300人もの市民ランナーをサブ3に導いてきました。

かつて富士フイルムに技術者として勤め、
残業や休日出勤をこなしながら
2時間23分18秒というマラソンの自己ベストをマーク。

ミズノランニングクラブの監督として25年にわたって
全国各地で市民ランナーを指導しています。

また、同じく25年に渡り「ペースアドバイザー」を務めてきました。
ペースアドバイザーとは、
サブ4(4時間切り)、サブ3(3時間切り)などを目指す市民ランナーに、
ペース配分や給水のタイミングを助言しながら42.195キロを走り抜くものの、
自身の記録は残らない“究極の黒子"です。

著者は、とくに市民ランナーの夢である“サブ3達成の請負人"として名高く、全国紙で紹介されたことがあります。
その指導法は、
「キツイと感じたら練習ではない」
「イヤな練習は絶対にしない」
「マラソンの練習は15㎞までで十分」
――という、苦しくなければ記録は伸びないと
思い込んでいる世の市民ランナーの常識を覆すもの。

実際、頑張り過ぎず、無理しなくても、男女年齢を問わず、
数多くの市民ランナーを目標達成に導いています。

圧倒的な実績と詳細な練習日誌を下敷きに、
市民ランナーが目標タイムを達成するための基礎知識、
練習プログラム、レース本番の戦略に至るまでを
レベル別に手取り足取り伝授します。

◎ミズノランニングクラブとは?
「市民ランナーによる市民ランナーのためのランニングクラブ」として設立され、結成26年目。
メンバー全員が仕事や家庭をもちながら男性はサブ3(3時間切り)、
女性はサブ3.5(3時間30分切り)の実力であり、
全国各地のクリニック講師を務めるほか、
ミズノの新製品モニターなどを行い市民ランナーの目線で製品開発に活かしています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2015/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797382708
  • ISBN-13: 978-4797382709
  • 発売日: 2015/11/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 10.8 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 100,001位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
まとめて沢山ではなく、毎日少しずつ続けることを提案しています。
ですから本書は、通勤ジョガーに相性がよい練習方法となります。

本書の練習計画じたいはシンプルで、短い距離(10〜15km)をほぼ毎日に行うことを求めています。ファンランナーのサブスリーまでならこれで十分だから、いたずらに高強度の練習で疲労をためたりケガをしたりするのは得策じゃないよ、というスタンスです。せいぜいジョグペースからレースペースまでのビルドアップ走を週2回、が唯一のポイント練習となっています。

私の友人にも、片道10kmの通勤ジョグでサブスリーの人がいますから、本書の内容にまったく違和感はありません。
ただし彼は、雨の日も雪の日も40℃を超える猛暑の日も通勤ラン、その結果としてのサブスリー維持です。
なので、本書は決して楽な練習の提案ではありません。

ポイント練習(BU走)に目が行きますが、練習の大半をしめるジョグの効かせ方も重要になります。Westwind さんも指摘されていますが、疲労は溜まらないが持久力の向上に役立つ負荷(60-75% VO2max)が必要です。心拍計などで VO2/VO2max を推定した方がよいでしょう。ジョグだから、と早く終わらせれば効果が下がります。さらにサボれば持久力は落ちていきます
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
僕は走歴35年のアラ・フィフ。月間走行距離250kmでサブ・スリーを狙っています。
しかし、頑張って練習→ケガの繰り返しで、「年齢だから・・・」とあきらめかけていたこの頃でした。

そんな折にこの本が届きましたが、食い入るようにグイグイ引き込まれました。
一貫して書かれているのは「無理しない」「ケガしないことが大事」「ジョグ中心」「長くても15km」。
それでサブ・スリーが出せると言うのです。

科学的根拠は書かれていません。
むしろ、それとはあえて距離を置いています。
「時代とともに常識は変わるから」と。

それに代わって「根拠」としているのは「経験」です。
自らの経験と、ランニングクラブのメンバーによる経験です。
どちらも、インターバルや30キロ走をしなくとも、高いレベルの結果を残しているというのです。

僕はケガで年に1カ月×3回程度は棒に振ります。
この本を信じて、無理せず練習し続けることを良しとした価値観に、発想を転換してみようと思います。
サブ・スリーを諦めないぞ、との強い気持ちが再度湧きあがってきました。
信じてみよう、と思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 とても共感できる一冊だった。

 マラソントレーニングにまつわるさまざまな「常識」を捨て去れ」という著者は、20代で記録した2時間20分台の記録をその後30年以上もキープし続け、60代半ばの現在までにフルマラソン完走150回サブ3は60回以上の記録を更新中で、ミズノランニングクラブの監督として多くの市民ランナーを指導してきた実績をもつ強者。

 市民ランニング界に根強い数々のトレーニング信仰と伝説。「30キロ走」「LSD」「カーボローディング」「インターバルトレーニング」。それぞれをまな板に上げ不要論でぶった切る。また、無理をして故障の温床となりがちな「集団練習」よりも自分自身の好不調と対話する「孤」での練習こそ基本とし、サブ3ぐらいなら「15キロまでのジョグ中心の練習」のみで充分だという。

 あまり気負いせず日常のリズムで本番のフルマラソンを走り、いわゆる「30キロの壁」というが、どれだけ練習量を増やそうが、30キロ以降の失速と無縁のランナーはいないことを語り、他人や自分に「勝つ」という攻撃的思考を捨て、「自分に負けない」という”ガマンして押していく”ということばを選択して指導されている。

 ランニングブームの中で、教科書通りのトレーニングをこなすことに固執した結果、故障に泣いているあまりに多く
...続きを読む ›
2 コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
私自身、サブスリー経験のあるスポーツドクターです

筆者もちゃんと書かれていますが、基本的に科学的根拠に基づいた内容に欠けます。
とにかく筆者の経験に基づく結論で、説得性がイマイチ。

インターバルや30km以上の練習など身体的、精神的負担の少ない練習はやめてコツコツと日々練習を重ねましょうという内容。
筆者に言いたいことは分からないことはないですが、とにかくその内容の根拠を書かなさ過ぎです。
ひたすら彼の指導した人はこういう人が多いと語るばかり。
そんなに多くの指導歴で良い結果があるのであれば、しっかりとデータとして提示すれば良いのにそれがなさすぎます。

インターバルなどを否定するために引用する例も有名な選手の失敗例を少しだけ示すだけになってます。
選んでいるデータに偏りがあると言われても文句が言えない内容になります。

読んでいると運動生理学や生化学の知識はしっかりとお持ちなので、一般ランナーにとっては参考になる部分や難しく練習を考え過ぎの人、コンディショニングなど参考なる部分も沢山あります。

ただ、ひたすらインターバルは駄目、長距離トレーニングは駄目など何回も言ってるだけにしか見えないので、その辺りをしっかりと根拠をつけて話
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック