中古品: ¥689
配送料 ¥257 5月 21-22日詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 使用感は少なく概ね良好な状態です。【状態】中古商品である為、多少の傷み・日焼け・汚れ・書き込み等はご容赦下さい。【付属品に関して】CD、付属品に関しては付属していない場合もございます。応募券・プロダクトコード等の使用に関する保証はできませんのでご了承ください。【発送方法】ゆうメール、クリックポスト、レターパック、いずれかにて発送いたします。【保証】万が一コンディションが説明文と大きく異なる場合、返金などの対応をさせていただきます。その他、不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

「18歳選挙権」で社会はどう変わるか (集英社新書) 新書 – 2016/6/17

5つ星のうち3.9 8個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥689
¥1,290 ¥606

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

二〇一六年より施行される「18歳選挙権」制度。選挙権年齢引き下げを契機に「一〇代からの政治参加」の是非が問われるなか、「18歳選挙権」はどのようなプロセスで社会の変革に寄与し得るのか。本書では、「子どもの主権者教育」の第一線の研究者であり、長きにわたり教育の現場に携わってきた著者が、「18歳選挙権」導入の経緯と問題点や、中高生の政治教育を阻む政治的中立性の壁、著者も積極的に取り組む「模擬選挙」の実状、そして本制度を起爆剤とした若者の政治参画への展望に関して、わかりやすく解説、提言する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

林/大介
1976年、東京都生まれ。東洋大学社会学部助教。法政大学大学院社会科学研究科修士課程政治学専攻修了後、障害児介助員、中高の非常勤講師、NPOチャイルドライン支援センター事務局長、文部科学省専門職等を経て現職。総務省・文科省が作成した政治・選挙等に関する高校生向け副教材『私たちが拓く日本の未来』の作成にも携わる。「模擬選挙推進ネットワーク」「子どもの権利条約ネットワーク」事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 集英社 (2016/6/17)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2016/6/17
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 208ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4087208389
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4087208382
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 8個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
8 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年10月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
VINEメンバー
2016年8月23日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する