この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方 単行本(ソフトカバー) – 2008/4/5

5つ星のうち 4.2 33件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,200 ¥ 100
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

●アメリカから上陸した技術「コーピング」とは?

一流のビジネスパーソン・スポーツ選手といったとき、
あなたは誰を思い浮かべますか?

今、オリンピック選手、プロスポーツ選手、一流のビジネスパーソンがひそかに実践している技術があります。
それが本書で紹介している「コーピング」の技術です。
なぜ、コーピングが注目されているかというと、常にあなたの持っている「本当の実力」を発揮することができるからです。
たとえば……

「人前で何かするときでも、あがらなくなる」
「不安やストレスをプラスに変える心を作れる」
「プレッシャーに負けない心が作れる」
「人間関係がうまく取れるようになる」
「精神的に強くなれる」
「どんな環境でも力を発揮できるようになる」
「毎日をポジティブに生きられるようになる」

シンクロ・デュエットの元オリンピックメダリストであり、現在スポーツ界・ビジネス界で指導するメンタルトレーナー田中ウルヴェ京が、あなたの心を変えるコーピングの技術を公開します。


●あなたは「自分の実力」を発揮できていない!

よく、「人の能力に限界はない」ということを言われます。
確かにその通りかもしれません。
しかし、そうだとしたら、人が本来持っている力をどれだけ発揮できるかどうか、
で人の人生は変わってしまいます。
たとえば、

本当はすごい仕事ができる人なのに、「人間関係が苦手」
誰よりも潜在能力はあるのに、「プレッシャーに弱い」
すぐ未来に悲観的になるので、「何をしてもうまくいかない」
大事な面接の場面で、「本当の自分を出せなかった」

このように、どれだけ実力を持っていても、
その力を発揮できないのでは意味がありません。
特に日本ではストレスをためながら生活をしている人が多い。
中でもビジネスをしている人は仕事のストレスを知らない間にためてしまい、
自殺まで考えてしまう人が少なくない世の中です。
このようなストレスをためやすく、せっかく持っている実力発揮できない人は何が必要なのか?
それは……


●「1日30秒」のコーピングであなたは変わる!

このようなストレスに負けない心を作り、持っている力を発揮するために必要なのが、
「感情をコントロール」することです。
この感情のコントロールをうまくできている人は、成功している人が多い。これはスポーツの世界でもビジネスの世界でも同じです。
そして、感情をコントロールするのに最適な技術が「コーピング」なのです。
このコーピングは、今実際にプロスポーツ選手、一流のビジネスパーソンが取り入れている技術です(欧米ではうつの治療でも効果を発揮している心理的技法です)。
このコーピングには3つの種類があります!

・ 言葉を使ったコーピング
・ 道具や心理スキルを使ったコーピング
・ 身体を使ったコーピング

●元オリンピックメダリストの実践コーピング指導の第一人者が書いた!

本書を書いたのは、日本の実践コーピング指導の第一人者、田中ウルヴェ京。
よく知っている人もいるかもしれません。
1988年ソウルオリンピックのシンクロ・デュエットで銅メダルを獲得し、その後、長いアメリカ留学で心理学を学び、現在はオリンピック選手・プロゴルファー・Jリーガー・ビジネスパーソンなどを指導している一流メンタルトレーナーです(詳しいプロフィールは下記へ)。

本書で紹介しているコーピングは、認知行動療法で使われる「感情をコントロールし、心を強くする」技術です。
コーピングの技術で感情をコントロールすれば、
日常にある「対人関係の苦手意識」「仕事への苦手意識」「あがり症」「不安」「ストレス」「プレッシャー」に強くなります。
そして、あなたが持っている本当の力が「人間関係」「営業」「試験」「面接」「恋愛」などの場面で発揮することができる技術です。
本書で紹介しているコーピングは、32のテクニックを紹介しています。

あなたにあったコーピングを見つけて、続けてみてください。
必要な時間は「1日30秒」。
認知行動療法に基づいた手法だから、効果は実証済みのものばかりです。
自分の持っている本当の力が発揮できる!

出版社からのコメント

この本が本物であることを知っていただくために、
あとがきをご覧ください。

「あとがき」

私は、じつは、何を隠そう、自分自身が、それはそれは最低なストレスの持ち主でした。

もう20年も前。私は、1988年ソウルオリンピックのシンクロナイズドスイミングという競技のデュエットで銅メダルを獲得。当時21歳。

シンクロに没頭していた時期に後悔は何一つありません。
恩師やライバルに恵まれ素晴らしい結果を残すこともできました。
当時を振り返ると、いわゆる「何かに死ぬ気になって没頭する」「なにがなんでも勝ち取る」といった「根性」、あるいは「勝負への執着心」という意味での精神力は、生半可なものではなかったとも思います。

ただ、ここ15年以上、心理学を専門として学んでいくに従い、自分の選手時代の精神力について振り返ると、それは、非常に硬く締め付けるようなガチガチの精神力だったがゆえに、脆い、折れやすいものだったのだと分析するようになりました。

言い換えれば、心理的なバランス能力に欠けていたということです。

本書でも随所でふれていますが、心にはバランスが不可欠です。
そのバランスが少しでも悪いと、どんな逆境にも敏感に反応してしまって、自分をマイナススパイラルに陥れてしまいます。

バランスとは何か。
簡単に言ってしまえば、天秤の片方に「自分のことを客観的に見られる」という「自己客観力」を。もう片方に「内なる自分を掘り下げる」ことのできる「自己内省力」を。そして、その右と左のお皿をいつも均等に保つことのできる「自分という軸」を持ち続けるということです。

これができていない人間は、まさに永遠にストレスに苦しんでしまいます。
天秤の土台がやわく細かったり、右と左の釣り合いがとっても悪ければ、当然、外的な刺激に耐えられないわけです。
具体的に、それはどういう人間か。
自分を例にして説明しましょう。

私は1988年のソウルオリンピックで銅メダルを取って、現役を引退。
そして、引退後の数年間は、やたらと有名人扱いをしてもらえて、世間からチヤホヤしてもらい、「自分は偉い人間なんだー!」と勝手に思いこむ勘違い期間を過ごします。

そして3年くらい経った頃、ふと気づきます。周囲の様子が今までと違うことを。
外を歩いていても以前のように自分のまわりに人だかりができません。
電車に乗っても「あ、田中さんだね」とコソコソ話をしてもらえません。

「おかしい。自分がメダリストだってことは変わらないのに。なぜ他人の反応が変わっていくんだ」
周囲の変化にビクビクしているからこそ、なおさらその外的環境にイライラしました。

ソウルオリンピックから3年後。次のバルセロナオリンピックを翌年に迎えた頃。
とどめは、ある新聞社からの取材依頼でした。
「田中さんにどうしても取材をさせていただきたいのですが」
内心ホッとする自分。
「なんだ、私だって、まだまだやれるじゃない」
しかし、その取材テーマに愕然とします。

テーマは「あの人は今」。

なんで自分が「あの人は今」なんだ。
あれに出ている人物は、みんな過去に活躍したとかいう「終わっている人」じゃないか。怒りと屈辱感。

そして、徐々に怒りが失望に変わります。
「そうか、自分は終わった人間なんだ」

でも、そんな弱まっている自分を表に出すなんて、プライドが許さない。
「自分は幸せなんだ」
「自分は成功者なんだ」
と必死にボロボロになっている自分に鎧を着せ始めます。

鎧がどんどん重くなり、心は空虚、身体も体調を崩します。
当時は、シンクロの後進指導という名誉なキャリアを頂いていたのに、結局、自分という軸をしっかりと作った状態での人生選択ではなかったから、何もかも与えていただいていることの恩恵の意味がわからず、すべてが受動的になっていました。

ある日、何もかもが面倒になります。
「このまま生きていては恥ずかしい」
「今、死ねば、悲劇のメダリストとしてかっこいいのではないか」
(当時の自分にタイムスリップできるなら、私は、自分に向かって「ばーか、誰もおまえのことなんて見てねーよ」とボロクソに言ってやりたいです、、、。)

何時間もJRの電車のホームで「飛び込めたら、もうラクになるのかなあ」と立っていたことがありました。

まさに自己客観力のなさと自分軸のなさでボロボロになっていたのです。

そして転機。
24歳の時。日本オリンピック委員会の海外コーチ研修制度で、アメリカ留学に行きます。

そして合計6年近くのアメリカ留学中、3つの大学院でスポーツ心理学を基本に、コーチング学、認知行動療法、引退という節目においてのストレス対処法であるキャリアトランジションなどを専門に学びます。

2001年に帰国。
アメリカ留学中には、慣れない英語の日々に始まり、自信喪失と挫折の日々であったにもかかわらず、日本に帰ってきた自分は、また勘違いをします。
「五輪メダリストで、アメリカの大学院で心理を勉強してきた人なんて、そうそういるもんじゃない。メダルを取った実績もあり、机上の理論も学んできた自分は、素晴らしいコンサルタントになれる!」と勘違いしました。

まさに、自己内省はそこそこできていても、自己客観力のない典型の「勘違い人間」です。

私は、帰国早々、スポーツや文化人を扱っているエージェントやプロダクションに自分を売り込みにいきました。
「自分はこんなに素晴らしい人間です。」 
しかし、誰にもどこにも相手にされなかったのです。
ニコニコして「素晴らしいですね、それでは後ほどご連絡をします」と言いながら永遠に連絡をいただけない場合がほとんどでしたが、ある場所では現実を教えてくれました。
「田中さん、正直言いますけどね、みっともないんですよ。あなたはもう過去の人でしょう。メダル取ったって一体何年前ですか。アメリカで心理を勉強したのは偉いですけどね、しょせんもう30歳も超えたあなたには何の商品価値も見えないんですよね。」

さすがに落ち込んで、泣きながら選手時代にお世話になったメディアの方々の名刺を片手に、連絡を取りはじめました。ほぼ最後の方に見つけた名刺が、その当時、エンターテインメントの仕事をしていた中川準子のもの。現在経営している会社の共同経営者の名刺でした。中川だけが、自分の話を最後まで聞いてくれました。

2002年、現在の会社の前身である「田中・中川事務所」を設立。当時から、中川の口癖は「京ちゃんはメディア的に考えれば、墓場に入っちゃった過去の人だからね。墓場から出てくるには、相当コツコツやっていかないとね」でした。そして、当時から常に、私に真剣に向き合ってくれ、どんなに言いにくいことも伝えてくれ、私の自己客観力の構築をしてくれました。

2003年に(株)MJコンテスに名称変更。6事業部、正社員20余名の会社は軌道に乗り始めました。様々な逆境や失敗や挫折はありましたが、どうにかこうにかここまで来ました。

自分の人生を振り返り、今、思うことは様々です。
人は悩むことで、堕ちることで、初めて成長するようです。
人は、本当の自信喪失ができて、初めて、「自分とは」を真剣に考えるようです。
人は失敗して、いえ、失敗と感じられることで初めて成長するようです。

どうも悩むことが深ければ深いほど、そして、失敗が痛ければ痛いほど、まるで崖から落ち込んだかのように、深い深い谷底に落ちきることができるようです。

当然、落ち込んでいる時は、谷底ですから。
暗いです。
何も見えないかもしれません。
まさに八方ふさがりにしか見えないでしょう。
恐いし、不安だし、谷底なんですから、将来なんて見えないでしょう。
そこに居続けることは苦悩です。
ではどうするか。

解決は一つなんです。
そこで立ち止まらず、そこで座り込まず。
ヨイショ、と自分に声をかけて。
谷底から登り始めるしかないのです。
涙で顔がぐちゃぐちゃになりながらでも。
ボロボロの傷だらけでも。

そして、すこーしずつ、日差しの当たる位置まであがってくると、今度は次の難関に突入します。
谷底から這い上がってきた自分という人間の、まあ、なんと汚らしいこと。なんと傷だらけなこと。

あ、他人様に、こんな傷だらけの自分を見せるのはかっこわるい、みっともない、プライドが許さない......。そんな気持ちがよぎると、ふと後ずさりして、もとの谷底に隠れてしまいたくなることもあるでしょう。

そこで、踏ん張るのが第2段階です。
「いやー、谷底でボロボロになりましてねー」
「ああ、すみません、オレ、汚くて。」

他人にどう思われてもいい、自分の力で、登り始めるのです。バカみたいに必死に。
そして、地道に。
すると、見えてきます。新しい世界が。
なんだ、こんなに気持ちのいい世界があるんじゃないか、と。
そして、そんな時に、改めて、自分の身体を見直すと。
いつのまにか、傷だらけだった身体には、しっかりと鍛え抜かれた筋肉ができ、皮膚がしっかりと分厚く強靱になっていて。その身体に比例するかのように、勇ましい心が育っているのです。

今、もしもあなたが何かに悩んでいらっしゃるのであれば。
あなたは、「すでに悩んでいる」「悩めている」ということだけで、すごいのです!
世間には皆さんのように「悩むことができない」人間がいます。
「悩むことすらできずに、自分の欠点にすら直視できずに、何でも他人のせいにして、自分の弱さを見て見ぬふりしている沢山の空威張り人間」よりも、あなたは、うーんと、うーんと、心が強いから、悩めているのです!

もしも今、谷底にいるような気分なのであれば。
キーワードは、「がんばらない!」です。
どうぞ、がんばらないでください。
頑張ると無駄な力が入りすぎて、登る時に力を使い過ぎてしまいます。
ゆっくりと、適当に、少しずつ......です。

たった1日30秒。されどその蓄積は大きいはずです。
誰のためでもなく。かけがえのない世界でたった一人の自分のために。
最後に死ぬ直前に、「自分の人生、けっこうイケたんじゃない」と自己満足できるために。

がんばんないで。
あせらないで。一歩ずつ一歩ずつ。
沢山失敗しながら。

がんばんないでがんばりましょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 179ページ
  • 出版社: フォレスト出版 (2008/4/5)
  • ISBN-10: 4894512971
  • ISBN-13: 978-4894512979
  • 発売日: 2008/4/5
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,902位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2013年2月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年5月2日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
殿堂入りVINEメンバー2008年5月4日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年5月17日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年4月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

最近のカスタマーレビュー

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。アクアリウムメダカ 水槽