通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「龍使い」になれる本 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 エコロジ屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 代引き・コンビニ・ATM・Edy等全ての決済に対応。こちらの商品はAmazon配送センターより迅速に発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「龍使い」になれる本 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/9

5つ星のうち 3.7 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 240

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「龍使い」になれる本
  • +
  • 成功している人は、なぜ神社に行くのか?
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

★8万部突破のベストセラー!
★話題騒然、完売店続出!
★日本初! 「龍」のスピリチュアル情報がすべてわかる1冊


聖なる存在・龍を知り、仲良くなれば、
驚くほど運が上がり、あなたはいまよりもっと成長します。

なぜなら龍は、私たちの「成長と発展」を望み、後押ししてくれる存在だからです。

世のため人のために自分を生かすことを目的として、龍とタッグを組み、ともに共存共栄していく関係を築ける人を「龍使い」と呼びます。

「龍使い」として、龍に人生を後押ししてもらう「龍の背に乗った状態」になると、それまでの何倍もの速さで物事が展開し、願いがかなっていきます。
「奇跡だ! 」と言いたくなるようなことも、たびたび起こります。

この本は、そんな「龍使い」になるための本です。

地球が大きく変わろうとしているいま、龍が人間と深くかかわり、手助けしてくれる「龍の時代」が始まっています。

本書では、「龍とはどんな存在なのか?」ということから、「龍に好かれるための心の法則」や「全国主要龍神スポット」までくわしく解説します。

発売たちまち、読者からは、
「気持ちが前向きになる」「挿絵も美しく大事にしたい1冊」「知りたかった龍のことがよくわかった」と大きな反響をいただいています。


さあ、「龍使い」として名乗りを上げ、彼らの背に乗ってください!
龍は、そんなあなたを楽しみに待っています。

内容(「BOOK」データベースより)

驚くほど、運が上がる!心が成長する!あなたを幸せに導く「不思議な存在」。日本初!龍のスピリチュアル情報がすべてわかる1冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 211ページ
  • 出版社: サンマーク出版; 第8刷版 (2016/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763134884
  • ISBN-13: 978-4763134882
  • 発売日: 2016/2/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,262位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アマゾン太郎 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/5/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本に書いてあることは、龍という存在がいて、それに頼ると加速度的に成功しますよ、ということ。そして、龍の好きな向上心の高い人間になりましょう、いま自己価値観が低くても大丈夫、いまの場所から始めていけばいいですよ、という内容だと思う。
 神旅というビジネスがとても面白い!と思ったので、どういうふうに展開しているのか興味があって手に取った本ですが、龍についての基礎知識や特徴を知って、「あれ?これは思い当たる節が・・」ということがたくさんでてきて、ああ、うちは龍神系にしっかりと守られてきたんだな、と感謝の気持ちが湧いてきました。
 かなり昔のことですが、風水の置物を玄関に置いたところ、数日後にパートナーが飛び起きて、「いま龍が自分の体の中に入った」と申告してきたことがありました。追い払おうとしたんだけど、飛び込んできたそうで、それを風水の先生に話したら、「間違いなく昇り竜のようにこれから出世しますよ」と言われました。それから、不思議な夢を見て、ある有名な神社に行くことになったのですが(当時はそんな神社があることすら知らなかった。)、その神社との不思議なエピソードをふりかえり、いまこの本を読んで、その神社がとても古い格上の龍神の神社と知り、呼ばれたのか、といまさらながら気がつきました。ちなみに、この収入では結婚生活を維持できるか不安とパートナーに打ち明けられた当時から
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「龍使い」というフレーズだけが良く、内容は著者の脳内イメージを龍と勝手に呼んでいるだけの自己啓発本。
またこの本の中で龍神を祭っているという神社に実際に行って「本で見たのですが、この神社の御祭神は龍神ですか」と尋ねたら、「いえ、うちは龍神ではありません。最近そういう方がよく来られるので困惑してます」と神主さんが苦笑していました。
もちろんその神社の名前も勝手に出されているそうです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は唯物論者ではなく、精神的な物を強く信じている側の人間です。
だからこそ、☆1をつけました。

目に見えない物についての知識(オカルト、気等)がなく、自己啓発書の類に触れたことがない方には新鮮な1冊かもしれませんが、そうでない方は、金返せになるかもしれません。

『精神的、肉体的に健全に生きる為の基本+イメージの大切さと気功法を説いたもの』
といった感じです。

龍が存在する日常・世界観、龍の種類の話などは面白いんですが、単に明るく生きる為の手引きに龍という存在を重ねただけですね。

幸せになる為に龍と繋がる
→まず、龍を感じることが必要
→龍を感じる為に必要なのは五感を磨くこと
→視覚と味覚を磨く為に彩のある野菜を食べる。
龍という概念、必要ですか?健康になる為に野菜を食べろ。それでいいです。

分かりやすいので野菜のくだりを例に挙げましたが、自然を感じろ、龍を呼ぶにはアロマや環境音が良い、なども龍という存在を除けば、心のリフレッシュの方法です。
触覚を磨く為に試着で新鮮な布の感触を感じると良い、等も単に気分転換で心が軽くなるだけでは?

「強くイメージをすれば願いは叶う」という話があります
...続きを読む ›
コメント 247人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
母はこの本に洗脳され、悪い影響を及ぼしました。正直、母は現在事がうまくいってる状況ではありません。毎日空を見上げ(龍探しらしい)
、家事もおろそかです。私から見ると現実逃避の他ならないです。寛容な父を「龍を信じない」と非難する始末。

私は超能力やオカルト的な物は信じていません。また、信じる人を否定しません。信じるものは人それぞれですし、この本を読んで良くなる人もいれば、母のように悪くなる人もいるでしょう。私は個人の性格と解釈の違いが大きい問題だと思います。

私は母を理解するためにざっくり読みました。
ただ、この本には一ついただけないところがあります。それはp97の龍が好きな人、龍が嫌いな人リストのページです。直接的に述べてはいませんが、本の流れから間接的に龍が嫌いな人≒龍を信じない人は性格が歪んでるとほのめかす文があります。これは信じる人(読者)と信じない人とのコミュニケーションを破壊する要素をはらんでいます。信じる人も信じない人も、自分の意見を他者に押し付けて非難しないよう気をつけて下さい。
私は母が信じることを認め、その上で母が少しでも心安らかに過ごせるよう私ができる範囲でこれからも支えていきたいと思います。

余談 母が龍に興味を持ったきっかけ
母の元に突然メールが届きまし
...続きを読む ›
4 コメント 184人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー