中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「風が吹けば桶屋が儲かる」のは0.8%!? 身近なケースで学ぶ確率・統計 PHP新書 新書 – 2006/7/15

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書, 2006/7/15
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「風が吹けば桶屋が儲かる」「宝くじはT・Kさんがよく当たる」
「マークシート式の試験では、鉛筆転がしで平均点が取れる」というのは本当?
 「鈴木さんと鈴木さんが結婚する確率は何パーセント?」「じゃんけん
は、平均すると何回で決着がつくか?」「くじ引きで『残り福』となるための
確率はいくら?」----。
一見、不確実そうな事柄でも、統計的にデータを集めたり、確率を導き出すモデ
ルを考えてみると、「原因と結果」のつながりが見え、実現性の目安がわかる。
本書は、くじやゲームなど「遊び」の中にある確率から、視聴率や偏差値で使わ
れる統計のしくみ、そして「文化」や「好み」といった数値化しにくいものの検
証法まで、難解な数式を使わず紹介。
数学が苦手でも楽しく学べる「確率・統計」的思考法。
[内容例]第1章 「風と桶屋」の確率論/第2章 「遊び」の確率論/第3章 
「平均神話」の統計学/第4章 「どんでん返し」の統計学

内容(「BOOK」データベースより)

「宝くじはT・Kさんがよく当たる」「マークシート式の試験では、鉛筆転がしで平均点が取れる」というの本当?一見、不確実そうな事柄でも、統計的にデータを集めたり、確率を導き出すモデルを考えてみると、「原因と結果」のつながりが見え、実現性の目安がわかる。本書は、くじやゲームなど「遊び」の中にある確率から、視聴率や偏差値で使われる統計のしくみ、そして「文化」や「好み」といった数値化しにくいものの検証法まで、難解な数式を使わず紹介。数学が苦手でも楽しく学べる「確率・統計」的思考法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 202ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2006/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569654320
  • ISBN-13: 978-4569654324
  • 発売日: 2006/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 206,235位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
松平定信が出てくる「風が吹けば桶屋が儲かる」の起源の話は面白い。「宝くじはTKさんがよく当たる」や「同姓が結婚する確率」は、なるほどという感じだ。

分散や標準偏差や偏差値なども、数式でなく、とにかく文章で説明しようとしているところがこの本の特色だろう。だから言いかえると確率統計の本なのに式や図がほとんどなく、文字ばかりが目立つのがむしろ難点ともいえる。だが、確率の基礎から統計の仮説検定のかなり高度な内容まで幅広く説明していて、エピソード的なお話も多い。数学嫌いでもエピソードだけを飛ばして読んでいくと最後まで楽しめる。

本格的な専門書を勉強する前に、確率統計の概略をつかむのによい本だと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
・本書は確率を面白く、分かりやすく教えてくれる。まさに目から鱗な話なのだ。例えば、あるクラスに45人生徒がいたとする。誕生日が同じ生徒がいる確率は94.1%になるのだ。その理由は本書を買ってから。
 確率を通して、あなたに客観的な見方を身に付け、人生において論議、会議、抗議に勝てる必要な武器をもたらしてくれるであろう。そんな数字を使った客観的物の見方入門書として適している。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
身近なところに例をとりながら、確率・統計の話が、実に軽快に、おもしろく、わかりやすくまとめられています。「風がふけば桶屋が儲かる」の詳しいルーツも書いてあり、松平定信が関係していたとは意外。確率・統計の本ですが、読み物的な部分も多くあり、巨人の星の星一徹やシンデレラのエピソードもおもしろかった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
会社での必要性から統計学を学んだことがあった。数式では分かっても、実際にどう適応するのかが分からない時期があった。それが「正規分布を美しい」と感じるようになって、乗り超えることができた記憶がある。

最近では新入社員に対し、統計学を教えることがある。そういったときに本書の事例はわかりやすいだろう。仮説検定の考え方、χ2検定、t検定、分散分析などの考え方まで説明している。計算はパソコンがやってくれる時代なのだから、理論よりもどの手法をつかうか、結果をどのように解釈するかの方が大切である。

そういった意味で、本書は統計の考え方を理解するのには最適な入門書である。

蛇足:直感で決めなくてはならないとき、統計学者は「エイヤ!」と言う人が多いのだろうか。著者も私の師匠も使っている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
風が吹けば桶屋が儲かるという話は,それぞれのステップの確率を掛け合わせると0.8%にしかならない,というところから始まり,ギャンブルや同姓の結婚の頻度など,身近な統計の話を洒脱な文章で解説している.確率の話だけでなく,その歴史的な逸話もなかなか面白い.残念なのは,後半で紙面が少なくなったのか,t検定などの解説が少々教科書調になり,難しさを感じた読者も多いのではないだろうか.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告