中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「陰」と「陽」の経済学―我々はどのような不況と戦ってきたのか 単行本 – 2006/12/1

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1930年代の世界大恐慌も今回の日本と同じバランスシート不況だった。「大恐慌の教訓」を拠り所にする主流派経済学の分析・理論を日本の経験をもとに論破。戦後最長の景気拡大に潜むリスクを考察する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

クー,リチャード
1954年、神戸市生まれ。76年、カリフォルニア大学バークレー校卒業。ピアノ・メーカーに勤務した後、ジョンズ・ホプキンス大学大学院で経済学を専攻し、博士課程修了。FRBドクターフェローを経て、81年、米国の中央銀行であるニューヨーク連邦準備銀行に入行。調査局、外国局などでエコノミストとして活躍し、84年に野村総合研究所に入社。現在、研究創発センター主席研究員、チーフエコノミスト。98年から早稲田大学客員教授も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 372ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2006/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492394710
  • ISBN-13: 978-4492394717
  • 発売日: 2006/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 189,940位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「日本経済を襲う二つの波―サブプライム危機とグローバリゼーションの行方」と「「陰」と「陽」の経済学―我々はどのような不況と戦ってきたのか」を連続して読みました。

虚心坦懐に実データを観察し「理論」・「フレームワーク」が現実に則しているかを検証した上で、今の大学で教えている「マクロ経済学」なるものの基本原理・フレームワークそのものに疑問を投げかけ、ケインズでも無く新古典派等とも異なるフレームワークを提示しています。著者のその姿勢・チャレンジ精神に感銘を受けました。

このようなチャレンジ精神こそが「学問」を活性化するのだと思います。

少なくともファッションやポップスではないのですから、「古い」とか「もはや成り立たない」とかの問題ではなく、「資産価格の暴落を伴う大不況を現実に解決できるか、又はできたか否か」が「正しさ」を証明するのだと思います。

「大恐慌」は、アメリカでルーズベルトが財政出動・戦時経済で解決し、ドイツでもやはり財政出動が解決したという事実は、良く知られた歴史上の事実です。

しかしそこには「事実」があるのみであり、ケインズ理論は通常の循環不況にも濫用されその限界を露呈し、現在主流の経済理論も「早めに大胆な金融政策を出動していれば大規模な財政出動がなくとも大恐慌は防げ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書を読めば、氏がケインジアンであり、財政出動のみを主張している、
との誤解は解消されると思います。

金融政策が必要な場合と、財政政策が必要な場合、を明確に分けてそれ
ぞれを東洋思想でいうところの陰陽を用いて論じています。

経済学の諸説を整理してみたい方は一読しても損はないかと。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の「バランスシート不況」という概念を各種データを引き合いに出して、論理としても事実としても証明して見せようとした決定版。

確かに、政府の国債が増えた分と、企業の借金が減る額が、ほとんど等しい現実を見ると、もはや「バランスシート不況」という概念は、証明されていると見て間違いないかと思われる。

問題は、これを認めようとしないマネタリストたちが、メディアでの露出の大半を占めている事実であろう。

確かに著者は、マクロ視点のみ重視し、所得の再配分というミクロ視点に言及しない。「戦艦大和でも造ればよい」というどこぞでの発言にも、それはよく現れてはいる。

しかし、景気全体を浮揚させるという目的には、著者のこれまでの提言は充分適っており、財政政策の細かい中身の議論については、政治家や他のマネタリストの仕事ではないだろうか? 
ところが、他のマネタリストのほとんどは、著者の「バランスシート不況」という新説を無視し続け、いまだに金融政策に固執し続けているのである。

このたびの金融危機で、著者を政権の参謀に据えた麻生内閣は、巨額の財政出動で日本経済を支え続けている。過剰な麻生叩きに大メディアに、胡座をかいたマネタリストたちが加わっていることは、一考の余地があると思われる。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
平成バブルが弾けて既に15年、如何して日本の景気が立ち直るのがこれほど掛かったかと理解が困難な人のための大変良い参考になると思います。

作者のRichard Koo氏は10年以上まえから、各種講演会、メディアにたいして「バランス・シート不況」の概念を説いてきた。ある時は、もてはやされ毎日のようにテレビ出演をされたりしたが、急にテレビ出演が減ったようであった。往時の日本政府の政策に真正面からぶつかって議論して来られた。日本だけでなく海外での評価も高い同氏の「バランス・シート不況論」の総纏めであると思います。

バブルが弾け15年経ち、結果Richard Koo氏の言ってきたことが、状況不明であった事柄の明快な解説になることは確かだと思います。

同氏が本書で書かれている通り、何十年に一度の大恐慌を通りすぎつつある今、過去15年を振り返りまた、その知識に基づき今後を見てゆくのに非常に参考になる良書中の良書と思います。

若い方から経営トップまで読んで納得する本だと思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー