通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「闇の支配者」最後の日々 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「闇の支配者」最後の日々 単行本 – 2016/4/26

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 600

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「闇の支配者」最後の日々
  • +
  • 日本も世界もマスコミはウソが9割 出版コードぎりぎり[FACT対談]
  • +
  • あのテロにもこのテロにも全部にいたぞ!  クライシスアクターでわかった歴史/事件を自ら作ってしまう人々 これが偽旗作戦の全貌だ!
総額: ¥5,256
ポイントの合計: 159pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介


世界の富を独占してきた「闇の支配者」。
その支配体制がいま、終わりを告げようとしている。
「イスラム国」も、ウクライナ動乱も
パリとブリュッセルのやらせテロも、
その最後のあがきなのだ。
だが、歴史の趨勢はすでに決している。
内戦、分裂、格差の世界から、
やがて人類の、新たな黎明が始まる――

《目次》
プロローグ――人類史上未曾有の経済危機
第1章 分裂する世界――SMAP分裂騒動の知られざる真実
第2章 「闇の支配者」の正体――人類の豊かな未来を奪ったハザールマフィア
第3章 低迷する世界経済――目前に迫る「ドル崩壊」イベント
第4章 DEF包囲網――国際ハザールマフィアの汚れた錬金術
第5章 パリ、ベルギーの「やらせ」テロ――ハザールマフィア最後のあがき
第6章 安倍「ナチス」政権の実態――貧困化する日本
エピローグ――再編へ向かう世界。米ドルがアメリカのものでなくなる日

内容(「BOOK」データベースより)

世界の富を独占してきた「闇の支配者」。その支配体制がいま、終わりを告げようとしている。「イスラム国」も、ウクライナ動乱もパリとブリュッセルのやらせテロも、その最後のあがきなのだ。だが、歴史の趨勢はすでに決している。内戦、分裂、格差の世界から、やがて人類の、新たな黎明が始まる―これは革命だ!ハザールマフィアの金融支配がついに崩壊する。米ドルはすでにアメリカ合衆国のものではない!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2016/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584137188
  • ISBN-13: 978-4584137185
  • 発売日: 2016/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 未来 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/5/18
形式: 単行本 Amazonで購入
米国はハザールマフィア(闇の支配者)とペンタゴンの間で内戦が始まった。
闇の支配者とはロックフェラー家、ブッシュ親子、イスラエルのモサド、米国ネオコン派(イスラエルを支持する議員)です。米国の国務省にナチス勢力が巣食い、権力の中枢を牛耳ってきた闇の支配者は「ドラッグ」「エネルギー」「ファンド」の3本柱を押さえて世界中の富を独占してきました。
その構図はまず米国が戦争を仕掛け、その国のインフラを破壊、経済を破綻させる。貧しい現地の人が増えると彼らを使ってドラッグを栽培させ、製造を始める。同時に彼らを犯罪組織としてまとめ上げてテロリストに育成する。ドラッグは先進国で売却、膨大なアングラマネーを手に入れます。その資金の使い道は資源確保、石油などの資源を手に入れるために資源国でテロを起こす。そのテロリストはドラッグの栽培や製造に使っていたギャングたちで武器弾薬はドラッグの売却益で相殺する。こうしてテロが頻発、治安が悪化すると米国軍が資源国に介入、そのまま資源を確保する。石油などの資源を米国=闇の支配者が独占、価格をコントロールして利益を得る、さらにドルを事実上の石油交換券にすることで、いくらドルを刷っても価値を維持し、ドル発行権を持つ闇の支配者達に莫大な利益をもたらす。こうして不正な方法で得た膨大なドルはファンドとなって株式市場に流れる。闇の支配者の仲間である企業の価値
...続きを読む ›
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
世界観が変わり、これからの未来に希望が持てるようになった。

面白かった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
SMAPの移籍問題に興味はなかった。

解散しようが移籍しようが私には関係のない話だ。

しかし、なんと、驚いたことに。

このSMAPの移籍問題は実はジャニーズ事務所のバックであった山口組の分裂が原因であり、

しかも、この分裂の背景には山口組のバックであったCIAが分裂したことに原因があるのであった。

そして、そのCIAの親分であった国務省(外務省)と国防総省(ペンタゴン)の激しい対立が、その分裂の原因になっていた。

要するに、国務省を裏から操る金融マフィアと、その国務省にずっと騙されていたことを知った愛国者集団の国防総省が激しく対立していたのだ。

この国務省(金融マフィア)VS国防総省(愛国者)の対立で、米国は事実上真っ二つに割れているという。

事実は小説よりも奇なり。

手に汗を握りながら一気に読み終えるでしょう。

全国の国民の皆様がお読みください。
コメント 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
SMAP分裂の原因は名古屋の弘道会と神戸山口組との興行権争いという。  ジャニーズ事務所は従来神戸山口組輩下にいたが弘道会輩下のSMAPをキムタクをスパイにして神戸山口組に移籍させたのが真相という。 この山口組の分裂は親分のCIAの分裂が原因という。 CIAの分裂は国務省と国防省の対立であるという。 ハザールマフィアが支配する国務省とそれを指弾する良識派の国防省の対立が激化したためという。 CIAは平時には国務省、戦時には国防省指揮下で動いているという。 その資金源は世界ネットワークの麻薬ビジネスである。 北朝鮮の覚せい剤を日本のヤクザに売りスーパーKのドル紙幣で支払う。 中南米のコカインも中東のヘロインも同様の方法でCIAが管理している。 この大元締めはナチス、ブッシュ親子であるという。 米国はナチスによって乗っ取られた国家であるという。 国防省は米国軍を本来の正義の軍隊に呼び戻し国際治安維持軍として生き残る道を選んだという。 そのために戦争は金儲けとするナチスに戦いを挑んだという。 FRBの国有化も視野に入れているという。 これは第2次南北戦争と著者はいう。 戦後一貫して戦争経済で国力を増長してきた米国の終焉である。 クーデターで正当な政権をつぶしその資源国の資源を奪ってきた略奪資本主義の終末である。 グラジオ作戦でテロを右翼を使って起こしながら左翼のせいにして有力政治家を失脚...続きを読む ›
1 コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
SMAPの解散は興味なかったのですが謝罪会見を見ると、それは異様なものでした。ファンに発信してるとは思えないような奇怪なもので、この本を読むとあれは恐れだったのだろうと納得します。そしてオバマ大統領の広島訪問で、やはりこれは未曽有の出来事が起こっているのを確信して読みました。良識的なアメリカ、ペンタゴンが立ち上がりハザールマフィアを駆逐しようと闘っているという事は初めて希望を持てるものでした。プーチンは陰ながら応援してましたが、中国も見直したかもです。伊勢志摩サミットはいずれの国も疲弊しており、苦し紛れの公にはできない事をやってる国ばかりで何を話し合うのかなあ?と思っていましたが、実際何を話したのでしょうね。私にはむずかしく、よく理解できない経済の話もあり、確信は完璧ではないもののかなり腑に落ちて納得出来るものでした。今後の日本と世界の動向に興味が持てました
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー