通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「関ヶ原合戦」の不都合な真実 (PHP文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「関ヶ原合戦」の不都合な真実 (PHP文庫) 文庫 – 2015/10/3

5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 147

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「関ヶ原合戦」の不都合な真実 (PHP文庫)
  • +
  • 新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い
総額: ¥2,203
ポイントの合計: 113pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日本史において“最も著名な戦い"である関ヶ原合戦――。豊臣家から徳川家に天下人が移行し、江戸開府への道が開かれた頂上決戦だ。
この天下分け目の戦いで、「徳川家康は勝つべくして勝ち、石田三成は負けるべくして負けた」と語られるのが定番だが、果たして真実だろうか?
実は、関ヶ原合戦ほど、江戸時代に創られた“後世の脚色"が現代にまで流布している戦いはない。三成たち西軍諸将は、家康の掌で動いていたのではなく、本当は家康こそが、三成の掌で動かされていたのだ。
本書は、大誤算だった家康の小山評定、領土拡大に野心満々の毛利家、消滅の危機だった上杉討伐軍、開戦と同時に西軍を裏切った小早川秀秋、家康が江戸から1ヵ月近く動けなかった窮状の理由など、予定調和のストーリーに隠されていた「不都合な真実」を明らかにする。
天下をめぐる、逆転に次ぐ大逆転――。家康は“賊軍の将"に転落し、絶体絶命だった!?
文庫書き下ろし。

内容(「BOOK」データベースより)

天下分け目の関ヶ原合戦で、「家康は勝つべくして勝ち、石田三成は負けるべくして負けた」と語られるのが定番だが、真実だろうか?実は、関ヶ原合戦ほど、後世の脚色が現代まで流布している戦いはない。本書は、大誤算だった家康の小山評定、領土拡大に野心満々の毛利家など、予定調和のストーリーに隠された「不都合な真実」を明らかにする。家康は“賊軍の将”に転落していた!?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 308ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2015/10/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569764231
  • ISBN-13: 978-4569764238
  • 発売日: 2015/10/3
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 174,686位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
いかにも自分で発見したように書いてるが、下敷きは白峰先生でプライオリィーを明らかにしていないのが最悪だ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内容的にはほぼ自分の考えと同じ(ただ小早川の裏切りの時期は、他の方も指摘しているようにちゃんと根拠を示して欲しかった)。
最近の新しい研究が読みやすくまとめられているので、手元に置くにはいいかと。
ただ、巻末の参考文献を見て少し苦笑しました。ほとんどが、誰でも簡単に入手できる市販の一般書ばっかり。
文章を書く力は認めますけれど、こんな安易な姿勢で一冊の本を仕上げて世に出す度胸にはびっくりしました。
他人のふんどしで相撲を取るとはまさしくこの本のことを言うのかと。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
家康の問い鉄砲が江戸時代後期の書物が出典であるから江戸時代に神君家康を持ち上げるための創作である点は納得できるが関ヶ原合戦開戦と同時に松尾山の金吾秀秋が西軍を攻撃して関ヶ原の合戦は従来の西軍が奮戦してやや押し気味に推移した中で秀秋の裏切りによって勝敗の帰趨が決した説を否定するだけの積極的な資料がなく筆者の憶測だけで断定している点が納得できない。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
筆者が独自に解釈した新説はないが、最近のトレンドをまとめた本で道理は通っています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告