¥ 514
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「鑑識の神様」9人の事件ファイル―世界に誇る日本の... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

「鑑識の神様」9人の事件ファイル―世界に誇る日本の科学警察 単行本 – 2006/4

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「鑑識の神様」9人の事件ファイル―世界に誇る日本の科学警察
  • +
  • 警視庁科学捜査最前線 (新潮新書)
  • +
  • 警察 科学捜査最前線 (別冊宝島 2504)
総額: ¥2,588
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

体毛・歯・指紋・足跡・筆跡・ポリグラフ・血液・死体・声紋のジャンルで日本一を誇る第一人者たちが、それぞれの専門を活かして解明した難事件の謎解きを公開。

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、さまざまな科学捜査の現場と実際に扱った事件を、それぞれの専門分野における第一人者の証言をもとに構成している。そこにはなかなか表には出てこない捜査官、研究員の苦労が折りこまれている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 250ページ
  • 出版社: 二見書房 (2006/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4576060600
  • ISBN-13: 978-4576060606
  • 発売日: 2006/04
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 83,987位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 LAW人 #1殿堂トップ50レビュアー 投稿日 2013/9/15
形式: 単行本 Amazonで購入
各執筆者の題材としている対象事件は少々古いのだが、鑑定方法毎に当該筆者の象徴的事件が取り上げられており、経験談にとどまらず、科学的な方法論の解説も加えられており内容は一般の読者でも分かりやすい。加えてこの分量で500円とは(ペーパーバックながら)、題材の古さを斟酌しても評価できるだろう。

個別内容についていくつか取り上げればーーー現行刑事訴訟(判例)上、DNA鑑定はほぼ一定の証拠能力が認められているが、本書ではMCT118型法(最決平12.7.17)が取り上げられているが、右事件の経緯については周知のように当該方法は現在では言わずもがなである(現在はSTR法が主)。またポリグラフ検査も肯定的に取り上げられているが、確かに実務上(判例上)の証拠能力は認められているが、学説上議論のあるところでもある。個人的には体毛をテーマにした事件が興味深い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 元科学警察研究所法医第一研究室長など、科学捜査の第一線で活躍してきた方々が自身の経験を書いた本です。
 体毛、歯、指紋、足跡、筆跡、ポリグラフ、血液、死体、声紋
 と内容も多岐に渡り、語られている事件も、伝説的な事件からまだ係争中の事件まであり、興味が尽きません。
 足跡の章では、連続窃盗事件の犯人が残した足跡に旋盤の削り屑がついていたことで、犯人の生活範囲をしぼりこみ、同じ足跡を残す靴を特定するに至った事例が書かれていて、その経緯に感心しながら読みました。
 他にも、「あの事件がこんな風に捜査されたんだ。」と驚かされる内容もあり、事件ファイルの名にふさわしい興味深い本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Dr Mugemu VINE メンバー 投稿日 2009/3/18
形式: 単行本 Amazonで購入
内容が9つに分かれていて 著者も9人、全てきちんとした そこそこ濃い内容だが ところどころ他の書籍でお馴染の話が混ざり込むのはご愛嬌か。「ポリグラフ」「声紋」は他書では見る機会が少なく 面白く読めた。芹沢氏のパートは本人の著作の切り張りという印象。芹沢氏の著作は面白いものが多く勉強になる。「歯」の鈴木先生のパートも同じで御本人の著作を是非読まれたい、そっちの方が数倍面白い。犯罪学入門として総花解説書として読むに堪える著作だと感じた。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告