通常配送無料 詳細
通常10~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究―週刊誌に正義はあるのか (OR books) 単行本 – 2011/4

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「週刊新潮の悪魔」と名乗る霊が、大川隆法総裁にコンタクト。マスコミの神ともいわれた人物の霊が、「白を灰色に、灰色を黒に、スキャンダルを捏造」「売るためには手段を選ばない」など、驚くべき手口を告白した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大川/隆法
幸福の科学グループ創始者兼総裁。1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。81年、大悟し、人類救済の大いなる使命を持つ「エル・カンターレ」であることを自覚する。86年、「幸福の科学」を設立。現在、全国および海外に数多くの精舎を建立し、精力的に活動を展開している。幸福実現党、幸福の科学学園中学校・高等学校の創立者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 213ページ
  • 出版社: 幸福の科学出版 (2011/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863951159
  • ISBN-13: 978-4863951150
  • 発売日: 2011/04
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,060,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
呆れた週刊誌の編纂実態がわかって参考になった。
実際、記事は書くけど筆者の名前は書かない。火のないところに煙をたてるなど週刊誌記事のレベルの低さには閉口するものであるが、・ 新潮社は数々の名作文庫をもっている社なので名を汚したと思う。残念だ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 日頃から,マスコミ,とりわけ週刊誌のいい加減な記事,いい加減な煽り広告にうんざりしている人,この本を読めば,なぜ週刊新潮は報道姿勢が狂っているのかいい加減な記事になるのかがよくわかりスッキリします。
 週刊新潮では,辻元議員の秘書給与の不正受給を暴いたことなどはよかったが,たいていは,いやなうそ記事が多い。それに取材も電話一本だけとか単なる噂とかいい加減である。このたび大川きょう子という人の言をわざとに載せて,幸福の科学会員や世間を揺さぶるというとんでもないことを悪行をしでかしている。
 それでこの度,大川隆法先生が週刊新潮に巣食う悪魔を呼び,本音を聴いている。それによると「金と女と権力」は週刊誌の錦の御旗だそうである。そして真実かどうかは関係なく皆の嫉妬や悪想念を煽っている。記事の裏にはそうしたテキトーな姿勢で売れればいいという悪魔の企業理念が巣食っている。
 白を黒に,持ち上げて落とす…こんな手法を使っていると白状しているが,なるほどよく思い当たることばかりである。
 今後はこういう週刊誌は滅ぶしかないだろう!
 幸福の科学の会員以外の方にも幅広く読んでもらいたい。そしてこんな悪徳週刊誌に左右されない識見を身につけていきたいものである。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shinsei777 VINE メンバー 投稿日 2011/5/30
形式: 単行本
霊言の真実性に関しては、内部の『週刊新潮』の方々が読めば、分かることであろうから、敢えて言及する必要もないし、必然性もないだろう。
(かつての「朝日新聞」と同様に。)

ただ、「週刊誌的論理」の実態が、本書において赤裸々に綴られ、暴露されている点は、霊言の真実性の有無を度外視しても、注目されてしかるべきである。

「世の中に白があると思うな」という前提条件のもと、「灰色を黒に変える」手法。
「カネ・女」を追う限り、週刊誌は倒産しない、という「発明」。

これらの主張は、ある意味において、人間の持つ負の側面を如実に表わしている。
人間の持つ闇を、巧妙に商業的手段に転化している。
悪魔の実在を問わずとも、こうした手法が「悪魔的手法」であることは、疑えない。

しかし、こうした悪魔的手法によって、数多くの人々の人生が破滅に追いやられたとすれば、その背後にあって、記事を書いた者は、悪魔になるであろうことも想像に難くない。
(もちろん、ジャーナリズムの使命として、世の悪を追究する姿勢それ自体は大事だと思う。)

前書きにもあるように、
『新潮社』には敬意を表し、
『「週刊新潮」に巣食う悪魔の研究』という題名が付けられたことの
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告