新品:
¥1,540
ポイント: 15pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月17日 月曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
1 時間 26 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業論 (日本語) 単行本 – 2018/7/1

5つ星のうち3.6 22個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,540
¥1,540 ¥750
この商品の特別キャンペーン 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

購入を強化する

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業論
  • +
  • 誰も農業を知らない: プロ農家だからわかる日本農業の未来
  • +
  • 絶対にギブアップしたくない人のための 成功する農業
総額: ¥5,170
ポイントの合計: 52pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「この道しかない」から一度降りて、「もう一つの道」を考えてみよう。「競争社会」「経済成長」「グローバル化」に限界が来た時代に。「若者はなぜ農村へ向かうのか」―養老孟司×内田樹、特別対談収録。

著者について

●内田 樹(うちだ・たつる)
1950年、東京都生まれ。武道家。神戸女学院大学文学部名誉教授。京都精華大学人文学部客員教授。合気道を中心に、能楽や各種講習会開催などの活動をする「凱風館」館長。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。著書に、『ためらいの倫理学』(角川文庫)、『日本辺境論』(新潮新書)、『困難な結婚』(アステルパブリッシング)、『街場の天皇論』(東洋経済新報社)、『ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ』(deco)など多数。『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第6回小林秀雄賞、『日本辺境論』で新書大賞2010受賞。第3回伊丹十三賞受賞。

●藤山 浩(ふじやま・こう)
1959年、島根県生まれ。持続可能な地域社会総合研究所所長。博士(マネジメント)。82年、一橋大学経済学部卒業。2008年、広島大学大学院社会科学研究科博士課程後期修了。(株)中国・地域づくりセンター、島根県中山間地域研究センター研究統括監、および島根県立大学連携大学院教授などを経て、現職。著書に、『田園回帰1%戦略 地元に人と仕事を取り戻す』(農山漁村文化協会)、『「循環型経済」をつくる』『世界の田園回帰 11ヵ国の動向と日本の展望』『地域再生のフロンティア――中国山地から始まる この国の新しいかたち』(それぞれ共編著/農山漁村文化協会)など多数。

●宇根 豊(うね・ゆたか)
1950年、長崎県生まれ。百姓、思想家、農学博士。農と自然の研究所所長。73年から福岡県農業改良普及員として活動し、78年から水田の減農薬運動を提唱。「ただの虫」の発見により、農の全体性へのまなざしを提示した。89年より就農し、2000年に福岡県庁を退職後、NPO法人「農と自然の研究所」を設立して、「田んぼの生きもの調査」を広める。主な著書に、『農本主義のすすめ』(ちくま新書)、『生きもの語り 人間が知らない田んぼの世界』『国民のための百姓学』(ともに家の光協会)、『農は過去と未来をつなぐ』(岩波ジュニア新書)、『百姓学宣言』『愛国心と愛郷心』(ともに農山漁村文化協会)など多数。

●平川克美(ひらかわ・かつみ)
1950年、東京生まれ。隣町珈琲店主。立教大学客員教授。文筆家。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、翻訳を主業務とするアーバン・トランスレーションを設立。99年、シリコンバレーのBusiness Cafe Inc.の設立に参加。著書に、『21世紀の楕円幻想論 その日暮らしの哲学』『小商いのすすめ「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ』(ともにミシマ社)、『移行期的混乱』(ちくま文庫)、『「移行期的混乱」以後』(晶文社)、『俺に似たひと』(朝日文庫)、『グローバリズムという病』(東洋経済新報社)など多数。

●養老孟司(ようろう・たけし)
1937年、神奈川県生まれ。解剖学者。東京大学名誉教授、京都精華大学客員教授。2017年から、京都国際マンガミュージアム名誉館長も務める。東京大学医学部卒業後、同大学教授となり、1995年に退官。89年、『からだの見方』(筑摩書房)で、サントリー学芸賞、2000年には発行部数400万部を超える『バカの壁』(新潮社)で、第57回毎日出版文化賞特別賞を受賞。『唯脳論』(青土社)、『虫の虫』(廣済堂出版)、『身体巡礼』『遺言。』(ともに新潮社)、『京都の壁』(PHP研究所)、『バカのものさし』(扶桑社)など著書多数。

登録情報

  • 出版社 : 家の光協会 (2018/7/1)
  • 発売日 : 2018/7/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 228ページ
  • ISBN-10 : 425954764X
  • ISBN-13 : 978-4259547646
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.6 22個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
星5つ中の3.6
22 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年8月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年4月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年2月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年12月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年7月26日に日本でレビュー済み
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年2月17日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月10日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年8月15日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告