中古品
¥ 49
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、使用感・経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。簡易クリーニング済み。 日本郵便のゆうメールにて発送します。帯は付属していないものとお考えください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「農業」という生き方 ど素人からの就農入門 (アスキー新書 129) 新書 – 2009/11/9

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 21,086 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

コネゼロでもOK 「就農」を成功させるための秘訣とは何なのか? 就農希望者必見!

これからの産業として、また新しい働き方として、再び脚光を浴びる農業。いちご農家、酪農家、有機野菜農家、米農家、茶農家・・・・・・。一般サラリーマンから農業に身を投じた彼らの悩みや努力のポイントはどこだったのか? どこに幸福を見出しているのか?
豊富な事例と取材から浮かび上がってきた現代農業の“現実”。
これから「就農」しようと考えてる人、必見の一冊です!

内容(「BOOK」データベースより)

これからの産業として、また新しい働き方として、再び脚光を浴びる農業。いちご農家、酪農家、有機野菜農家、米農家、茶農家…。一般サラリーマンから農業に身を投じた彼らの悩みや努力のポイントはどこだったのか?どこに幸福を見出しているのか?人生の選択肢の一つとしての農業を考える際の実践書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2009/11/9)
  • ISBN-10: 404868048X
  • ISBN-13: 978-4048680486
  • 発売日: 2009/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 392,891位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
就農経験を丁寧にルポしていて、
就農成功者の失敗や挫折も含めてしっかり書かれている。
この「失敗」の記述は他の就農本とは決定的に違うと感じた。

就農本というと、
農業を開始する手順についてとか、
資金、法律に関して述べているものがほとんど。

それ対して本書は細かなことも含めた「実態」が書かれている。
これが面白かった。

借りる農地がないこと、
技術習得の難しさ。
人間関係、自治体の支援の落とし穴。
「田舎暮らし」と「就農」は全く違うが混同して、
それが就農の失敗に繋がる等、
現場の取材がなければまったく浮かんでこない事実がまとめらている。

真剣に農業を開始したい人間にとって、
最終章は白眉のできだと思う。

ルポルタージュの視点で、
書かれた相当できのいい新書。
お勧めです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 等身大の就農入門書で好感が持てます。
 日本は食料自給率(カロリーベース)が40%の危険水域にありながら、農業は後継者難、耕作放棄地は39万ha。対して、派遣切りが問題になっている非正規社員が30%。適切な両者の仲介があれば、2つの難問題が解決する可能性がありそうです。
 本書は、ほとんど素人状態から就農した方々の温もりのあるレポート。意外なのは「借りる農地が見つからない」。最大の理由は「農家が抱く不安感」という。見知らぬ人に大事な田畑を貸して厄介なことになるのではと。そのため、信頼を得ることが最初の前提であること、農地を借りても地域社会に溶け込む積極的な努力が必要があるという。敷居が高い気もするが、安易ではない農業をやるにふさわしい人が選ばれている側面もあるようです。

 特に印象的な事例は、佐渡で無農薬コシヒカリ生産農家となった津田政明さん。ボランティアで行った、アフリカのルアンダの難民キャンプ。ルアンダ人から「日本の様子を知りたいからビデオで撮影して見せて欲しい」と頼まれ、新宿で撮影した。そのビデオを見たルアンダ人たちは「お前は、日本へ帰るべきだ」と言った。撮った新宿のビデオに年老いたホームレスがダンボールの家から出てくるのが写っていた。彼らは、ルアンダの心配をする前に日本の心配をするべきだと言った。
 佐渡はトキが田んぼの
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TAKERU トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/10/29
形式: Kindle版
 素人から、就農するには、「農家」、「研修施設」、「農業生産法人」という入口があることが紹介されている。
そして、イチゴ、米、お茶を作る農家となった人達、酪農家となった人のおもいやきっかけから就農までのことを
取材し、まとめてある。同時に、就農を目指しながら挫折した人のことまでも。だから、ゼロから農業を目指す人に
とっては参考になることが多いだろう。

 本書の特徴は、素人から農家になった人々を取材し、農家になるための「入口」、大変さ、心に留めておかないと
いけないこと、素人目線での農業の現実などを抽出しまとめていること。なかでも印象深いのは、素人でも成功する
ための取り組みをしている会社があることだ。ここから、分かるのは農家や農業技術を有する組織の教えるところが、
必ずしも最善とは限らないことだ。農業技術は、旧態依然としているところがあるのだろ。

 本書で採り上げられている就農者は、取材の時点で、4-5年の経験を有するとおもうのだが、その後も気になる。
時代における農業技術の変化もあるだろう。最新版に更新された「就農」への道がどのようなものであるか、
読んでみたいとおもった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
昨今の農業ブーム?に乗って様々な農業関連の出版物が発行されています。
が、いたずらに農業の難しさや困難さを訴えたり逆に礼賛だらけという
どちらかに偏った両極端なものが目立つ中、この著者は農業を冷静に見つめ、
且つ情熱を持って取材しています。
もっとページ数の多い本で深く掘り下げるチャンスを与えると、
きっともっと素敵な本を書いてくれるでしょう。

次作にも期待が出来ます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告