中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「身の丈」起業のすすめ (講談社現代新書) 新書 – 2005/7/20

5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社 / 著者からの内容紹介

自然体、身の丈にあった起業の方法教えます
起業は決して人生のギャンブルではない!よりリスクを減らすための起業前の準備から会社の成長にいたるまで。心構えから人・物・金の具体的なノウハウを明示。

内容(「BOOK」データベースより)

起業なんてうまくいくわけないと思っているあなたに 自分にとって「嫌なこと」は何なのかを見つめる、いいこと貯金をする、会計の勉強をしておくなどなど、リスクを減らして成功するヒントが満載!それでも独立したい人へ、「自分に合った仕事」へのA to Z。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061497952
  • ISBN-13: 978-4061497955
  • 発売日: 2005/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 884,272位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

投稿者 lemonerika 殿堂入りレビュアー 投稿日 2005/9/10
形式: 新書
起業する前、起業した時、起業後の各段階に沿って、各段階で考えることや行うこと(起業するためには、どう生活していくか・・・)、注意点(お金、人・組織・・・)、心がまえが説明してあります。
起業のチャンスをどう見つけるか?ビジネスチャンスのありか等の面は、ほとんどありません。
研究書ではなく、またノウハウ本でもありません。よく陥る失敗等が、やさしく書いてある印象です。文章も読みやすく、比較的短時間で読める本です。
起業を考えてる人から、起業後や自営業の方で次の手を考えてる人までを対象にした幅広い本です。ノウハウを得るために読む、というより、心がまえを作るために読む印象の本でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/29
形式: 新書
なんとなく起業を考えている、起業ってどんなものなんだろう?、と思ったとき読んでみるとよいのでは。これから実際に起業しようという人には物足りないかもしれませんが、一度頭をクールダウンさせるという意味で一読するのもおすすめです。とてもわかりやすく、とっつきやすく起業開業について書いてあります。起業だけではなく、それ以後についても書いてあるので、ビジョンが持ちやすいかもしれません。「身の丈」と銘うつだけあり、「できるかも」という気にさせられます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 「身の丈起業」とは非常にいい言葉だと思う。
 起業というとかなりな資本金を準備し、非常に高いリスクをとるものという印象があるが、むしろ将来性が不透明な経済状況の中では、リスクヘッジとして起業を考えるべきだという。その際の起業とは、副業としての起業であったり、転職の間のつなぎとしてのものであったり、自分の納得できる仕事をするためであったりと、従来の起業家にありがちな強い上昇志向から起業するものではなく、「身の丈」にあった範囲で行うことを勧めている。
 「起業なんて簡単だ。誰でも出来る。一流の企業をつくろうなんて気負うから難しく感じるだけだ。」と発言していたある起業家の言葉を思い出した。まったくその通りだと思う。
 法人化にこだわらない、上場は必ずしも利益になるとは限らない、奇抜なことを考えるより、手堅い収入源を確立できるように努めること、安易な資金調達をしない、など身の丈にあった起業をするため助言が分かりやすく書いてある。

 本書は、起業に対する考え方をもっと柔軟にするために最初に読む本として非常に良いと思う。起業についての考え方を捉え直すきっかけとして読むのにちょうど良い本だ。しかし、じゃあ、実際に起業するにはどうしたらいいの?という具体的な話はほとんど書かれていない。事例がいくつか挙がってはいるが、それもほとんどがかなりな成功
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック