通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「超」文章法 (中公新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「超」文章法 (中公新書) 新書 – 2002/10

5つ星のうち 3.9 73件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「超」文章法 (中公新書)
  • +
  • 理科系の作文技術 (中公新書 (624))
  • +
  • 【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ベストセラー『「超」整理法』をはじめ、数々の著書で知られる野口悠紀雄が、読者を引き付け、自らのメッセージを印象的に伝えるための文章術をまとめた1冊。

   ほかの著書と同様、今回も構成や内容がじつに詳細に吟味されており、文章において「八割の重要性をもつ」というメッセージの探し方・磨き方から、文章の「骨組み」の作り方、比喩や引用・具体例などの「筋肉増強」法、わかりにくさを排し、読み手の心理に配慮するための「化粧」の仕方までが、じつに上手にまとめられている。とくに、反対概念や対立概念を示すことによって元の概念の性格を明らかにする、といった工夫や、1文1意主義(著者は1パラグラフ1意主義を説く)、「ドラマチックに始め、印象深く終えよ」といった教訓などは、文章を書く際に常に意識しておきたいところだ。テクニック面においても、抽象的な概念を伝えるために名前をつける、さまざまな事象を人の身体や自動車などにたとえる、引用句辞典を使って巧みな引用をする、といった豊富な内容が盛り込まれている。

   最終章で述べられている心構えや具体的な作業法については、著者の趣味が反映されていることもあり、読者によって是非が分かれるだろうが、全体としては文章作成のツボをうまく押さえており、参考になる。メッセージの新鮮さから論理構成、修辞、文章の推敲法まで、じつにさまざまな視点に配慮した1冊である。(土井英司)

出版社からのコメント

 まず、読んでみて下さい。
 第一章で著者は「読者に伝えたいメッセージを明確化せよ」と力説します。曰く「『メッセージこそ重要』という観点からすると、多くの文章読本が述べている内容――一文一意主義をとるか長い文章でもよいか、主語と述語がねじれていないか、起承転結方式か三部構成か、等々――は、文章の成功にとって、せいぜい二割以下のウェイトしかない。あるいは、幸運にもすでに適切なメッセージを見出している人が、文章の「見かけ」を改良してゆくための方法だ」。
 そうです。『「超」文章法』は、従来型の文章読本ではありません。『「超」整理法』が、「整理の劣等生」だった著者の方法論であるように、「ためになり、面白く、わかりやすい文章を書きたいと、いつも心がけてきた」著者が経験から編み出した方法論です。
 担当者としては、「超」という言葉の響きに躊躇を覚える方にこそ、手にとっていただければ、と思っております。
 繰り返しになりますが、是非、ご一読を。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 265ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2002/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121016629
  • ISBN-13: 978-4121016621
  • 発売日: 2002/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,177位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 団塊シニア トップ1000レビュアー 投稿日 2015/7/18
形式: 新書 Amazonで購入
見たまま感じたままではだめ、メッセージこそ重要、そしてメッセージを
見つけるには考え抜くこと、本書には文章の技術論が書かれており、
参考になる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
メッセージを文章で効果的に伝えるノウハウが満載。
「かなり気がかりな日本語」の著者,野口恵子さんが「あとがき」でこの本を紹介していたので,手に取った。面白かった。
  パソコンが文章作法を変えたとある。同感。文章は「書き始めること」が大切で,パソコンはそのいい道具である。
  「デッドロック(こわれた鍵の意)」「サボる(破壊工作)」は知らなかった(pp.212-213)。恥ずかしい。
  不快感を与える表現,「生きざま」「手垢のついた」「共生」「ふれあい」(p.214)に御意。「さらなる」=「一層の」という使い方は誤用とのこと。
  文章の骨組みは単純にの個所では「ゲオンの言葉を引用している(「陳腐なもの,平凡なものを恐れる芸術家は,彼が陳腐で,平凡な証拠である」[p.81].。そのとおりだ。
  文章の4タイプ(150字,1500字,1万5000字,15万字),これは学生に伝えたい。
  
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者の書籍、初購入。

本サイトのレビューや、日記もどきを書くようになり、文章に興味を覚えた。

初めは、順序や作法なんぞを度外視して、只只書いているだけで満足だった。

しかし、人間の強欲ぶりは凄まじく、何時しか書くことに『上手さ』を求めだした。

そして「何か道標になるものは」と検索し目に入ったのが本書だった。

ここまで牽強付会。本当は自分の文章を読み返した時、その支離滅裂さに焦りを覚えたからである。

本書は全7章から構成されている。狙いごとに章分けしてあるので読みやすい。
又、それぞれの章末にはその章の要点がまとめられているので、再確認に便が良い。

ただ、アイデアの出し方については「環境を整え、ひたすら思考する」の一点張り。
確かに、文章の種は、そう易々と手中にすることは出来ない。

なので、アイデア収集を目的とした購入は、お薦め出来ない。

ずっと手を焼いていた
「文の離着陸不一致」
などの諸問題をおおよそ解決出来た。

本書は文章執筆の指針の1つとなりうる、ええ書物である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
文章法という題目に惹かれて購入しました。
役に立つノウハウと実例が本書に多数紹介されているのだろうと期待していたが、全く異質のものだった。

まず、引用を読むのが面倒くさい。文章の書き方に関するものならまだしも、引用する必要性を感じないものが多い。
筆者が幅広い分野の教養があるのは分かった。しかし、私はこの本にそんな情報求めていないし、そもそも筆者の雑学知識なんか興味ない。
ただでさえ時間ないのに、興味ない話に長々付き合わされる身にもなってもらいたいです。思わず「知らんがな」と突っ込みたくなりました。
次に、どんなものにも名前を付けることを推奨されていて、本書でも実践されていますが、誰かが勝手につけた名前ほど分かりにくいものはない。いちいち言葉の意味を探さなければいけないの?それってG〇〇gleで調べたら教えてくれるの?面倒くさい。
5章からやっと文章の説明が始まったかと思えば、「そんなこと当たり前だろ」って突っ込みたくなることばかり書いてある。
それも、同じ例文を何度も添削して、じゃぁどうすればよいか、どうすればよいか、を繰り返す。ああもう面倒くさい。

散々酷評したが、この本から得られたこともあります。
一つは、メッセージは確かに大事だってこと。
もう一つは、読む気が失せる書き方だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
2002年に出された文章に関する本。

パソコンによる編集しつつ文章作成することが画期的であると最終で述べている。

何度も推敲しながら書くことは紙で書いていた時代では考えられなかったと。

このことは超発想法や超勉強法にもほぼ同じ内容が語られていて、本書で言う所の「メッセージ」

なのだろうと思った次第です。

前書2冊を読むとより本書の内容を吸収できると感じた。

'1.メッセージ(一言で他人に説明できるもの)がなければ駄目であること。

'2.文章を書く際にはPCでとにかく書き始めること。

この2点に注意し他の文章に関する書籍を参照することで文章力をアップさせれるように感じる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー