中古品
¥ 1,036
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー・中身ともに綺麗な状態です。【こちらの商品は、アマゾン配送センターから毎日迅速に発送されます。速達配送・コンビニ・代引き決済も可能です。】※万が一品質に不備があった場合は返金対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「走る」ための食べ方: マラソン快走のための実践栄養学 単行本 – 2013/1/29

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/1/29
"もう一度試してください。"
¥ 774

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

賢く食べれば完走できる! 記録も伸びる!

いまや、アマチュアランナーは約2600万人といわれています。
本書では、フルマラソン完走、記録アップをめざすランナーに必要な「食べるトレーニング法」を、豊富な情報とわかりやすい解説で指導します。

【目次】
PART01 ランナーのための栄養学入門
PART02 走力アップのための栄養と食事
PART03 フルマラソン快走に向けたレース期の栄養戦略
PART04 目的別の栄養アドバイス

内容(「BOOK」データベースより)

賢く食べれば完走できる。記録も伸びる。“走る管理栄養士”が明かす目からウロコのメソッド。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: 実務教育出版 (2013/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4788910616
  • ISBN-13: 978-4788910614
  • 発売日: 2013/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 1.2 x 14.8 x 21 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 159,202位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 nash 投稿日 2015/4/6
Amazonで購入
ウルトラ・トレランを中心に月間400キロほど走っているオッサンランナーです。
それなりにトレーニングをしているつもりなのに、大したことのない駅の階段を上っただけで、何故か息が苦しくなることがたまにあり、自分の体に違和感を感じていました。
そんなある日、たまたま病院で血液検査を受けたところ「貧血」との診断。
「え?」「男でも貧血?」「あんなに運動して野菜も食べてるのに?」「自分の感覚では血が余っているくらいなんだけど…」
そうです。ランナーは貧血になりやすいのです。この本を読むまで知りませんでした。
しかも血を作る鉄分は体に吸収しにくく、貧血改善には長期間かかるのだそうです。
さらに私の好きなコーヒー(タンニン)は鉄分の吸収を妨げるとは・・・全く知りませんでした。ショック!
走ることばかりに心血をそそいで、自分の血は薄まっていました(笑)
この本を参考に貧血治して、もっと快適に走れるようにします。食前食後のコーヒーはやめます。トホホ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 abraham 投稿日 2013/5/17
特に不健康な食生活でもないし、トレーニングさえしていればなんとかなるだろう、と軽い気持ちで参加したハーフマラソンでエネルギー不足を感じ、この本を購入しました。
劇的に食生活を変えたわけではないですが、できる範囲で本書の知識を取り入れるようになったら、日々のトレーニングがラクにこなせるようになり、結果もっと負荷をかけることが可能になりました。

本当に食事でカラダって変わるんだな、と実感しました。

本書はカラーで図や写真が多く、気負わずに読み始めることができます。
ポイントが絞られているので、情報量が多すぎる本にありがちな、読了後の「結局何だったっけ?」ということになりにくいと思います。

この本のおかげで食事とカラダの関係に興味をもつようになりました。とっかかりに便利な一冊だと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
走力をアップさせるために、どんな食べ物を食べるとよいか
具体的に書いてあるのが良い。

筋肉にとって大切な栄養素・タンパク質を摂るにしても、
肉から摂る方がいいのか、それとも豆腐から摂る方がいいのか。

肉から摂るにしても、
牛肉がいいのか、豚肉がいいのか、それとも鶏肉か。

仮に、牛肉を食べるにしても、
サーロインがいいのか、ヒレがいいのか。

それぞれの特長を説明した上で、
ランナーの目的に応じて、適切な選択肢を提示している。

とはいえ、ランナー仕様の食生活を送る上で一番大切なことは、
いろんな栄養をバランスよく摂ること。

また、巻末に載っているメニューは、
毎日の栄養バランスを考える上で、とても参考になる。

ただ、メニューには2点ほど注意した方がいい点がある。

・たんぱく質の摂取量が、体重1㎏あたり2gと多いこと
・夕食の摂取カロリーが、“かなり”多いこと

栄養を取り過ぎれば、太る可能性が増すので、
この2点には十分注意を払った方がいいと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
マラソンランナーに対し、栄養補給の重要性とメカニズム、そしてお勧めのメニューが示され、極めて有用な書である。特にパート1(パートは1から4より成る)は、1)カラダづくり、2)運動がもたらす変化、3)必要なエネルギー、4)エネルギー源となる栄養素、など基礎的なところが体系的、かつ、判り易く(図解など)書かれ、ランナーのみならず全てのアスリート、そしてその指導者にとっての必読の書になっているのではなかろうか。
特にこれまで適切な栄養補給を意識してこなかった人には絶対必読!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
病院に行って採血してもらった結果、
貧血と言われました。

ハーフ大会ではそれなりには
走れましたが。
病院で貧血でよくそこまで走れたと
言われたのと貧血治ればもっと上にいけると
言われたのと、自分で栄養学を勉強しなと言われたので、この本を購入しました。

今まで走り込みのトレーニングをしているのに
鉄分、もしくは他の栄養もちゃんと摂取出来てなかったんだなぁ~とビックリでした。

ランナーには、必要な本だと確信して言える
本だと僕は思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック