この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「責任」のゆくえ―システムに刑法は追いつくか 単行本 – 1995/3/1

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥812
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「歴史的・伝統的」/「高度資本主義的」重層システムの社会のなかで、「近代的」な“責任ある主体”を前提する刑法は大きく揺らいでいる。頻発する「わけのわからない」犯罪が示すものを、フッサール現象学を援用して把捉する。

内容(「MARC」データベースより)

続発する「わけのわからない犯罪」に、現在の刑法が大きく揺らいでいる。刑法の可能性を、フッサール現象学を援用し、高度資本主義と歴史的・伝統的システムという二つの観点から明らかにする。

登録情報

  • 発売日 : 1995/3/1
  • 単行本 : 270ページ
  • ISBN-10 : 4787231006
  • ISBN-13 : 978-4787231000
  • 出版社 : 青弓社 (1995/3/1)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 1個の評価