通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「象の消滅」 短篇選集 1980-1991 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 軽い擦れ、軽いヨレがございますが、その他概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、チェックは万全を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご連絡下さい。【店舗より】防水パックまたは茶封筒にて梱包、24時間以内に発送を心がけいたします。TID3121
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991 単行本 – 2005/3/31

5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 210
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「象の消滅」 短篇選集 1980-1991
  • +
  • めくらやなぎと眠る女
  • +
  • 東京奇譚集 (新潮文庫)
総額: ¥3,380
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

●海外で編集・発売された初期短篇集のいわば逆輸入版で、手に取りやすいアメリカン・テイストの洒落た装幀が特徴です。底本は『The Elephant Vanishes』(1993年Knopf 社刊)
●日本でも人気がある初期短編17編を収録しています。新作は含まれず日本ではすべて文庫で読めますが、「初期短編のベスト版」ともいえるラインナップになっています。
●日本版オリジナルの書下ろしエッセイが収録されます。著者がNew Yorker誌にデビューした当時を振り返り、自作品をたっぷりと解説。著者のこの一冊に対する深い思い入れが感じられる内容で、ファン必読のエッセイになっています。

●英語版は、ニューヨークの有名な編集者であるKnopf 社のGary Fisketjon氏が作品を選定しました。日本版の巻頭には、著者との親密な交遊や世界的評価をめぐって文章を寄せてくれました。

●ファンの多い短編『レーダーホーゼン』は、日本初公開のバージョンになります。著者はこの作品を、元の日本語版を見ずに英語版をもとに新たに「翻訳」しました。

内容(「BOOK」データベースより)

ニューヨークが選んだ村上春樹の初期短篇17篇。英語版と同じ作品構成で贈る。


登録情報

  • 単行本: 426ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103534168
  • ISBN-13: 978-4103534167
  • 発売日: 2005/3/31
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 105,937位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
引越しでほとんどを処分してしまったのですが、懐かしい短篇が揃って入っていたので購入しました。
が、一部削除されていて、その部分が好きだったりしたので残念でした。
ホントにちょっとだけのたぶん数行のことなんですけど、なんでそれ、削ったの?と思って。
なので☆ひとつ分不満です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
村上さんの書いた最初の短編小説「中国行きのスロウ・ボート」、私の個人的に好みの作品「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」、村上さんの作品の英訳をさらに日本語へ翻訳した、村上短編の中でも私が最も異色と考える作品「レーダーホーゼン」、結構なターニングポイントになったであろう作品「ファミリー・アフェア」、個人主義者からしか見出せない当然の恐怖を描いた(これが中高生の集中読書テキストになってしまうのもどうかと思いますが...)作品「沈黙」、非情に恐ろしい作品「眠り」、恐らく最も多くの方に好まれる作品「午後の最後の芝生」...

とてもお買い得な、村上短編作品の美味しいところ取りと言える短編集です。この中に一つも良いと思う短編が無い人は今後も村上作品には縁の無い人であろうと断定できます。ま、もともと好き嫌いのはっきり分かれる方ですけれど。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 単行本、文庫本、作品集等々で、何度かお目にかかっている作品ばかりなので、取り立てて言うこともないはずだけど、面白いものは「面白い!」し、いいものは「いい!」。再々確認するにはいい機会だ。アメリカで編集されたということで、アメリカ人の嗜好がうかがい知れてこれまた面白い。

 また、英訳された「レーダーホーゼン」を村上本人がさらに日本語訳するという面白い「逆輸入」の試みもあり、なかなか興味深い。

 本書に収録されている17作品のうち、タイトル名にもなっている「象の消滅」は、大阪の天王寺動物園でこの前の戦争中に実際に起こった出来事を映像化ないしは、小説化したものである(嘘です 旭山です)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 雪樹 投稿日 2005/10/15
形式: 単行本 Amazonで購入
改めて1話1話を読み返し、シミジミと物語の面白さを感じずにはいられない。17編という充実の内容、選出された作品の好き好きは別にして、文句なく読み応えのある骨太の1冊となっている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書はアメリカで編集・出版された短篇集の逆輸入版ですが、日本の読者にも人気が高い作品が収められており、そういった意味では、古くからの村上春樹ファンの方にも、また最近ファンになった方にとっても、是非所有しておきたい一冊ではないでしょうか。音楽の世界では、ベスト版の発売はよくあることですが、文芸の世界ではなかなかないので。
 「パン屋再襲撃」、「ファミリーアフェア」、「午後の最後の芝生」等、一般的に人気の高い作品もいいですが、個人的には、表題になっている「象の消滅」がお気に入りです。これを読んだ後の衝撃は、他のどの短篇をも上回るものでした。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
初期三部作からのファンには懐かしい短篇集の小品を集めた一冊である。ノルウェーの森のヒットの前のメジャーではなかった村上氏の独特の平和な日常の中の虚無・不安感を描いた作品に、村上氏の手が加えられている。
レビュアーの好きな初期短篇は中国行きのスローボート(ジャズのスタンダードナンバー曲)と芝刈りのバイトの話である。
オールドファンは本棚に揃えたい愛らしい装丁の一冊。
若い世代には村上氏の初期短篇を味わってほしい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小生は熱心な村上春樹ファンではありませんが、この短編集は比較的面白かったと。正直この著者では『ノルウェーの森』ぐらいまでの小説しか興味が持てません(それ以降の著書も読んでいますが、面白いとは思いませんでした)。そんな読者である者にとっても本書は、短編集ということもあり読み進み易かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前置きとして、春樹ファンのなかでも、長編好きと、短編好きに分かれるでしょうが、私はどちらも大好きです。

なので、初レビューすることにいたしました。

私はいま33歳です。18歳のころから春樹を読みはじめました。

とはいえ、若いときは、いろんな小説と平行して春樹さんの小説を読む中での、春樹でした。

そして、当時はわかった気でいたりしたものですが。

その後、たまに読み返したくなり、読み返すたびに、「あれ?こんな読後感だったっけ?」と色を変えていきます。

それが自分への対峙ともなり、どうにも今では中毒になってしまいました。

おおげさに言えば、物事や人にたいしても「わかった」つもりになって自分を甘やかしてはいけないな。ってことさえ教えてくれました。

多分この先もまた、どんどん色をかえていくのでしょう。

その種の小説はなかなかない小説だと思います。

そんな抽象的なことは抜きにしても、この短編集は、数ある中の短編からの厳選なので、読みやすく、装丁もちょっと部屋においておくには素敵ねーー。って感じで。

春樹の短編気にはなっているのだが沢山ありすぎて何から読もう
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー