Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 756

¥ 86の割引 (10%)

(税込)
ポイント : 378pt (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石黒 圭]の「読む」技術~速読・精読・味読の力をつける~ (光文社新書)
Kindle App Ad

「読む」技術~速読・精読・味読の力をつける~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 756
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 387

商品の説明

内容紹介

「読む」のは「書く」より簡単、ではありません! 化石化した自分の読み方の癖に揺さぶりをかけ、新たな読みの引き出しを増やし、創造的な活動に結びつけるための8つの戦略を解説。

内容(「BOOK」データベースより)

書いたものに現れる個性は「文体」と呼ばれ、よく知られていますが、読むときにも「読体」というそれぞれの人の個性があります。「文体」と違って目に見える形にならないので気づかれにくいのですが、それぞれの人の性格や背景におうじた読みの偏りは確実に存在します。「読む」技術を向上させるには、無意識のうちに身についた自分自身の読み方の癖の姿を知らなければなりません。本書は、自分なりの読み方、「読体」を対象化し改善する目的を持っています。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1817 KB
  • 出版社: 光文社 (2010/3/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00KS3FFMW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,955位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
日常の何気ないことでも、少し専門的な知識に足をふみ入れると、思いがけない発見があります。

まず、「読書に技術なんてあるのか?」
と、はじめは首をかしげました。しかし読み進めると、「速読」「味読」「精読」などいろいろある読書方法を自分がふだん無意識に選択していることに気付きました。

内容は、専門的な部分もあります。しかし、あくまで新書なので、やさしく書かれていて、おもしろく読めます。
とくに、「味読」についての技術が、私には貴重でした。私は、専門書に比べて、小説を読むことに苦手意識を持っていましたが、宮沢賢治の味わい方などを知って、じっさい感じ入ることができて、思わぬ収穫となりました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MA 投稿日 2014/9/14
形式: Kindle版 Amazonで購入
ある種の職業についている人にとっては基本姿勢としてすでに見についていることではある。なので特に目新しさはないが、メディアリテラシーを持つために必要な姿勢が具体的に書かれているのが良い。大学に入学したばかりの人などにお勧めできる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
読んだときは、「な〜るほど!」とカタルシスだったのですが、
その後の自分の読書傾向への影響はゼロ。何も変わりませんでした。
『接続詞が文章を決める』があまりに実用的だったので、期待しすぎました。

思うに、案外読み手を選ぶ一冊かもしれません。
きっと中上級の読解力をお持ちの人が読んだら、
すごくタメになる書籍なんだろうと思いました。

もう少し己の読解力を磨いてから再読したい。
でも、それって本末転倒な気が…??
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Emerald Ring トップ500レビュアー 投稿日 2010/5/19
形式: 新書
〈本を速く正確に読みたい、さらには深く読みたい。よくばって記憶に留めたい…〉という思いから「読書術」などと称する本があれば手あたりしだいに見てきたのですが…、

この本は、「読む」という行為から最大限の収穫を得るうえで、これまで当方が見てきたなかでも最良のものといえます。

なかでも北大路書房刊:心理学ジュニアライブラリの一冊「読む心・書く心」はわかりやすさという点で当該書籍にまさりますが、当該書籍ほど、いわば「即戦力」として、現在自分が(さほど)意識せずにおこなっている「読む」という行為を吟味検証し、改善を加えていく助けとなる本は他にないように思えます。

著者の既刊書を見ますと、「よくわかる文章表現の技術1〜5」など、文章作成の本を多くあらわしていることがわかります。当然ながら著者は「よくわからない文章表現」にも数多く触れ、さらには悩まされてもきたことでしょう。当該書籍は、そのような経験を多々積まれたかたならではの「読む技術」の本です。ですから、「読む」立場としてだけでなく、文章を作成し「書く」立場からみても有用なものとなっています。

ちいさな本ではありますがたいへん充実した内容です。お勧めいたします。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
こんな風に読書を分析したことはありませんでした。ただしある程度実践できているなと思いました。
私の場合、「通勤時用(細切れに読む)」「週末用(じっくり読む)」「長期休暇用(だらだら読む)」といった3つの読書スタイルがあります。本書は最初「通勤時用」として読み始めましたがすぐに「週末用」としました。細切れに読むのではなく、全体の論旨を掴みたかったからです。その本から自分が何を得たいのかを考えて、本書のいう「速読・精読・味読」を使い分けるのがよいでしょうね。
また本書の終わりの方での記憶の定着法としての精読・要約作成等の記述がありますが、私の場合、気に入った文章や主旨の部分に印をつけておき、3カ月くらいしてからその部分を読み直し、やはり良い内容であればデータベースに入力しています。入力する時、そしてそれを後日読み直す時、記憶が定着していきます。面倒な作業ですが、コンピュータが普及していない頃に、どこかで読んだ「自分に役立つ情報を提供してくれた著者に感謝してカードに記入する」といった主旨の記述が発端で20年近く続けています。自分にとってはとてもプラスになっています。

レビューらしくない内容になってすみません。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
題名の通り「読む」ということを詳しく書かれている。
新書なので自分が読みたいところだけ読んでも効果は高まる。
さらに、ある意味参考書みたいな本となっていて、
「まとめ」が章ごとにかかれているのも非常に良かった。
ただ、例文が少し難しい文章の抜粋を使っているためにちょっと練習にはなりづらいかな、
と読みながら思ったりもした。
しかし、これから本を読み始めようとしている人や受験生などにはかなり参考になるのでぜひ読んで欲しい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover