Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,500

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[梅田悟司]の「言葉にできる」は武器になる。
Kindle App Ad

「言葉にできる」は武器になる。 Kindle版

5つ星のうち 3.9 47件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,500

商品の説明

メディア掲載レビューほか

コピーライターのシンプルすぎる仕事術がヒットして10万部

誰もが知っている数々の宣伝文句を生み出した人気コピーライター。そんな著者が、言葉に取り組む自分の仕事術を開陳した本と聞けば、奇抜な内容を想像するのでは。その予測はいい意味で大きく裏切られる。

「コピーライターというと言葉で遊ぶ、われわれとは違う発想で言葉を生み出す仕事という印象をお持ちの方も多いかもしれません。しかし梅田さんの作るコピーは、〈世界は誰かの仕事でできている。〉〈この国を、支えるひとを支えたい。〉といった、日常的な言葉を組み合わせたものばかりなんです。だから本書もあくまで、彼が普段の仕事でやっていることを形にしました」(担当編集者の網野一憲さん)

その仕事術は、〈「内なる言葉」と向き合う〉〈正しく考えを深める〉〈自分との会議時間を確保する〉など、シンプルなものばかり。だが、日々の暮らしで実践し続けることで、生きる姿勢が根本から変わる。本書はそんな骨太な内容を伝えている。

「著者は本書と似た内容の本は今後絶対に書かないと言っています。それくらい、すべてを注ぎ込んで書いてくれた本です」(網野さん)

ヒットのきっかけは、発売前見本を手に取った営業部のひとりが惚れ込み、そこから全国の書店員へと熱が伝わったこと。その後も書評を除いて大々的なメディア露出はない。店頭と口コミを中心とした展開でヒットが継続している。まさに〈言葉〉が〈武器〉となって生まれたベストセラーだ。

評者:前田 久

(週刊文春 2017.3.9号掲載)

内容紹介

人を動かすために「心地いい言葉」はいらない! 自分の思いをどうやって「言葉」にして「伝える」か? 人の心を動かす「表現」には秘密があるのか? 「うまく自分の言葉で話せない」「人の心に刺さる表現力を身につけたい」――志や思い、自分のなかにあるビジョンを言語化するために何をすればよいのか? そんな悩みを抱えている全ての人に、いま注目のコピーライターが独自の手法をわかりやすく開示する、人の心を動かす言葉の法則。
 人は、その言葉の中に自分の思いを発見したときに心を動かされるのであり、技巧を凝らした表現などいらない。自身が手がけた広告コピー、古今東西の有名事例を、「メッセージとしての明確性」「そこにいかに自分を投影するか」「伝えたい想いをいかに生み出すか」という視点から分解、「意志を言葉に込める技術」を解説する。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5428 KB
  • 紙の本の長さ: 171 ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2016/8/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LYN9D9S
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 747位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
以前は「同じ事の繰り返し」に無駄を感じ、繰り返すことが嫌いでした。この本の中で「何度も強調されること」を、少々まどろっこしくうるさく感じたかもしれません。今分かることは、何度も著者が語るのは、それだけ大事なポイントであり、そして人は(特に自分は)一度や二度読んだ程度で、真にそれを理解し実践できることは無い、ということです。その意味で、本の中に「答え」を探すならここにその答えはなく、答えに辿り着く道筋を与えてくれる本。
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
プロのコピーライターの筆者による、「人に言葉を伝える」ための方法を書いた本です。最近書店にはひしめき合うようにコピーライトの指南本が並んでいますが、その多くが小手先の「テクニック」本であると感じています。筆者はまったく逆で、言葉の本質は「自分の意見=内なる言葉」であり、これを磨くことによって「外に向かう言葉」が磨かれていくということ説いています。本書では、その「内なる言葉」を育て、最終的に「外へ向かう言葉」に変換させるまでプロセスを教えてくれます。

私も手順に沿って、内なる言葉を書き出してみましたが、書いているうちに様々な「内」にいる自分に出会うことができました。私の思考はかなり偏りというか、癖があるのですが、まずそれに驚きました。普通なら、ここで終わりそうなものなのですが、この本ではさらに、それを拡張する方法も指南してくれます。

拡張のプロセスには7つあるのですが、そのうちのひとつですぐにでも実践できると思ったのが、「T字型思考法」。自分が書いたことに対して「なぜ?」「それで?」「本当に?」と問いかけることによって、考えに揺さぶりをかけて本当の自分の気持ちに迫っていくという方法です。人の力を借りなくても自分で自分の心に気づけるという点に非常に興味を持ちました。すべてのプロセスを終わらせるのには時間はかかりますが、終わったときには心につか
...続きを読む ›
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
冒頭に述べられている「発言や文章といった外に向かう言葉を磨いていくためには、内なる言葉の存在をー意識することが不可欠である」の一文に全てが込められているように感じます。
ふと心に浮かんでくる何気ない思いを意識すること、今まで気にもしたことなかったですが、それが全ての根底にあるとこの本を読んで理解しました。
具体的な実践方法も記載してあるのでとてもわかりやすく読みやすいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
話題になっていたので読んでみました。著者の中には明らかに『伝え方が9割』をはじめとする小手先の表現テクニック本への否定があります。英語教育やプログラミングもそうなのですが、伝えたい中身もないのにツールだけ学んだってしょうがないわけです。中身を充実させるためには、自分自身と徹底的に向き合い、「内なる言葉」を獲得するほかないという指摘はまさしくその通りだと思います。例えばサッカーの本田圭佑選手はスポーツ選手の中では群を抜いて言語化がうまく、いつも自分の言葉で語りますが、それはリトル本田との対話を欠かさないからなのでしょう。

ただ、本書は3部から成りますが、1部「内なる言葉と向き合う」、2部「正しく考えを深める思考サイクル」まではいいのですが、3部「プロが行う言葉にするプロセス」では否定していたはずの小手先テクニックが述べられているのが残念すぎます。1部と2部だけで終わらせるか、それに付随する自身の方法論や具定例を述べてくれれば、もっとメッセージは先鋭化されたと思うのですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
日常から発している言葉、その意味はあまり深く考えることがなかったです。なんとなく「決まり文句」のように答えてしまい、もし時間がありましたら、一度意味を考え直し、自分が言いたいことにより近づけるものを選ぼうと
思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本で気に入った一文は、
「言葉が意見を伝える道具であるならば、まず、意見を育てる必要がある」です。

この本は、言葉の使い方の前に、まず自分の考えをまとめて
自分の言葉に耳を傾ける方法を教えてくれます。
その後で、自分の頭のなかの声を、文章や言葉として
伝える方法や、スキル・テクニックを具体的に教えてくれます。

「文章は書く前に決まる」という言葉を聞いたことがありますが、
その意味がこの本を読んで、そういうことかとストンと腑に落ちました。
文章や言葉には小細工はいりません。
自分の考えがしっかりと育っていれば、もうほとんど表現できるものです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover