中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★迅速対応します。発送はメール便になります。★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「親業」に学ぶ子どもとの接し方―親と子はもっとわかりあえる (企画室の子育てシリーズ 26) 単行本 – 1993/5

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
単行本, 1993/5
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 子育て| 年齢に合わせた子育てのしかたやしかり方、ほめ方、離乳食の作り方など、幅広いジャンルの本をラインアップ。子育ての本ページへ。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、子どもの自立の芽をつぶさないように、親が日常生活の中で何ができるかを、具体的な例とともに詳しく記したものである。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

子どもの心を開く聞き方、親の思いの伝え方、親子の対立を解決する「勝負なし法」など「親業」の画期的な方法を紹介。シンプルにして効果的、親子関係がきっとよくなる! 93年企画室刊を再編集。
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 187ページ
  • 出版社: 企画室 (1993/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4906301487
  • ISBN-13: 978-4906301485
  • 発売日: 1993/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,575,066位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書はとても奥が深く、一度読んだだけでは、書かれてあるようには実践できません。何度も読んで内容を理解する必要があります。又、それだけの価値を持っています。
タイトルは「子どもとの接し方」とありますが、子どもだけではなく誰とでも接する際の心構えが書かれてあります。とにかく多くの人に読んで頂きたい本です。文章も暖かみがあり、読んでいて気持ちの良いものです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
子どもが頼んだことをしてくれない、なかなかやろうとしないなど、
親子間のトラブルはたくさんある。
この解決の仕方を、わかりやすい実例(親と子の会話)で教えてくれる。
字が少し大きめなので、読みやすい。
また、かわいい親子のイラストがいくつか入っていて、ほっとする。
子どもをどう変えるかより、親がどういう対応をすると子どもが気付くかが書かれている。
現在、「親行」はブームで講習会などもあるようだが、
この本は読みやすく、わかりやすい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
頭ごなしに子どもに指示するとかではなく、きちんと共感してコーチングの形で子どもと接するこの理論はすばらしいと思います。私もできるかぎり心がけてはいます。

しかし、ここにサンプルで出てくるさまざまな、模範的な「親業的会話」のサンプルは最悪です。私が子どもならまず親と不仲になるでしょう。作者の文章力のなさや、年齢が高齢で今の時代とずれているというだけならばいいのですが。

「そうかあ。○○くんは、いやだったんだー」「そうなんだー」みたいなコーチング。たまに聞きかじりでやってくるバカが大人の社会でもありますが、不愉快極まりない。読んでいるだけでもイライラする会話でした。この本を読んで「なるほどこれはいい」と思える人は、社会人経験ないんじゃないかな。もしくは教育業界とかに勤務しちゃっていて、一般の社会、庶民が激しいバトルを繰り広げるこの世界を知らないでのではないのかな。もしくはコーチングバカに会ったことがない幸せな人なのかな。能力のあるコーチのコーチングはいいのです。でも素人の猿真似コーチングは逆効果です。理論はしっかり頭にいれるといいでしょう。でもアウトプットはもっと自分にあったやり方を模索したほうがよいのではないかと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告